ID:kKCvadsAO氏:思い出の蕎麦がき

「おじさん、何してるんですか?」
「ん、あぁゆーちゃんか。いやね、晩酌のつまみ作ってたんだよ」
台所に行くと、おじさんが何か作っていたので聞いたら、そう返事が返ってきた。
でもこの匂いは…お蕎麦だよね?
「お蕎麦でお酒呑むんですか?」
「いや、これは蕎麦じゃないよ。蕎麦がきって言うんだ。蕎麦粉にお湯を混ぜて練って作る料理でね、醤油とかそばつゆをつけて食べるんだ」
そういっておじさんが見せてくれたお椀には、お蕎麦の匂いがする灰色の塊が入っている。
「へぇ~、初めて見ました」
「蕎麦屋だと、たまにメニューにあるんだが…あまり知られてないか。かくゆう俺も、かなたに教えてもらったんだが」
「かなたさんが…」
じゃあこれって、思い出の料理とかだったりするのかな。でもかなたさん、どうしてこんな料理をおじさんに教えたんだろ…。
「まぁ、かなたに教わったきっかけってのが、ゆきの奴にあるだけど」
「お母さんに?」
どういうことなのかな。
それを聞くと、おじさんは苦笑しながら話してくれた。



あれは、かなたとこの家に引っ越して本当に間もない頃だったかな。
いきなりゆきから蕎麦粉が届いたんだ。
「…なんだこりゃ?」
「蕎麦粉…ね」
「…何考えてるんだゆきは」
付いてた手紙を読んだら、新居引っ越し祝いの蕎麦だって書いてあったんだ。
うん、普通はそれで蕎麦粉を送ったりしないよ。
追伸として
「兄さん、ゆいに『頭文字D』っていう漫画勧めたの、兄さんらしいわね」
ってのがあったんだが……そうだね、ゆきがそれで怒って蕎麦粉にしたんだって、かなたにも言われたよ。

でもまぁ、せっかく貰ったんだ。一応、蕎麦を作って食べようって話にはなったんだが…

「…美味しくないわね」
「…やっぱ、素人の手打ちじゃなぁ」

予想通りにまずかった。麺は太いしつなぎなんて使わなかったからボロボロ千切れるし…。

「どうする?まだ蕎麦粉残ってるけど…パスタマシン使ってみるか?」
「あれはパスタ以外には無理だと思うわ。…そうだ。蕎麦がきにしましょう」
「蕎麦がき?」
「お椀に蕎麦粉とお湯を入れて…こう…混ぜて…」
そう言いながら、かなたがお椀の中身を箸で混ぜ始めたんだ。
その姿が愛らしかったらつい写真を撮ったんだ。これがその写真。
…うん、かなたもそんな感じの顔してたな。
「まったくそう君たら…出来たわよ。さっきのそばつゆにつけて食べてみて」
「…ん!旨い!」



「…そんな感じで消費していったんだ」
「お姉ちゃんの運転って、おじさんに原因があったんだ…」
あれ、何か感想間違ってる?
「それはおいといて。どうだい一口?」
「え、遠慮しておきます。夜食べると太りそうだし…2つ食べるんですか?」
よく見たら、既に1つできていた。
「いや、これは…かなたの分だよ。供えるつもりさ」
「そうですか………じゃあ私、もぅ寝ますね」
「お休み」
………
「あれ、ゆーちゃんは何しに台所に来たんだ?」

コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。