第三回プチ祭り

今回のルールは『600文字以内』で、なおかつ『みwiki祭』『春風』という2つのキーワードを両方ともSSに入れることです。
なお、改行は一文字として数えません。


ID:BxjDOE60氏

 

 みwiki祭りとは、春風薫る四月の一ヶ月間にわたって全国で行われる祭りである。
この世のあらゆる知識と、知識の女神であるみwiki様を愛で尊び敬うことを趣旨とする。
この祭りでは、満開の桜のもとで花見客に桜や花見に関する薀蓄をたれたり、新入生や新社会人を前に長々と講釈をたれたり、おもちうにょ~んしたりといった行事が行われる。
これらの行事は所構わず空気を読まずに行われるため、うざがられることも多い。
しかしながら、この祭りにもメイン会場は存在する。
それは東京都の高良邸であり、祭りの時期は、「メガネっ娘☆激Love」などとプリントされた装束をまとったみwiki信者が多く訪れ、みwiki様のありがたき三文知識を賜る光景が見られる。

出典:アンチフリー百科事典「Unたからpedia」(2009/04/01 06:55)


ID:yjRlywSO氏:『祭り上げ』

 

 泉家で開かれた勉強会。みゆきはみんなからの質問に、一つ一つ答えていた。
勉強ができる事を誇るつもりはない。ただ、答えた時に見せてくれる友人達の笑顔が、彼女にとって他の何にも替え難い喜びなのだ。
「みwikiさん、ここ分からない…」
「春風駘蕩の候、ですね」
「みwiki、ここはこれで大丈夫かしら?」
「はい、問題ありませんよ」
「wikiちゃん、ここはどうするの?」
「ここは、こちらの公式を使えば楽ですよ」
なんとなく、みゆきは違和感を感じた。
「あの…先程からのみwikiとは…」
「大体なんでも答えてくれるからみwikiさん」
「そうそう、wikiちゃん凄いよね」
「うん、頼りにしてるわよ、みwiki」
「え…あ、あの…」
「よし、勉強も一段落ついたし。今からみんなでみwiki祭よ!」
「おお!かがみ、ナイス提案!」
「わーい!」
「ええー…いや、その……わたしは…みゆきです…クスン」
(やば、涙目のみゆき可愛すぎる)
(ああーもう。これだからみゆきさんいじりはやめられないよー)
(ゆきちゃん、可愛いよゆきちゃん…ハァハァ)
友人達にとっても、みゆきは他の何にも替え難い喜びである。


ID:1HfGsRI0氏

 

「最近だんだん暖かくなってきたネ」
「そうね。春って感じがしてきたわ」
「という訳で、一句詠んでみたよ」

『春風よ かがみのパンチラ みせてくれ』

「んなっ!?何言ってんだ、おまえはっ!」
「むふふー。春らしい萌えでいいじゃない」
「まったく。小学生じゃあるまいし、もっとマシな句を詠みなさいよね」
「ほほう。そこまで言うなら、かがみも詠んでみせてよ」
「えっ!?わ、私が?」
「そう。かがみが。なんかこう、春だなーってカンジのを頼むよ」
「わ、わかったわよ……ええっと」

『夜半過ぎ みwiki祭りの 笛の音』

「へ?……なにそれ?」
「何よ。文句でもあるの?季節感溢れる仕上がりじゃない」
「え、えーっと。文句があるというか、なんというか」

「かがみさん。泉さんが首をかしげるのも仕方ありません。みwiki祭りは初夏を表す季語ですよ?」
「そうだよ、お姉ちゃん。去年の祭りも梅雨明けくらいだったじゃない」
「あ、あれ?そうだっけ?」
「はい。さらに言えば、祭りの迫力がいまひとつ伝わってきませんね」
「うーん、言われてみればそうね。みゆきならどう詠む?」
「そうですね。こういうのはどうでしょう」

『丑の刻 地獄や地獄 みwiki祭り』

「わあー。あのお祭りの感じがよくでてるよ。さすが、ゆきちゃん」
「そうね、いい句だわ。私も、早く祭りの日がこないかなー、なんて思っちゃった」
「ありがとうございます」

「えーと……話についてけないのは私だけ、なのかな?」


ID:.6BP3UAO氏:『ラプラスの悪魔「みwiki様」』


春風が涼しいある日、みwiki様がご覚醒なされ、みwiki祭りが開かれた。
「深夜アニメが終わる2時28分9秒に、おやつのために取っておいたコロネを食すため泉さんがキッチンへ上がります」
みwiki様は過去現在の全てを把握し、これから起こるであろう事象を寸分の狂いもなく予測する。かがみは問うた。
「私はどうすればいいのでしょうか」するとみwiki様が答えた。「泉さんが降りて来ましたら、かがみさんはコロネを目の前で食べなさい」



