ID:2YKLCUg0氏:桃太郎・改

 

 只今より、稜桜学園臨時演劇部ならびに、聖フィオリナ女学院、一般の有志による演劇『桃太郎・改』を上演いたします。
 なお、人によっては不快と思われる表現もございますが、舞台に物などを投げないように、最後までごゆっくりご観賞ください。

「…ねえ、こう。有志ってフィオ女からわたししか来てないんじゃない?」
「一般からも何人か来てるみたいなんだけど…役者以外なのかな」


- 桃太郎・改 -


 むかーしむかし、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました。
 ある日、お爺さんは山へ芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に行きました。

 お婆さんが川で洗濯をしていると、上流の方からなにやら大きな物体が、ドンブラコドンブラコと流れてきました。
「なんだろう?」
 よく見てみると、それはとても大きな桃でした。
「あれだけ大きな桃だったら、しばらくは食べ物に困らないよね」
 桃ばかり食べるのもどうかと思うのですが、お婆さんは桃を拾って家にもって帰ることにしました。
「う、うーん…あ、あれ?うーん」
 あ、持ち上がらないんだ。すいませーん、黒子さんおねがいしまーす。

 


「…ゆた…コホン…お婆さん、この桃は一体…?」
 お婆さんが持って帰ってきた桃を見て、お爺さんは大層驚きました。全然驚いてるように見えませんが、驚いてることにしてください。
「えっとね。川で洗濯してたらね、川上の方から流れてきたんだ。ホントだよ?」
 身振り手振りを交えて、お爺さんに説明するお婆さん。
 それにしても、なんとまあ男前なお爺さんとプリティなお婆さんだこと。配役間違えたんじゃないかしら。
「…とりあえず、割ってみる」
「うん、頑張ってお爺さん」
 お爺さんは桃を割るために、仕事で使う大鉈を持ってきました。ちなみに本物ですので、取り扱いにはご注意を。
「…えい」
 気合一閃。お爺さんは、桃を真っ二つにしました。すると、なんと言う事でしょう桃の中から…。
「…あ、ごめん。やり直し」
 …何したの。
「…中身まで真っ二つ」
「みなみちゃーん!?」
 だから取り扱いには注意してっていったのにー!

「中身、何だっけ?」
「わたしが徴収した、ゆーちゃんのぬいぐるみ」
「…泣かれるぞソレ」
「…うん、後で謝っとく」


 えーっと…とりあえず、桃の中から玉のように可愛い赤ん坊が出てきました。そう言う事にしといてください。
 お爺さんとお婆さんは、赤ん坊を『桃太郎』と名付け、大切に育てました。
 赤ん坊は驚くほど早く大きくなり、立派な若者へと成長しました。
 そんなある日のこと。
「え、えーっと。お爺さん、お婆さん。お願いがあります」
 桃太郎が、カンペをチラ見しながら棒読みでお爺さん達にそう言いました。
「…なに?」
「え、えっと…近頃都では鬼ヶ島から来る鬼共が、金銀財宝を強奪し人々の暮らしを脅かしていると聞きます。わたしはお爺さん、お婆さんに、立派に育てられた恩を返すために、この鬼を討ち人々に平穏を取り戻したいと思ったりなんかして…えっと…ダメかな?」
 なんで最後で自信無くすの。
「…よく言ってくれた桃太郎。その優しさと勇気に満ちた決意を、わたしが止めることは無い」
「お爺さん…」
「…ぶっちゃけ、お婆さんといちゃつきたいから、出て行ってくれると有難い」
「えー」
 ぶっちゃけないで!

 と、とりあえず、桃太郎にお爺さんは、都で兵役を勤めていた時に使っていた武具一式を与えました…こんな設定あったっけ?…え、お爺さんが武具を持ってる理由?…そんな細かいところどうでもいいのに。
「それでは、お爺さんお婆さん、行ってくるね」
「桃太郎、これを」
 旅立つ桃太郎に、お婆さんが袋を手渡します。
「きっと旅の助けになるはずだよ」
「うん、ありがとうお婆さん」
 こうして桃太郎は、謎の袋を手に鬼ヶ島へと向かいました。

 ………え?謎の袋?きびだんごじゃないの?

