ID:fZ9 > fTw0氏:タイトル不明

3月。
泉先輩たちが卒業。センパイは進学できたのだろうか…?
そしてパティの留学が終了、帰国。
コアなオタ友が一気に2人失われるのは正直ヘヴィっス・・・


4月。
クラス替え。見事に離散。
ゆーちゃん、みなみちゃんと離れてしまった…
かろうじて雑談するくらいの仲だった子とも一緒になれず。
まあパンピーとも上手くやるのが私の処世術。ゼロから頑張るしかない。


5月。
んんん~ なんかちょっと微妙。1年の時のヲタっプリが微妙に知れ
渡ってるせいか、皆さんよそよそしい。あと、私のオタクセンサーに
よると、このクラスには隠れオタすらゼロっぽい。そっち系の趣味は
クラスでは封印っス。

下旬になっても漫研の新人ゼロ。今年の1年生は不作っス… 追い打
ちをかけるように、こうちゃん先輩が現役引退。受験頑張って下さ
いっス。

6月。
相変わらず微妙な空気が続く毎日。これは所謂ハブられ気味ってやつス
か?
…ちょっと中学時代を思い出してしまう、まあこれもネタっス、ネタ。
夏の本は自虐ネタで行こう。

 

 

ある日のこと。教室入ったら自分の机の上に何か薄っぺらい本が…
どう見ても私の描いた本、ご丁寧に一番際どいページが開かれて…

!!! 一目散に席へ駆け寄り、それをカバンにしまってその場にうず
くまる。周りのあらゆる声が、音が嘲笑に聞こえる。

胃から熱いものが込み上げる。トイレに駆け込んで何も出なくなるまで
吐いた。授業が始まり辺りが静まったのを確認して、手ぶらのまま家に
帰った。

翌日。ここで休んだら負けと思って登校。げんしけんのオギーも頑張っ
てたっス。…自分の席の周りは昨日のまま。本はご丁寧にまた外に出さ
れてた。

いつか来るかもとは思ってたけど、結構堪える… その日から、クラス
内では完全に空気になった。おとなしい校風のせいか表面的な攻撃は無
いけど、本当にもない。空気。


7月。
週1くらいでクラスに顔を出してくれてたゆーちゃん達に、もういいか
らと告げた。嬉しい分、その後が辛過ぎる… そのまま夏休みに入って
ほっとした。


8月。
一人で居る時間が長かったせいか、いつもの自分を取り戻しつつあった。
そろそろコミケに向けてギリギリ入稿目指して執筆っスよ。

 

…指が震えて描けない。あの時のシーンが目に浮かぶ、そしてまた吐い
た。その日は一晩中泣いた。

今年のコミケはキャンセル。正確には、カレンダーを見たら日が過ぎて
いた。なにかが終わった気がした。


9月。
始業式に学校へ行けなかった。

翌日もダメだった… その次の日も…


10月。
秋だ。あの文化祭から1年経ったのかと思うと余計に悲しくなる。もう
ずっと昔のことのようだ。

ほんとはあの時に分かっていた。自分みたいなオタク女があの中にいて、
終ったらどうなるのかなんてことは…

日記はこれで終わり。コメントスパムでぐちゃぐちゃになってきたし、
もう誰も見てないからいいっス…

コメント総数(276)
4纎・1纒β02:10
????≪?醇|????????????篏?????????鴻?ゃ?若??鐚?鐚?膃??????醇^??
??鴻?ゃ?若??鐚? もうsぐいくカ?水????ラne?水????
4纎??????篏?????????鴻?ゃ?若??鐚?鐚?膃??????醇^??
??鴻?ゃ?若??鐚???????鴻?ゃ?若??鐚???????鴻?ゃ?若??鐚?
??????鴻?ゃ?若??鐚?
12月。
今日から冬休みらしい。もう暦なんか関係ないけど… 日記はこれが
本当に最後。

私も今
日でおwwるので。

さkっきのんdあ
すいみnゃくが、そろそr効いてktttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttt

 

 

 

…朦朧とした意識の中、誰かが泣きじゃくって叫びかけてる… 目が
良く見えない。視界が暗い。耳も良く聞こえない。煩い音がわんわん
と頭に響く…

あ、パティ。

もう[ピーーー]たのかな?夢の中? 神様、最後に会わせてくれたんだ…


4月。
私はまた2年生をやっている。今度は友達が居る。青い目の金髪の女の
子 パトリシア・マーティンが。

あの日、私は用意してた睡眠薬で自殺を図った。パティは冬休み初日に
日本にやって来て、最初に私のところを尋ねてきてくれたらしい(来年
から正式に陸桜学園高校へ編入して2~3年生を過ごして卒業するのだそ
うだ)

救急車で運ばれた後、2週間くらい昏睡して奇跡的に蘇生。パティが付き
っ切りで看病してくれてたそうだ。そして、始業式までぎりぎりリハビリ
して今に至る。自分はもちろん留年してるので自動的に2年生やり直し。

後遺症なのか精神的なものなのか、前ほどのテンションは出ないけど、
これはこれでアリっス。日記もまた再開っス。



って、話を考えて、次の本にしてみよーかと思うスけど、どースか、
みんな? これからは泣き要素も取り入れてみようかと。

2年生になって、またみんな同じクラスになったある日のこと。

え…? 皆さんドン引きっスか??? ゆーちゃんとみなみちゃんは
ともかく、パティも???


「…まったくモー!!! ってくらいダめですヨ!」
「はるヤすみのアイダ、ひよりはソんなことダけ考えてたですカ?
 モウソーにも程があるですよ!」

「だイたい、何でひよりがソんなことにならナイといけないですかー!!!」

え?いや、パティ、そんなに目に涙溜めてまで熱くならなくても・・・
え、涙???

「ホんとに!!  そんナことになったら… ワタシ… ひよりんのそ
 ンなすガた、ソウぞウさせないでクダサイ!! ぜ、ぜあー's no way out!!
 ☆#$”%#☆%’(&☆‘{=&☆!!!!! うわ~~ん!!!」

え、チョ…、マジ泣き? パティの言葉が英語交じりで盛り上がってきた
時は本気モードっス。ど、ど、どーすりゃいいの????

残り2人に目を向けると、ゆーちゃんは完全に困惑。みなみちゃんは…
何かサイン。え?抱いてあげて???

ドキドキしながらパティの肩に手を回してみる。なんか良い匂い。そし
て思ったより華奢な体つきにドキリとする。自重、自重っス!ワタシ。

 

うん、今年も楽しい1年が送れそうっス。


おしまい。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。