次の日の深夜

「かがみん!?」
「ふぁ、こにゃた」モグモグ
「うわ~ん!」
「ひょっ、ひょっと!」」ガッシャーン
かかみに覆い被さるこなた
「あ……」

新しい展開がここに。
すべてはみwiki様のなせる業。


ID:.6BP3UAO氏:『:これぞ日本のみwiki祭り』


私の神社の桜が綺麗なのでこなちゃんやゆきちゃんを呼んでお花見をしました。

「すごい!」
「えぇ、春風を感じます」
「やあやあ、妹達がお世話になってます。お母さんが饅頭くれたよ」
「まつり姉さんありがとう。ここに座ったら?」
まつりお姉ちゃんはゆきちゃんの隣に座りながら言いました。
「これぞ日本って感じだよね」
「そうですね、元々は梅の花を見る事か…」

ここでこなちゃんが突然立ち上がって叫びました。
「みゆきさんがWikipediaのごとくウンチクを話して、まつりさんがそれを聞く!まさに『みwiki祭り』!!」
「こなちゃん、なんのこと?」
「…いえ、なんでもございません…。うん、この饅頭おいしっ」

とても楽しいお花見でした。


ID:Btzt0N20氏:『卒業式とお祭りと』


みWiki祭り、それは生徒会と一部の生徒達が主催した、卒業式後のイベントだった。
最後に皆で思い出を作りたい、
心の底から卒業を祝いたい、
それから送りたい。
そう考えていた生徒は少なくはなかった。
式が終わって数刻後のホール、照明の落とされた薄闇の中、生徒会長の開催の弁も早々に、
エレキギターがかき鳴らされた。
壇上は今や軽音楽部の独壇場、卒、在校生混成のライブ会場と化していた。
この日には似つかわしくないと教師達は嘆いたかも知れない。
でもホールは、彼等への声援で色めき立っていた。

幾つもの部活が続け様に作品を披露し、祭りは大盛況の内に閉幕した。

こなたとかがみはお別れを言いに行ったつかさとみゆきを校庭で待っていた。
「にしても、あっという間だったよね。たかが三年、されど三年」
「ほんとよね。明日起きたら制服着そうだわよ」
「つかさはやりそうだけどね」
「ほんとに」
「さてかがみさん」
「ん?」
「私は今、桜の袂にいます」
「そうね」
「今日は卒業式です」
「で?」
「言う事は?」
「卒業おめでとう、こなた」
「……かがみん、これ、EDだよ?ハッピーエンドになるか、バッドエンドになるか、瀬戸際なんだよ?」
「何の話よ」
「私から言わせないでよ……バカ」
「……ごめん、冗談だろうけど、私、そういう趣味、ないから」

「遅くなってごめーん!」

そこにつかさとみゆきがやってきた。

春風がこなたの切なげな顔を優しく撫でた。

(……かがみの……バカ)


ID:Btzt0N20氏:『晴心』


夜半、こなたはベッドの上で携帯を見ていた。
画面に写るのは、記念にと撮った幾枚もの写真だった。
教室に校舎、先生に級友、つかさとみゆき、その2人の間で白石がこちらにVサインを送っていた。
「相わらずウザイな、セバスチャンは」
覇気のない呟き。
帰宅するやこなたは、呟きと溜息ばかり吐いていた。
画像を送るこなたの指が止んだ。そこにははにかむかがみの画像があった。
他には誰もいない、かがみ1人だけの写真。
「冗談でもさ、悲しくなっちゃうじゃん」
次の画像も、また。
「キモいだろうけさ……」
こなたの瞳は揺れていた。
「傷つくよ」
次も……。
「何やってんだろ。現実とゲーム混同して」
電源に指を置いたその時、着信音が鳴り響いた。
かがみの名を画面に明滅させて。

「……もしもし?」
『こなた?あんたにさ、聞きたい事があるんだけど』
「聞きたい事?」
『昼間の、アレ、本気だったの?』
「何でまた」
『あれからあんた、元気なかったじゃない?』
「……ほ」
『こなた?』「本気なわけ、ないじゃん。私だってそんな趣味、ないよ」
『……そう。……あ、あのさ、映画のチケット貰ったの。○×、あんた好きでしょ?今度一緒に、どう?』
「……」
『……こなた?』
またかがみといられる、それが何より嬉しかった。
だからこなたは、ありったけの元気で答えた。
「うん!行く!」
2人の心の曇雲を、春風がかき消していた。
「そうそう、今日のみWiki祭りでさ!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。