 


 鬼ヶ島に向かって桃太郎が歩いている途中、一匹の犬に出会いました。
「桃太郎さん、桃太郎さん。鬼ヶ島に鬼退治に向かわれると言うのは本当でしょうか?」
「うん、そうだよー」
 仮にも鬼退治に向かうって英雄が、そんな気の抜けるような返事でいいのかしら。
 それにしてもこの犬。背は高いは、胸はデカイは、犬の癖に生意気な。
「…なんだかナレーションから悪意を感じるのですが」
 気のせいです。
「そ、そうですか…え、えっと、桃太郎さん、お腰のモノを頂けるのなら、鬼退治のお供をいたしましょう」
 言い方がエロいです。
「エロくないです!」
「え、えっと…こ、これかな?」
 そう言って桃太郎が謎の袋から取り出したのは………首輪?
「えー」
 まあ、いいか。仲間が下僕になったくらい、大差ないでしょう。犬だし。
「…思いっきり違うと思うんですけど」
 うだうだ言ってたら話進まないので、ちゃっちゃと首輪つけて先進みましょう。
「う、うん。ゆきちゃんつけるね」
「…うぅ、なんでこんなことに」
 と言うわけで、犬を下僕にした桃太郎は再び鬼ヶ島を目指して歩き始めました。
「それでは桃太郎さん、参りましょうか………桃太郎さん?」
 あれ、桃太郎が動きませんね。
「…えーっと、ゆきちゃん…なんで四つんばい?」
「え?何故って犬ですから…あ、そうでしたね。これが無いと変ですよね」
 そう言って犬が差し出したのは、自分の首輪につながれた鎖でした。何時の間にそんなものを。
「え、えーっと…引っ張れって事なのかな…」
「はい。少し苦しいくらいが良いです」
「そ、そうなんだ…」
 とりあえず、わたしはノーコメントで。

 


「…待ちなさい」
 桃太郎と犬が旅を続けていると、どこからともなく声が聞こえてきました。
「え?ど、どこ?」
「桃太郎さん、あそこです」
 犬が指差したほうを見ると、一匹の雉が大きな岩の上に、腕を組んで立っていました。
「…はっ!」
 雉は岩の上からジャンプすると、桃太郎たちの前に軽やかに着地しました。
「あなたが桃太郎ね…鬼ヶ島に鬼退治に行くという」
「う、うん、そうだけど………お姉ちゃん、キャラ作りすぎ」
「うるさい。そんなことより、鬼ヶ島に行くならわたしも連れて行きなさい」
 何故か偉そうに雉がそう言いました。
「え、えっと、うん…それじゃあ、これを…」
「あー、いいから。あんたの腰のモノなんかいらないから。鬼ヶ島に連れて行ってくれるだけでいいわよ」
「へ?そ、そうなんだ…」
 あ、あれ?ここってこんな脚本だったっけ…。
「時間が惜しいの。とっとと行くわよ。ほら、ぐずぐずしない」
「あ、うん…」
 何故か仕切り始めた雉に、桃太郎と犬が付いていきます。
 桃太郎達の旅は更に続きます。
「ところで…なんでみゆきは四つんばいで歩いてるの?」
「犬だからです」
「なるほど」
「…納得できちゃうんだ」


 一人と二匹に増えた桃太郎一行が鬼が島を目指したいると、今度は前方から猿がやってきました。
「ハーイ!ミナサンおゲンキですカー!」
 一行はその横を通り過ぎて、鬼が島を目指します。
「ホワィ!?ムシですカ!?」
 めんどくさそうな相手だというのは分かるんですが、話が続かないので相手してあげてください。
「なんだかサベツテキなイトをカンじるのですガ!?」
「まあ、ぶっちゃけお供になりたい、と」
「イエス!おトモになるカわりに、おコシにつけた…」
「うるさい。うだうだ言わずに付いてきなさい」
「………イ、イエッサー」
 こうして猿は、雉の一睨みで仲間になりました。
「…ところで、そうしてミユキはヨつんばいなんですカ?」
「犬だからです」
「…ナルホド」
「あ、やっぱり納得しちゃうんだ」

 


