ID:YwJEPO0Eo 氏:7月7日の、蒸し暑い初夏の日に  

蒸し暑い初夏の夜。着信メロディが鳴る。
 今となっては、古くさいと言われる曲。自分にとっては、そんなに古いとは思ってはいないけれど。
 この曲を良く聴いていたあの頃と、現在との年月の隔たりを考えると、まあ、やっぱり世間的には古くさいのだろう。

 携帯端末――もう携帯電話などと呼ぶ人もいない――樹脂製の機械の画面をタッチして。
「はい、もしもし」
「あ、もしもし、おねえちゃん?」

 なつかしい、妹の声を私は聞く。

 産まれた頃から一緒だった双子の姉妹。
 進学して。就職して。結婚して。子供たちを産んで。
 幸運ながら、大過なく、姉妹揃ってそういう人並みの幸せを歩んでいる。

 ――おたがい、別々のばしょで。

 進学とか、就職とか、結婚のあいだには、引っ越しなんていうものがあったから。
 住む場所が変わる。遠くの場所へ移り住む。それもまた、よくある話しで。

「ひさしぶり、変わりない?」
「うん、なにもないよ、そっちは?」

 こっちも、なにもないよ。
 ――だったら、それはなにより。元気でいるのなら、なにも言うことはない。


 お互いの、他愛のない近況報告。
 子供のころのように、長電話は、もうしなくなった私たち。
 ある程度、話しが区切れたら。
 もう家事や家族のこと、自分の居る家のことに意識が行ってしまう。

 お互い変わりなく元気なら、もうそれでいいと思えるのだから。
 だから、電話で話すことも、そんなに多くはなくなっている。

 今日。この日に、私に電話をかけている彼女の顔を思い浮かべる。

 てるてる坊主をつくったり。
 おひな様を飾ったり。
 月見団子をつくってみたり。
 クリスマスツリーを飾ってみたり。

 私たちの住む場処には、そういうお祭りごとや、おまじないごとをする機会が、一年のあいだにいくつかあって。

 そして今日も、そんな日だから。

 ――7月7日の、蒸し暑い初夏の日に、お互いの声を聞きたくなる。

 天の川の隔たりを越えて、いつか出会うふたりのお伽話というわけではないけれど。
 お互いの距離は離れていても。同じ空に浮かぶ天河を見上げて。

「プレゼント、ちゃんと届いてる?」
「うん、ありがとう。そっちには、届いてる?」
「うん、ちゃんと届いたよ、ありがとう」

 誕生日、おめでとう。
 距離を超えて。これまで生きてきた年月の道のりを噛みしめて。

 私たちは、またひとつ、歳をとってゆく。

 短冊には、ふつうに家族の幸せを願う一文を書いておいたけど。

 来年も、再来年も。
 変わりなく、歳をとってゆけますように。

 直接は書かない願い事を、天の川にたくして、私は彼女に語りかけた。

 じゃあ、またね。


 END.


コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。