小ネタ25P

こなた「やっとついたねー、石川県」
かがみ「そうねー・・・。ってつかさ、その手に持ってる袋に大量に入ってるのは何なの!?」
つかさ「こっそり飼ってた蛙が大量に子をつくったんだけど、邪魔だからばら撒いていこうと思うの」
こなた「いや、せめてどこかの池にでも放してあげようよ・・・」
つかさ「ばら撒いていこうと思うの☆」
かがみ「こら!そう無責任だから動物は飼わないって・・・」
つかさ「ばら撒いていこうと思うの☆」

つかさ「バラマキマ酢~♪」バラバラバラ


 

かがみ「…ねえ、こなた」
こなた「ん、なに?」
かがみ「…エルボーしていい?」
こなた「ええ!?」
かがみ「…タイガードライバーでもいいわ」
こなた「い、いやいやいや…ど、どうしたの?」
かがみ「…ヒーローが…わたしのヒーローが…どうすればいいの…?」
こなた「よ、よく分からないけど、泣けばいいんじないかな…」


-人妻-

こなた(あれ、みきさんとゆかりさんだ。何してるんだろ?)

みき「ゆーかりん♪」
ゆかり「みーきぽん♪」

こなた「………よし、逃げよう」
ゆかり「あらー何処いくのかしらー?」
こなた「ふおあっ!?いつの間に!?」
みき「見ちゃったのね。困った子…」
こなた「み、見てません!何も見てません!」
ゆかり「お仕置きが必要かしらー」
こなた「ただ通り掛かっただけなのにー!!」


こなた「アレ痛いよねー」
つかさ「分かる分かるっ。私初めてのとき泣いちゃったよ~」
こなた「あはは、つかさらしいね」
かがみ「・・・?」

つかさ「こなちゃんは泣かなかったの?」
こなた「そりゃちょっとは、ね」
かがみ(まさか、ね・・・)

つかさ「アレってさ、入れるときも痛いけど、抜かれるときも痛くない?」
こなた「痛いね~。入れる側はどんな気分なんだろ?」
かがみ「ちょっと、なんちゅうー話をしてんのよ!」

こなた「え・・・?」
つかさ「注射の話だけど・・・?」

かがみ「もちろん分かっていたわよ!!」

かがみ「そんな・・・こなたが・・・」
つかさ「どうしたのお姉ちゃん?」
かがみ「つかさぁぁぁぁぁぁ・・・わぁぁぁぁぁん!」
つかさ「お、お姉ちゃん!とりあえず落ち着いて何があったのか話して!」
かがみ「こなたが・・・こなたが・・・」
つかさ「こなちゃんが、どうかしたの?」
かがみ「・・・こなたが成長期を迎えちゃった・・・・・・」
つかさ「え?」
かがみ「大きくなったこなたなんて絶対可愛くないのよぉぉぉ!!」
つかさ「・・・・・・。」





こなた「ねぇつかさ、最近私かがみに避けられてない?」
つかさ「・・・・・・。」


-コンクールお題「星」-

こなた「星と言えば星座。星座と言えば聖闘士星矢!」
かがみ「…あんたはまたそんな」
つかさ「お姉ちゃんも熱心に見てたよね」
こなた「へー」
かがみ「なっ!?つかさ、出鱈目言わないでよ!」
つかさ「えー。でも紫龍さん今度はいつ脱ぐのかなってよく…」
こなた「………へー」
かがみ「言ってないわよー!引かないでこなたーっ!!」


みゆき「わたしは、アルデバランさんが好きでしたね」
こなた(牛か)
かがみ(牛だな)
つかさ(牛だよね)

 


まさか、こんなネタで書く人いませんよね…?


「よう、俺の名前はたかしさ☆」
「私の名前はあいこよ☆」
「かわいい子だね☆」
「ありがとう☆」
「ほら、これ君の欲しがってたイヤリングだよ☆」
「うわあ、ありがとう☆」


かがみ「……何これ?」
つかさ「えーっと、星がテーマのお話を書こうと思って……」
かがみ(微妙過ぎてわかりづれぇっ!)


