ID:JBG1foIo氏:絵師さんひゃっほほう&2周年おめでとう小ネタSS

こなた「はっぴー・ばぁすでぃ・とぅー・みぃ!!
かがみ「……何やってんのよ、あんた。いかにもなプレゼント箱なんて持って」
こなた「あ、かがみ。これはね、いわゆる自分へのごほーびってヤツだヨ。やふー、おめでとう、私!」
かがみ「自分へのご褒美ねえ……いつもそんなコト言いながら、グッズを山ほど買ってないか?」
こなた「もー、かがみはわかってないなぁ。コレは誕生日の分だから、いつもと意味合いが違うのだよ!」
かがみ「あー、そうですか」

こなた「ところでかがみん。これからゲマズにでも行こうと思うんだけどさ、一緒にどう?」
かがみ「はぁー!?まだなんか買うのか、あんたは!?」
こなた「もちろん!だって今日も特別な日だからネ!」
かがみ「特別な日?んー、今日なんかあったっけ?」
こなた「まあ、たいしたコトじゃないからさ。気にしない、気にしない。さあ、いざ逝かん約束の地へ!」
かがみ「……まったく、いいかげんなんだから。本当は単に買い物の口実が欲しいだけなんでしょー?」
こなた「むふふー。そうかもねー」

こなた(私がかがみやみんなとこの場所で出合って丸2年の記念日だなんて……ちょっぴり恥ずかしくて言えないよネ)

かがみ「あ、そうだ。買い物の後でいいからさ、家に寄ってくれないかしら?ダメ?」
こなた「え?別にいいけど?」

 ☆

かがみ「さ、あがってちょうだい」
こなた「おじゃましまーす」
かがみ「飲み物とか持ってくるから、先に私の部屋でくつろいでていいわよ」
こなた「んー。それじゃあ、お言葉に甘えますかネ」

 ガチャリ

つかさ「こなちゃん、2周年おめでとー!!」
みゆき「2周年おめでとうございます、泉さん!!」

こなた「わあぁ!?つ、つかさにみゆきさん!?……って、2周年おめでとうってどゆこと……?」
かがみ「びっくりした、こなた?今日が特別な日だってこと、私達だってちゃんと覚えてたのよ?」
つかさ「それで、こなちゃんにサプライズを仕掛けようってことになったんだ~。えへへ」
みゆき「企画、演出、その他すべての細工を手がけたのは、こ の み ゆ き 様 さ ! ! 」
こなた(うわぁ……今回はほのぼの路線かと思ったのに、みゆきさんが懐かしいカンジで壊れてるよ……)

つかさ「今日はお祝いだから、腕によりをかけて料理をつくったんだ~。はい、こなちゃん、これはウェルカムドリンクだよ」
こなた「ありがと、つかさ。これってコーラフロート……じゃないみたいだね……匂いが酸っぱいんだけど……?」
つかさ「バルサミコ酢にマヨネーズをトッピングしたんだよ~」
みゆき「素晴らしいです、つかささん!これで、らき☆すたは後10年は闘えます!」
つかさ「やだなぁ~。褒めすぎだよ、ゆきちゃん。えへへ、バル酢~♪」
みゆき「泉さん、遠慮なくどうぞ!おかわりなら、このみゆき様が注いで差し上げますから【>>539】!」
つかさ「ミコ酢~♪」
こなた(うわぁ……酢で攻められるのも久しぶりだからけっこうキツイね、コレ……)

かがみ「ねえ、こなた。今日を記念して私からプレゼントがあるんだけど」
こなた「あー、そうなんだ……わーい、うれしいなー(棒)」
かがみ「何よ、その態度。嬉しくないの?」
こなた「いや、ここまでの流れを踏まえた上で、すでにかがみ様が全裸であるこの状態だと、この後の展開が簡単に予想できちゃってさ」
かがみ「なーんだ。わかってるんなら話は早いわね。じゃあ、今回は前戯はなしで本番からでいいわよね」
こなた「表現はもっとオブラートに包んでよ……ってかさ、やっぱりかがみはへんたい路線なんだね……」
かがみ「今さら何を」
こなた「ですよねー」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。