ID:dPmiOYE氏:じゃのめ

「あーめあーめふーれふーれ、かーさんがー♪じゃのめーでおむかーえ、うれしーいなー♪」
 降りしきる雨の中。一つの傘で一緒に歩く幼いこなたの歌声に、そうじろうは目を細めた。
「こなた。その歌は?」
「きょうのおうたのじかんにうたったの。ねえおとうさん」
「ん、なんだ?」
「じゃのめってなに?」
 こなたの質問に、そうじろうは難しい顔をした。
「んー…こなたにわかるかなあ…じゃのめってのはへびの目のことで、歌のは蛇の目傘のことをさしてるんだよ。蛇の目傘ってのは和傘で蛇の目模様がついたのをそう言うんだ」
「う、うーん?」
「はは、やっぱ分からなかったか」
 頭の上にクエスチョンマークを浮かべるこなたに、そうじろうは可笑しくなって笑ってしまった。そのそうじろうのズボンをこなたが引っ張った。
「ん、なんだこなた?」
「へびなんだよね?」
「そうだよ」
「へびこわいよね?なんでそんなのかさにつけるの?」
「え、あー…は、ははははははは」
「えー。なんでおとうさんわらうのー?」
 こなたの勘違いに、そうじろうは大きな声で笑い続けた。



― じゃのめ ―




「よく振るねー」
 そう呟きながら、肩を引っ付けて歩くつかさにこなたはうなずいた。
「う、うん。だからもうちょっと寄ってよつかさ」
 梅雨のある日。こなたは傘を忘れたつかさと一緒に帰ることになったのだが、こなたの体格にあわせた傘に二人はいるのは難しく、お互い肩を濡らしながら歩くことになってしまっていた。
「そういえばこなちゃん、じゃのめって知ってる?あーめあーめふーれふーれって歌に出てくるの」
 急につかさにそう聞かれて、こなたは首をかしげた。
「じゃのめ…えっと、なんだっけ。たしか、傘のことだったような…」
「うん、そうそう。蛇の目傘っていって、目玉みたいな丸い模様の付いた傘のことなんだって。わたし、ずっとなんだか知らなかったんだけど、昨日ゆきちゃんが教えてくれたんだ」
「あー、思い出した。幼稚園くらいにお父さんに聞いた気がするよ」
「へー、おじさん物知りなんだね」
「意外とね…まあ、噛み砕かないで説明されたから、ちゃんと意味理解したのずっと後だったよ」
「そうなんだ」
 その後、二人はしばらく無言で歩いていたが、こなたが急に口を押さえて笑い出した。
「え?え?なに?こなちゃんどうしたの?」
「い、いや、ちょっと思い出して…わたし、じゃのめの事教えてもらったとき、蛇がそのまま傘についてるって勘違いしたんだよ。なんでそんな怖い傘で迎えにくるんだって」
「ぷっ…あははははっ」
 こなたの話を聞いたつかさも笑い出した。
「いやー、子供ってなんかとんでもない勘違いするよねー。自分の事ながら呆れるよ」
 しばらく二人で笑った後、こなたがそう言うとつかさがうなずいた。
「そうだねー」
 つかさが少し間延びした声で答えると、こなたは急に立ち止まった。
「わっ…こ、こなちゃん?どうしたの?」
 歩く勢いを止められず、傘を持ったままこなたを置いて前に出てしまったつかさは、慌てて傘をこなたの頭上に戻した。
「ん…あ、ごめん。ちょっと何か思い出しそうでさ」
 こなたはそう言いながら、自分の頭上の傘を見上げた。

『ねえ、おとうさん。そんなこわいかさでおむかえきても、おかあさんだったらうれしいのかな』


 思い出した言葉に、こなたは思わずうつむいてしまった。
「…こなちゃん?」
 つかさが心配そうにこなたの顔を覗き込む。
「ん…あ、いや、なんでもないよ、つかさ」
 こなたは顔を上げてパタパタと手を振った。
「そう?だったらいいけど…」
 そう言いながらも心配そうな顔を崩さないつかさに、こなたは軽いため息をついた。
「…ねえ、つかさ。あの歌みたいに、雨の日にお母さんが迎えに来てくれたら、やっぱり嬉しかった?」
「え?うん、それは…嬉しかった…よ」
 つかさは、こなたの問いに答えようとしてこなたの家庭事情を思い出し、途中から声を詰まらせた。
「そうだよね…うん、まあへんなこと聞いてごめん」
 こなたはそう謝り、つかさが持っている傘の柄を掴んで歩き出した。
「…ねえ、こなちゃん…わたしはお父さんでも嬉しかったよ」
 それに引きずられて歩き出したつかさが、こなたにそう言った。
「かがみお姉ちゃんでも、まつりお姉ちゃんでも、いのりお姉ちゃんでも…迎えに来てくれたら、嬉しかったよ」
 こなたはつかさの言葉を聞きながら、また一つ思い出していた。

『…なあ、こなた。やっぱり、俺よりお母さんに迎えに来て欲しいか?』
『んーと…どっちでもいい。おとうさん、ちゃんとむかえにきてくれるもん』
『…そうか』

「…うん、そうだよ」
 あの日の父親にそう答えながら、こなたは思い出させてくれたつかさの手を軽く握った。
「え?なに?こなちゃん、今度は何?」
「なんでもないよ」
 今度は笑顔でそう言いながら、こなたは少し足を速めた。


― おわり ―



コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
  • ↓空気嫁


    作者GJ! -- 名無し (2010-07-28 01:04:01)
  • 読んでたら何か暖かくなったよ。


    コメント欄でネタ的な発言してる人は寒すぎるけど
    -- 名無しさん (2010-07-26 12:29:31)
  • 幼稚園の頃のこなた可愛いwwwこなた、ちょっとお兄さんの所においでw(←いかん、危ない危ない危ない)
    所で結局じゃのめってなんなんですか?(←ググれカス!) -- 名無しさん (2010-07-22 21:45:21)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。