 そして、桃太郎一行はいよいよ鬼ヶ島に到着しました。
 都襲撃の成功を祝って宴を開いている、鬼たちが集う広間に桃太郎たちは乗り込みます。
「日本一の桃太郎見参!さあ、鬼の大将はどこ!?」
 いや、あんたは雉でしょ。
「…お姉ちゃん、台詞取らないで」
 桃太郎さん、少しは頑張って…。
「ふ、小賢しい。我らが大将が出るまでも無いわね」
 雉の名乗りを受けて、鬼Aが啖呵をきります。その後には鬼B~Eが続きます。
「…わたしら、ドラクエの雑魚モンスター扱いッスね」
「…まあ、端役だからしょうがないんじゃない?」
「…背景とたいして変わらないよなー」
「…う、うん」
「その程度の戦力で、我らを退治しようなどと笑止千万!」
「…てか、なんか永森先輩ノリノリなんスけど」
「…うん、こういうのやりたかったのかな」
「鬼の恐ろしさを知りたいのなら、さっさとかかって」
「ほわちゃぁぁぁぁっ!!」
 紫電一閃。雉のドラゴンキックが鬼Aに炸裂。鬼Aは後方に吹っ飛び、書割の背景をぶち破っていきました。人型の穴がなんともカートゥーンチックです。
「やまとぉぉぉっ!?」
「永森先輩生きてるッスかーっ!?」
 いや、いいんでしょうかこれ。
「お、お姉ちゃん…まだ台詞の途中じゃ…」
「なんか、演劇と言うキーワードとあの顔がむかついた」
「…リフジンキワまってますネ」
「…って言うか、永森さんはなにも悪くない気がしますが」
「さあ、次は誰?」
 軽やかにジークンドーステップを踏みながら、鬼たちを手招きで挑発する雉。
「…こーちゃん先輩。お先にどうぞ」
「い、いや、ここは後輩が先輩の仇をとりに行くところでしょ?」
「ひ、柊ちゃんに運動神経で対抗できるの、この中じゃみさちゃんだけじゃないかしら…」
「あ、あれは運動神経どうこうの問題じゃねぇぞ…」
 しかし鬼たちは、すっかり腰が引けています。
「来ないのかしら?…じゃ、こっちから行くわよ!」
 その鬼たちに、雉は容赦なく襲い掛かります。
『嫌ぁぁぁぁぁっ!?』

 

 獅子奮迅と言うより雉奮迅…いや、むしろ雉無双な活躍で、鬼たちは蹴散らされました。
 そして、争いの音を聞きつけて、鬼の大将が現れ…現れ…あれ?こなたー。出番よー。
「…こなちゃん、出てこないね」
「…出るに出られないと思いますが」
「まったく、しょうがないわね」
 雉は少し匂いをかぐ動作をすると、張りぼての岩の前に立ちました。
「そこっ!」
 雉は岩に手を突っ込み、鬼の大将の角というかアホ毛を引っつかんで、引きずり出しました。
「見つけたわよ。さーてどうしてくれようかしら…」
「い、いやあの…ごめんなさい…」
 思わず謝る鬼の大将。個人的には凄く逃げ出してほしいのですが。
「ゴメンで済んだら、桃太郎は要らないのよ」
 いや、今も十分にいらないと思います。
「い、命ばかりはお助け…」
「命まで奪うつもりは無いわ…命の次に大事な貞操は奪うけど」
 ちょっとー!こなたに何するつもりなのー!?
「うるさい、黙れ」
 …はい、すいません。
「う、うわーっ!」
 鬼の大将はプラバットを改造した金棒を振り回して、精一杯の抵抗を試みます。
 偶然にも、金棒の先が雉の顔にペチッと当たりました。
「あんっ」
 すると、雉は当たった頬を押さえ、変な声を出して倒れました。
 なんかハァハァしてますが、気にしないでおきましょう。
「え、えっと…えいっ、えいっ」
「あんっ、あんっ」
 鬼の大将が金棒で打ち据えるたびに、変な声をあげる雉。
 なんか恍惚の表情をしてたり、「もっと」とか聞こえてきたりしてますが、気にしないでおきましょう。
 ってかもう色々やばそうなので、桃太郎さん鬼の大将斬って終わらせちゃってください。
「えーい」
「うわー」

 


 こうして、鬼たちを退治した桃太郎一行は、鬼が溜め込んでいた財宝を持ち帰り、お爺さんお婆さんと末永く幸せに暮らしましたとさ。
 めでたし、めでたし。

「…ワタシタチがおトモするヒツヨウあったのでしょうカ?」
「わたしは、つかさんに連れられて満足ですが」
「…そ、そですカ」


 個人的な業務連絡。
 色々お話がありますので、後でそう君はわたしのところに来るように。


- 終劇 -

 

キャスト&スタッフ

桃太郎 柊つかさ
犬 高良みゆき
雉 柊かがみ
猿 パトリシア・マーティン
お爺さん 岩崎みなみ
お婆さん 小早川ゆたか
鬼の大将 泉こなた
鬼A 永森やまと
鬼B 八坂こう
鬼C 田村ひより
鬼D 日下部みさお
鬼E 峰岸あやの

ナレーション 泉かなた(故人)

黒子 柊いのり
    柊まつり

脚本 泉そうじろう

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。