Pringls
バルサミコビネガーテイスト






バルサミコ酢は使用していません。

つかさ「…お姉ちゃん…わたし、初めて食べ物をぶん投げようとしたの…神社の娘失格だよね…」
かがみ「…いや、まあ…少し落ち着け…」



結構おいしかったです。


ななこ「えーそんで1853年、この4国の間でクリミア戦争が起き……」

こなた(もーすぐ七夕だよなー……

     そういえばなんで『七夕』って書いて『たなばた』って読むんだろ
     うーん……

     そっか! 『夕』ってカタカナの『た』じゃん!
     だからかーなるほどー……
     そしたらなんで『七』が『たなば』って読むんだろ……
     んー……)

ななこ「泉ー! クリミア戦争を起こした国はどこや?」
こなた「え、はい! えー、中国、オランダ……」
ななこ「全然ちゃうわ! 落書きなんてしとらんでもうちょい授業を真面目に聞き」ガツン!
こなた「あい゙たー」

キーンコーンカーンコーン

つかさ「こなちゃんさ、あの時どんなこと考えてたの?」
こなた「あー、なんで七って『たなば』って読むのかなーって……」
つかさ「えっ?」
みゆき「えー……ああ、『七夕』の語源ですか?」
こなた「あ、それそれ!」
みゆき「大雑把ですが、日本の習慣である『棚機つ女』が由来と言われているので、
     『夕』の字を『た』と読むわけではないですよ?」
こなた「なーんだ……」


つかさ「ねぇ、こなちゃん」
こなた「・・・」ビクッ

つかさ「こなちゃんが面白いから見てみてねって言うから、
    涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)を最近見始めたんだけどさ」
こなた「・・・」ビクビクッ

つかさ「あれ、何処が面白いのか私には分からないんだけど」
こなた「そ、それは・・・」

つかさ「同じ話を何回もやってるよ?」
こなた「あ、あれは・・・ループしてるから、視聴者にも同じような体験をして・・・
    欲しいんじゃないかなぁ? うん、そうだよ! 凄いよね京アニってさ!」

つかさ「ふーん。でも私はもう見ないかな」あはは・・・
こなた「・・・」


こなた「京アニ、どうしちゃったのさ・・・(´=ω=`)ハァ」


酢入りSS

つかさ「推理モノのSSかあ」
かがみ「そういえば今殺人事件のSSが続いてるわね」
つかさ「そうだねー」
かがみ「うん。……ん?タイトルが誤字ってるわね」
つかさ「あれ?ホントだ」
かがみ「まあいっか。それで、どんな話なのかしら」
つかさ「うーん……」


???「ハッ!」
かがみ・つかさ「?」
???「俺たちはとんでもない思い違いをしていたようだ……」
かがみ「え? 何?」
???「まずタイトルの誤字に注目する」
かがみ「まあ、気にはなったけど……」
???「誤字をそのまま記すと『酢入り』となる」
つかさ「うん」
???「酢といえば黒酢を連想するのは当然だ
     すると導き出される解は『黒酢入り』……」
かがみ「はあ」
???「そして最後に意味不明な言葉『入り』……
     これはノイズと考えられるので削除し残りの文字を取りだす
     すると出来上がる言葉は……『黒酢』
     つまり、『クロス』!」
かがみ「ん? あ、まさか……」
???「そう、つまりこれは、クロスオーバー物のSSだったという意味だったのだ!!」
かがみ・つかさ「な、なんだってーー!!」


かがみ「……誰よアレ」
つかさ「さあねー」


かがみ「昨日、わたしとつかさの誕生日だったのよ」
こなた「うん、知ってる」
かがみ「…メインキャラ二人だってのに、SSも小ネタもなかったわね」
こなた「コンクール期間中だし、余裕なかったんじゃないかな。祝ってもらえただけも…って、あれ?SSあったよね?」
かがみ「ないわよ」
こなた「えっ、でも日付変わった直後…」
かがみ「ないのよ」
こなた「…えーっと」
かがみ「なかった事にして」
こなた「………」
かがみ「………」
こなた「…かがみ…なかった事にしても、プレゼントもう一回貰えたりはしないよ?」
かがみ「そ、そんなこと考えてないわよ…」


-前スレではかなたさんが怖くて出来ませんでした-


かなた「…んっ…くっ…」
そうじろう「なにしてるんだ、かなた?」
かなた「あっ、そう君いい所に…コードに足引っかけちゃって抜けちゃったの…で、入れようとしてるんだけど、手が届かなくて…」
そうじろう「はっはっは、かなたは小さいからなあ」
かなた「むー…好きで小さいわけじゃないんですよーだ」
そうじろう「えっと、このコードか?」
かなた「あ、それじゃなくて…」

