ID:v5xyGNQ+氏:鏡の前に一人

「ま、何にしても明日からの準備が肝心なんだけど」
「というわけで今日はもう解散しようよ、私、お腹ぺこぺこー」「私もー、お姉ちゃん、帰りにコンビ二寄っていい?」
「もう、仕方ないわねー。なんて、私も寄るつもりだったんだけどさ」
「では、そろそろ出ましょうか? 校門が締まってしまうかもしれませんし」
 この子らはそういった他愛もない、ありきたりなやり取りをして教室を後にする。
 そして、すっかり遅くなりほとんど人気のない廊下をウチと共に進む。
「それにしても夜の学校ってすっごく不気味だよねー」
「そうね、こんな風に人の気配がないと……昼と同じ場所でも、やっぱり……ねェ」
「なんや柊、二人とも、実は怖がりやな?」
「うぅっ、そ、それは……」

 本職というか張本人のあんたらがそんなんでどないすんねん。

「つかさはともかく、かがみは意外やなー。案外、見かけによらず、可愛いとこあるんやな」
「くぅっ……先生こそどうなんです? 仕事で残ってるとき、怖くならないんですか」
「全然だいじょうぶ。ウチはオカルトを信じへんからな」

 オカルトなんて分類にして怖がったら可愛そうやしなー。

「うっ、なんかズルい……」
「あー、教師にそんなこと言うんか? せやったらおもろい話教えたろ」
 こんなやり取りをきっかけに、3階の踊り場にある鏡にまつわる怪談を聞かせたった。
 今みたいに夜遅くに残っていた生徒が鏡を覗き込むと、鏡の中に自分以外の誰かが映っていて、鏡の中に引きずり込まれたというありがちな話や。
「あう……あううううゥ! こ、怖いよーっ!」
 で、案の定というべきかつかさが物凄く怖がっとる。
 話の矛盾点などを語って安心させ、現場に向かった。
 これからが肝心や、うまくいくかいな?
「な、何も写ってないですよね?」
「もちろんやって。なんやったら、ほら――」
 一呼吸し、意を決し口を開く。

「なんか写っとるか? ウチ一人やろ?」
 うまくいってくれ。ちと、いや、物凄く寂しいが、このままじゃアカンやろ。

「は、はい……ふう……でも怖いなぁ」
「そこまで怖がることはないわよ。けど、ちょっと不気味ではあるけどね」
「怖さを隠し通そうとするかがみ萌え♪」
「う、うっさいわよ!」
「じゃ、怖くないの?」
「うう……その……ちょっと不気味なだけよ」
「同じじゃん」
「違うわよ! こ、怖くないんだから!」
「なら、サイトのオカルト話いっぱい教えたげる。ちゃんと聞いて、きっちり感想返してよ」
「ううう……わ、わかったわよっ!」
 相変わらず、あの子ららしいやり取りが繰り広げられる。
 このやり方でもアカンかったか。

「おーし、そんじゃお疲れさーん」
「先生さようならー」
 そうして、あの子らは校門をくぐり……。
「……消えてもた。これで何度目やろな?」
 体育祭の打ち合わせで遅くなった帰りに、あの子らは……。
 それからずっと、毎晩この調子で同じやり取りを続けとる。
 このままじゃアカンと思ってたら、ネットであの怪談を見つけた。使えると思ったんやけど。
「鏡には本当にウチ一人しか写ってなかったこと、おかしいと思わんかったんか。どないしたらあの子らに納得させられるんやろなー」
 職員室へ戻る。
「……泣いとらんで? 夜遅うなって眠くなってあくびしただけや」



コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
  • なん・・・だと・・・!? -- 名無しさん (2010-03-27 18:53:29)
  • しまった!盲点だーっ! -- 名無しさん (2009-12-16 23:16:28)
  • こeeeee -- 名無しさん (2009-11-21 11:48:21)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。