ID:enULwVU0氏:つかさの右腕

※元ネタは何となくわかると思いますが、あえて明言しません。わかった人だけニヤニヤしてください。

最近、つかさは長袖ばかり着ている。
おかしいと思うきっかけは家での出来事だった。

いままでつかさは私が一緒にお風呂に入るのを拒まなかった。
でも、少し前から私と一緒にお風呂に入らなくなった。
最初、つかさは姉離れしていると思った。

そして2か月たった。今は夏。それでも、毎日長袖を着ている。

「つかさ、暑くないの?」
「・・・だ、大丈夫だよ。」
そういうつかさは尋常じゃない汗をかいている。
私の不安は膨れていく。

「つかさ、あんたの部屋に行くわよ!来なさい!」
私はむりやりつかさを部屋に入れ、鍵を閉めた。

「つかさ、あんたどうして半袖を着ないの?正直に言いなさい!」
「半袖はなんとなく・・・えへへ・・・」
つかさは笑ってごまかそうとするが、私は真顔のままで動じない。
そして、もう一度・・・。
「正直に言いなさい・・・。」
つかさの顔が真剣なものになっていく。
「・・・お姉ちゃん、これ、内緒にしてね・・・。」
そういうとつかさは上の服を脱いだ。
そして私は言葉を失った。

「・・・つかさ、あんたどうしたの!」
つかさの右腕には赤い手の形、それも人ではない手の形をした痣があった。
「・・・2か月前ぐらいから、現れたんだ・・・。」
つかさは普段ではありえないほど真面目に答えた。
「あんた、みんなには・・・。」
「・・・言えないよ・・・。」
「そうよね・・・。」
部屋は沈黙に包まれた。

その沈黙を切ったのはつかさだった。
「でも、まだ今だからよかったかも・・・。」
「・・・そうね。高校の頃だったらこなたが・・・。」
また沈黙に包まれた。

沈黙はつかさの嗚咽によって破られた。
「つか・・・!」
私はつかさに声をかけようとしたら、つかさに抱きつかれた。
「お姉ちゃん、怖いよ・・・。」
つかさの嗚咽は大きくなった。

私はつかさが甘えん坊であることを知っている。
あの高校の時の夏の時もすぐに私に泣きついた。
そのつかさが得体のしれないものを抱えて、
それも2か月も我慢して・・・。

私はつかさを抱きしめた。そして、
「つかさ、大丈夫。何があっても守ってあげるから。」
つかさの嗚咽は泣き声に変わった。
「おねぇちゃぁん!」
私はつかさが泣き止むまでつかさを抱きしめた。

つかさは泣き止んだあと、つかさは決心した。
「お姉ちゃん、私、このことみんなに言うよ。」
いきなりの宣言に私は
「え?」と聞きなおした。
「もう隠すのはいやだし、きっとお姉ちゃんみたいに受け止めてくれる。
なにかあってもお姉ちゃんが守ってくれるから。」
つかさの真顔に私は笑顔で返した。
「そうね。」

つかさはみんなに右腕の痣のことを話した。
茶化すこなたには私が鉄拳制裁をした。
ああ、きっとこなたの中の私凶暴伝説が増えたわね。

数日後、こなた、みゆき、つかさと私の4人で、遊びに行った。
といっても車に乗ってただドライブするだけだが。
当然つかさはやはり長袖だった。
その車中でのこと、つかさは右腕をめくり、痣をさらした。
「実はこの痣に少しだけ感謝してるんだ。」
みんな?顔だったが、つかさは続ける。
「みんな、高校出てから疎遠だったけど、この痣のおかげで
みんなと再び会えたから・・・その・・・この痣が『絆』を
取り持ってくれたって・・・。」
みんなの顔が笑顔に変わる。
「そうですね、つかささん。きっとそうですよ!」
「そうだね、つかさ、だから、腕を押えて『俺の邪気眼が』ってやって!」
私は高校時代みたいにこなたにつっこみをいれる。
「お前が勝手にやれ!」

この先、つかさにはきっと大きなことが待ち受けていると思う。
それが光か闇かはわからない。だけど、私はつかさを守っていきたいと思う。
だって、大事な妹だから・・・。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。