かなた「その、ぶっといのを、後ろの穴に入れて欲しいの」

そうじろう「………」
かなた「…?そう君?」
そうじろう「ううおぉぉぉぉっ!!」ガンッガンッ
かなた「そ、そう君!?どうしたの!?どうして壁に頭打ち付けるのー!?」


-灯台元暗し-

こなた「…あっつーい…かがみー、あついよー」
かがみ「あついあつい言わないでよ…こっちまで暑くなるでしょ…」
こなた「言わなくてもあついのは変わらないよー…かがみー、エアコンはー?」
かがみ「故障中よ…」
こなた「役立たずー…わたしが来るまでに直しとけー…」
かがみ「んだとー…無茶いうなー…」
こなた「………」
かがみ「………」
こなた「かがみー…あついよー…」
かがみ「だから、言うなっつーに…」

 

 


つかさ(わたしの部屋はエアコン効いてるのに、なんで二人とも来ないんだろ…?)


浅茅生の をののしの原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき

こなた「っていう句が古典で出てきたんだけどさ」
みゆき「はい」
こなた「これ何か元ネタがあるとか先生が言ってたんだけどホント?」
みゆき「ああ、はい。元ネタというか……
     『浅茅生の 小野のしの原 しのぶとも 人知るらめや いふ人なしに』
     という歌がありまして、先ほどの歌はこれを取ったものなんですよ」
こなた「えーそれじゃパクリじゃん」
みゆき「その言い方はちょっと……
     こういうのは『本歌取り』と言いますね」
こなた「へー今じゃ叩かれそうなことやってたんだねえ」
みゆき「そうですね……
     他にも、現代と感覚が異なるといえば、ダジャレで感動を表すというのもありますね」
こなた「えー何それ?どんなの?」
みゆき「えー、例えば小野小町の『花の色は……』の句が有名ですが、こういうのは掛詞と言いますね」
こなた「昔は色々とフリーダムだったんだねえ」
みゆき「そうですね……」


そうじろう「こなたの胸は俺が育てた」
かがみ「育ってないじゃないですか」アハハ

こなた「……(´;ω;`)ウッ」
かがみ「あ……」

ゆたか「……(´;ω;`)ウッ」
みなみ「……(´;ω;`)ウッ」
かがみ「……わ、私はこれで帰るわ」

かがみは にげだした !

しかし まわりこまれてしまった !!

かがみ「わ、悪かったって!」

こなたゆたかみなみ
「……Δ(デルタ)アタック(´;ω;`)」

かがみ「あぁぁぁぁぁっ!!」


かがみを たおした !!

けいけんちを 38 てにいれた!(いみがない)

むねぺったんがーるずの きずなが ふかまった !

むねの おにくが 3ポイント あがった !


なぁ、今日怖い夢見た。

遊戯王に出てくる地縛神に追いかけられた。
それも操ってるのがらき☆すた3年生集団だった。

こなた=ウル
かがみ=コカライア
つかさ=アスラピスク
みゆき=コカパクアプ
みさお=クシル
あやの=チャクチャルア
白石=ウィラコチャラスカ

って感じで。


ルールを知らぬ者達の遊び


カチャカチャカチャ……

つかさ「それポンかな」
みゆき「私はロンです」
かがみ「リーチよ」
こなた「カン」

ななこ「お? なんや麻雀やっとんのか? うちも混ぜ、」

こなた「嶺上開花(りんしゃんかいほう)」
みゆき「それロンです」
つかさ「ドラドラ」
かがみ「ツモよ」

こなた「させないよ。てんぱいそくりー」
「「「「わーいわーい!」」」」

こなた「あ、先生もやります? 麻雀“ごっこ”」
ななこ「いや、えぇわ……」



ゆたか「あ、鉄腕アトムが映画になるんだ」

 カチカチ

ゆたか「『あなたのクリックでATOMが目覚めます』、『ATOMが目覚めるまで、あと91822馬力』……。
     クリックしたらアトムに充電できるんだ。やってみようっと」

 カチ

ゆたか「充電された! 1日1クリック続けてみようかな?」

 


 ―――翌日

 


ゆたか「え……60万、馬力……?」

 カチ

ゆたか「えぇ!? いっきに1000くらい増えた!?」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。