ID:TWGnqKoH氏:出張先で……

みゆきは今、ある研究所近辺の社員寮にいた。
本来の勤め先から遠く離れた、山の麓に建てられたその寮で、みゆきは1週間ほどの出張生活を送っていた。
3日目の研修を終え、疲れた身体を癒す間すらもなく、みゆきは今日も残務をこなさなければならなかった。
みゆきは自前のノートパソコンに今日得たデータを打ち込んでいく。
以前のデータと見比べて、おかしな点がないか何度となく確認する。
コンマ1のずれが大惨事を引き起こしかねない。そんな数式を見るみゆきの目は極めて真剣なものだった。

夕食の買い物を終え、みゆきが寮に着いたのは6時を回った頃だった。
そして今、モニターの端に見えるのは9:30。3時間以上、みゆきはこうして数字と向き合っていた。
みゆきは溜息を1つ吐き、首を横にならす。コキッコキッと骨の鳴く音が聞こえる。
手を肩に添えて強く押してみる。弾力は思ってた以上に感じられなかった。
「疲れました……」
眼鏡を外して天井を見上げてみる。
蛍光灯の光に目が眩みそうになり、みゆきは目を瞑って軽く瞼の上をマッサージをし、それから立ち上がって小さなキッチンへと向って行った。
少し遅い夕食だった。
「自炊ができればいいのですが……」
スーパーの袋からお弁当を取り出す。家に帰ってもやるべき事は沢山あり、
料理の時間すらも惜しんで仕事に打ち込むみゆきだった。
お弁当を電子レンジで暖め、みゆきは思い出した様に仕事用のバッグから携帯を取り出した。



ランプの灯しがメールの受信を伝えていた。
最初のは朝の8時にきたものだった。
「かがみさん」
『みゆき、誕生日おめでとう。そっちは出張だっけ?案外そっちで春がきたり、とか?
 この前できなかった話もあるし、時間が空いたらまた一緒に食事しましょう』
「ありがとうございます。かがみさん。出会いは残念ながら……」
それから正午にもう1通。
「つかささん」
『ゆきちゃんおめでと~。あれ?お誕生日今日で良いんだよね?間違ってたらごめんね。
 最近新しいお菓子の作り方覚えたんだよ?今度ゆきちゃんにもご馳走してあげるね。じゃ、またね』
「ええ、私の誕生日は10月25日、今日です。つかささんのお菓子、私、大好きです。楽しみにしています」
そして夜、8時を回ったところでもう1通届いていた。
「こなたさん」
『みうぃきさ~ん、おめ~。ちゃんとメール届いてる?着信拒否なんかにしてないよね?
 そうそう。今日はみゆきさんの誕生日だったので、それっぽい事をしてみました。画像参照』
「そんな、拒否なんかにはしませんよ。……画像、ですか?えっと」
画像を表示させてみる。
そこは机の上だろうか、コレクションらしいフィギュア類と共に、学生時代、4人で撮った写真が飾られ、
その中心には、白い、苺が沢山乗せられたデコレーションケーキが置かれていた。
更にケーキの上には『みゆきさんおめでとう!』と書かれていたチョコの板までもが乗せられていた。
「……これ、この為にわざわざ?……こなたさん、頑張りすぎです。でも、ありがとうございます」
こんな祝い方などしてもらえるとは思ってもおらず、みゆきは驚いていいのやら呆れていいのやら、
でも、そんなサプライズに胸を暖かくするみゆきだった。
卒業して何年も経ち、年に数回しか会えなくても、それでも昔と変わらず接してくれる友人達。
みゆきは掛替えのない友人達へ心からの感謝の言葉を延べ、食事も忘れてメールを打ち出すのとともに、
そしてその事に集中するあまり、最後の1通、ゆかりからのお祝いを見落としていたのであった。
「みなさん、ありがとうございます。みなさんの役に立つよう、一層がんばります!」

『みゆきちゃん、お誕生日おめでとう。みゆきちゃんがいなくって、お母さん寂しい。
そうそう、最近悪い風邪が流行ってるみたいだから、身体に気をつけてね。
 それとね、昨日TVでね(割愛)。お仕事頑張ってね。母より』

(終わり)


コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。