ID:5geojnA0氏:第十六回コンクール ~作品紹介(ネタバレなし)~

エントリーNo.01:ID:XgIU.Qk0氏:かなちまった夢?

かがみが昔、文集に書いた総理大臣になりたいと言う夢が、本当に「かなっちまった」と言うストーリー。
かがみ首相の他にも、みゆきやこなたもまさかの夢がかなっちまった模様。
割と現実的でリアリティある話の割に、雰囲気はほのぼのとしていて和むのが特徴。


エントリーNo.02:ID:Ar4ap4ko氏:Daydreamer

オタクな「誰か」のオタクなストーリー。
本家らき☆すたのまだ発売されていない7巻に当たる、新たなストーリーから抽出された物語。
6巻までしか読んでいない人には少々意地悪になっているが、ますます7巻に興味が沸いてきてしまう。


エントリーNo.03:ID:N9wzUkE0氏:うたたねの間に

集めたら願いが叶うと言うスーパーボールを手に入れたみゆきは、こなたたちともっと早くに出会いたかったと願う。
目が覚めると、自分は一年生として陵桜学園に入学することになっていた。
みゆきは自分の理想のためにまた一から友人集めをする事にするが、なかなか思い通りにはいかず……。
SFの王道であるタイムスリップを主題にした、ちょっとしんみりとするストーリー。


エントリーNo.04:ID:OwsB7s60氏:寝てろっ!

こなたが不眠症になってしまい、心配するかがみはなんとかこなたを寝かしつけようと悪戦苦闘。
かがみは「安楽眠士」を呼ぶことにするが、そこからストーリーは暴走を始める。
途中からあまりのカオスのため、人生ってなんだろうと考えさせられるコメディ作品。

エントリーNo.05:ID:s/k5O.k0氏:夢の未来へ

ゆたかはある日、直ぐ先の未来を夢で見るようになった。
この力でみなみの危険を守る事が出来るようになり、困惑しつつも喜ぶゆたか。
しかし、どうしてもみなみを救えない事態にゆたかは苦悩し、そして衝撃的な結末へ……。
エントリーNo.03の作品とは、タイムスリップと言う点で似ていながらも、性格がまったく正反対のストーリー。


エントリーNo.06:ID:wL/OkIM0氏:あなたが欲しい

お盆、こなたの気まぐれな提案で肝試しをする事になるが、一方でつかさは、受験勉強の忙しさからかがみと疎遠になる事を心配していた。
そんな折、肝試しの最中にかがみとつかさはひょんな事から眠ってしまう。
かがみが気がつくと、そこはいつもどおりの学校の風景で……。
たまに笑いがあるが、基本的には夢と現実がわからなくなるような怖い小説。


エントリーNo.07:ID:Mxn4OPo0氏:伝えたいこと

ある日、そうじろうが女性の夢を見るようになり、次第にこなたやゆたかも同じような夢を見るようになる。
こなたはその事をかがみたちに話すと、みんなで泉家で眠ればなにか起きるかも知れないと言う提案から、みんなでお泊り会に。
そして明かされる夢の意味とは?女性の正体は誰なのか?
話の本筋よりも、こなたたちの会話で楽しめてしまうラフな作品。


エントリーNo.08:ID:FIRHoZs0氏:雨だれ

忘れ物を取りに音楽室に入ったつかさは、「雨だれ」を弾くみなみに会う。
それを聞きながら眠ってしまったつかさは、夢の中で謎の少女と出会い、みなみもまたその少女を夢で見た事があると言う。
少女の正体と、その思惑を探りながら、みなみはピアノを引き続けた。
途中の意外な展開から、ストーリーは切なく心に染み渡るような小説に。

エントリーNo.09:ID:ylOeKiI0氏:明けない夜が来ることはない

“進路希望調査票”を提出ことになり、特に将来の夢を考えていなかったこなたは何を書くべきか悩む。
そうじろうやゆたかなどの身近な人間から夢とは何なのかを学び、漠然とした夢の本質を掴もうとする。
最終的に、こなたは調査票に何を書き込んだのか?
所々に実際に存在する書籍について触れており、作者の博識さがうかがえる作品。


エントリーNo.10:ID:yoPgHF6o氏:いつまでも

こなたはある日、ひどい悪夢を見て目を覚ます。
かがみたちに、それについて相談を持ちかける事で不安を拭い去るこなた。
待ち受けている、衝撃的な真実を知らずに……。
前半のストーリーを逆転させてしまうような、とてもインパクトのあるラストが待ち受ける小説。


エントリーNo.11:ID:fVlTQh60氏:夢と言う奴は

進路希望調査票を提出することになったこなただが、何を書けばいいかわからず眠ってしまう。
なんと夢のなかではこなたは数学の先生になっていた。
どうせ夢の中、せっかくだからと授業を教えているうちに……?
まったく危機感もやる気も無いこなたの姿を見て、読者も和んでしまう作品。




コメント・感想フォーム

名前:
コメント:
  • 出来れば十七回以降も作ってほしい -- 名無しさん (2014-05-02 08:57:50)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。