ID:8RDLJ8A0氏:浮いた話の一つも出ない人々

こなた「というわけで、第一回私たちに浮いた話が一つも出ないのはなんでだろう考察大会~」
かがみ「相変わらず唐突だな」


こなた「まず、みゆきさんは、高嶺の花のうえにフラクラなのが原因ってことでいいよね?」
かがみ「まあ確かに、あの副委員長さんも一緒に委員会の仕事をしてて全くそういう素振りがなかったわけじゃないでしょうしね」
こなた「副委員長が建てたフラグをことごとくへし折るみゆきさん。さすがは天然キャラですなぁ」
みゆき「はぁ……そうだったのでしょうか? わたくし全然気づきませんでして」
かがみ「みゆきの場合は、いざとなればお見合いとかで結婚するんでしょうから、将来的には心配ないんじゃないかしら?」
みゆき「親の紹介でということはあるかもしれませんね」
こなた「そんなのつまんないよ。父親の反対を押し切って大恋愛を成就させるとかいう展開を希望したいところなんだけど」
かがみ「それはおまえの勝手な妄想だろ」


こなた「つかさがモテそうなのに告白されないのは、どう見てもかがみが後ろでにらんでるからだよね」
かがみ「どういう意味だ!?」
みゆき「つかささんの家は地元の名士の家柄ですから、かがみさんに限らずご家族のお眼鏡にかなう男性の方でないと、というところはあるのでしょうね。そういう点で、気後れしてしまうのかもしれません」
つかさ「そうなのかなぁ……」
かがみ「婿取りしなきゃならないいのり姉さん以外は、そんなこと気にする必要もないのに」


こなた「かがみの場合は、ツッコミが厳しすぎるからだね。ツッコミ耐性のある人じゃないと付き合ってくのは難しいよ」
かがみ「一概に否定できないのが悔しいわね」
みゆき「かがみさんの場合は、雰囲気もさることながら、学業も優秀ですし、将来は弁護士を目指しておられるということですから、男性の方から見ると気後れしてしまうところはあるのでしょうね。実際、高学歴でステータスの高い職業に就いている女性は晩婚の事例が多いという統計結果もありますし」
かがみ「みゆき~、鬱になりそうなこと言わないでよ」
みゆき「あっ、すみません。あくまで一般的な話ですから、かがみさんに当てはまるとは限りませんし」
こなた「いや、かがみにはばっちり当てはまると思うね、それ」


かがみ「そういうあんたは、口ではいろいろ言ってるけど、実際のところ恋愛も結婚も興味ないだろ?」
こなた「いきなり核心をついてくるね、かがみんは。まあ、それで当たりだけどね。私の嫁は二次元にしかいないのだよ」
かがみ「胸張っていうことかよ。あんたのせいで、私らまで同類だって思われてるってことはないだろな」
こなた「あっ、それはあるかも」
かがみ「そう思うなら、少しは自重してくれ」


こなた「みさきちの場合は、馬鹿キャラなせいで鈍いから」
かがみ「妙に納得できるな、それ」
こなた「みさきちみたいなのって、体育会系の中じゃ結構モテるはずなのだよ。でも、みさきちは鈍いから全然気づかない」


こなた「ゆーちゃんは、みなみちゃん以上の人格者じゃないと、相手にもならないね」
かがみ「みなみちゃんみたいな親友がいるとなると、それを超える男じゃないとってところはあるわよね」


こなた「みなみちゃんの場合も、ゆーちゃん以上にみなみちゃんを理解できる男じゃないとね」
みゆき「みなみさんにそのような方が現れてくれればいいのですが」


つかさ「ひよりちゃんはどうなんだろう?」
こなた「ひよりんは、趣味が恋愛を邪魔してるね」
かがみ「その手の趣味に寛容な男じゃないと無理ってことね」
こなた「いや、そんな聖人君子が彼氏でもうまくいかないよ、たぶん」
かがみ「なんでよ?」
こなた「ひよりんは、あれでいろいろ気を使っちゃうからさ。相手に一方的に負担をかけちゃうような関係って耐えられないと思うんだよね。自分の方から別れを切り出して終わりっことになるんじゃないかな」
かがみ「それなら、むしろ同好の士の方がいいってことか」
こなた「それは最悪だよ。同趣味カップルだと、お互いにこだわりがあるせいで些細なことから大喧嘩になって別れるってパターンが多いしね」


こなた「パティの場合は、私と同じくリアルでの恋愛に興味なしだろうね」
かがみ「異論はないわね」


こなた「黒井先生は、口ではいろいろと言ってても、本気で欲しがってないよね。寂しがり屋のふりしてるけど、実際一人でも生きてける人って感じだし」
かがみ「確かに」


こなた「桜庭先生の場合は、天原先生がいるから男はいらないってのが真相だよね」
かがみ「事実だろうけど、おまえがいうとそっち系の危ない話に聞こえるぞ」


かがみ「むしろ、その天原先生に彼氏の一人もいないというのが、信じられないわね」
みゆき「天原先生は大変格式の高い家柄のお嬢様だとお聞きしますので、その辺りが障害になっているのではないでしょうか?」
こなた「いや、あのらきすた世界ナンバー1聖人君子につりあう男なんて、この世界には一人もいないってのが真相なんじゃないかな? この世界の男のレベルって正直低いしね」
かがみ「おいおい、いくら事実でもそれはぶっちゃけすぎだろ」


こなた「以上、終わり!」
かがみ「終わりも唐突だな」




コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
  • 若瀬いーんちょ… -- 名無しさん (2016-07-03 23:19:49)
  • そう考えると桜藤祭の主人公ってレベル高かったのか
    ほぼ全員落とせるし -- 名無しさん (2015-02-02 21:41:04)
  • ありがたく、パトリシア・マーティンで! -- チャムチロ (2014-06-13 21:58:12)
  • それでは、俺はみゆきさんで。 -- 名無しさん (2012-03-12 22:25:55)
  • じゃあ俺はこなたをもらっていく -- 名無し (2012-01-07 15:55:36)
  • じゃあ俺はかがみんをもらっていくな。
    -- 名無しさん (2011-01-07 11:18:49)
  • 実際、現実に彼女らがいてもモテるかどうかは微妙な気がする。


    だからつかさは俺が頂いていく。 -- 名無し (2010-12-25 21:43:00)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。