ID:PomMHDU0氏:第十三回コンクールレビュー

こなた「泉こなたです」
かなた「泉かなたです」
そうじろう「泉そうじろうです」
こなた「と、言うわけで、コンクールレビュー参ります。はい、タイトルどん!」


第十三回らき☆すたSSコンクールレビュー
- 見よ、泉家は紅く燃えている! -


かなた「ええ!?大変!消防車、消防車!」
こなた「いや、ネタだから落ち着いてお母さん…」
そうじろう「…大丈夫か、この企画」


エントリーNo.01『死亡フラグでショートショートショート☆42連発』

こなた「いきなりごっついのがきたね」
そうじろう「ショートショートって形態も珍しいが、なにしろ量が凄いな」
こなた「んだねー」
そうじろう「まあ、これは一作目に相応しい作品ではあるな」
こなた「その心は?」
そうじろう「これを見れば、死亡フラグってのが大体どんなものか分かるだろ?」
こなた「なるほろ…てか、お母さんもなんか言おうよ」
かなた「私の出番が多い…」
こなた「う、うん…まあ、現役の死人だからね…」


エントリーNo.02『死亡フラグを回避せよ!』

こなた「連発するボケに突っ込みまくる話だね」
そうじろう「そ、そうだっけか?…まあ、死亡フラグを死亡フラグで上書きする、毒を持って毒を制すって話だな」
こなた「なんとなくゲームチックだね。上書きの仕方間違えたらゲームオーバーみたいな」
そうじろう「いや、人の命…つーかお前の命がかかってるんだが…」
かなた「…こなた…いいお友達を持って…ぐすっ」
こなた「…え、これそんな風に泣く話?」


エントリーNo.03『信じる心と優しさを』

こなた「正直、滑ったね」
そうじろう「まあな」
こなた「わたしやお父さんの心境を、もう少し掘り下げても良かったんじゃないかな」
そうじろう「だなあ…投下を焦りすぎたんだろうな」
かなた「あ、あの…どうしてそんな、急に辛辣に…」
そうじろう「かなた…世の中にはどうにも褒め難い作品というものがある」
かなた「う、うん」
そうじろう「たとえば、自分の作品とか自分の作品とか、もしくは自分の作品とか」
かなた「…納得」


エントリーNo.04『マークト・フォー・デス』

こなた「これまた長いね」
そうじろう「ふむ。一作目とは違った感覚の死亡フラグの詰め合わせだな」
こなた「…ひよりんだけ酷く浮いてるような気が」
そうじろう「…うん、まあなんというか、俺以上に自分に正直な娘だね…話の最後にはチラッと考えさせられる言葉もあるな」
かなた「…ねえ、そう君」
そうじろう「ん?なんだ?」
かなた「もし、現実でもこんなルールが誰かに決められてるんだったら、私はどこでフラグを立てちゃったんだろうね?…その行動を取らなかったら、私は今でも…」
そうじろう「ストップ、かなた。そんな仮定は無しだ」
かなた「う、うん…」
こなた「…次、行くね」


エントリーNo.05『あなたならどうしますか?』

こなた「何かを得るためには、何かを失わなければならない。その失う代価が、もし…っていうお話」
そうじろう「…俺は、このみなみちゃんの苦悩も行動も理解できるだけに、やるせないな」
かなた「…もし、そんな機会を与えられたとしても、私はそう君に生きてて欲しいけど…」
そうじろう「…そうか」
こなた「あーもう!暗い!お父さんもお母さんも暗すぎるよ!次行っちゃうからね!?」
そうじろう「こ、こなた…」
かなた(…もし、そう君の代わりに私が生きていてら、こなたをこんな元気に育てることは出来なかったかも知れない…どんな可能性を与えられたとしても、私はきっと間違わないよ…そう君…)


エントリーNo.06『純粋な子に色々教えると後が怖い』

こなた「タイトル通りのお話だね」
そうじろう「ギャグっぽい話になってるが、教訓としては真面目だな。知らないってのはホントに恐ろしいからな」
かなた「そうねー。知らないのをいいことに『ちょっとこのゲームやってみないか?』ってあんなの渡された日にはねー…ねえ、そう君?」
そうじろう「…さて、なんのことやら」
こなた「…大体想像はつくけど、なにやらせたのさ…」


エントリーNo.07『かぜのゆめものがたり』

こなた「なんとも綺麗な文章だね」
そうじろう「なんというか、文学作品のような感じがするな」
こなた「お題が見え難いって意見があったみたいだね」
そうじろう「ふむ。だがお題が見え難いことが、お題に添ってるともいえるな」
こなた「へ?」
そうじろう「かがみちゃんのどの行動が、もしくはどの心境が死亡フラグだったのか、読む手が考えさせられる話だと捉えられるからな」
こなた「なるへそ」
そうじろう「文に限らず作品と言うものはな、作り手と受け手が共に作り上げていく物なのだよ」
かなた「そう君…拾った物は食べないでってあれほど…」
こなた「お父さん…歳だし徹ゲーは控えようってあれほど…」
そうじろう「…母娘揃ってきっついな」


エントリーNo.08『柊ってばさぁ』

こなた「まさかの1レスもの。しかもみさきちの台詞一つのみ」
そうじろう「まさにインパクト重視の一発ネタだな」
こなた「二度は使えないと?」
そうじろう「流石に初見のインパクトを超えるのは難しそうだからな」
かなた「コンクールって長さの規定が無いみたいなんだけど…一文字ずつで100レスとかできるのかしら?」
そうじろう「…読んでくれる人の全てを敵に回しかねないな、それ」


エントリーNo.09『青い髪の天使が見守る父娘』

そうじろう「俺を残して逝くなこなたぁぁぁぁぁっ!!」
こなた「いやいや、死んだのは作品内だから。わたしはちゃんと生きてるから。ここにいてるから」
そうじろう「…すまん、取り乱した」
かなた「…でも、私に似ているってのが死亡フラグだったのなら…」
こなた「それは心配ないでしょ。中身はお父さん似なんだし」
かなた「そ、そうかな…だといいんだけど」
そうじろう「…関係ないが『父娘』って『ちちこ』だと変換できないから、『ちちむすめ』で変換してるんだが…うっかりすると『乳娘』になるグハァッ!?…な、なぜ殴る…」
こなた「今チラッとこっち見て言ったでしょう!どーせありませんよーだ!」
かなた「…殺っちゃえ、娘」
こなた「イエス、マイマザー」
そうじろう「ちょ、ちょっと待…」


エントリーNo.10『呪いのカケラ』

こなた「最後の作品だね。タイトルからホラーっぽい話だと思ってたけど、爽やかさが残る友情物だったね…怪我人でてるけど」
そうじろう「…ああ、今まさにお父さんが重傷だ…グフッ」
こなた「大袈裟な…よく見たら、わたしに立った死亡フラグをみんながどうにかするって所はNo.02の作品と同じなんだよね」
そうじろう「そうだな、しかし書き手によってここまで変わるというのは、面白いところだな」
こなた「復活早いなー…ってか、お母さんが発言してないけど」
かなた「ごなだ~…グスッ…良いおどもだぢをもっで~…ヒック」
こなた「うわーお、またか…友情物に弱いのかな…」


こなた「と、言うわけで笑いあり涙ありの計十作品」
そうじろう「正直、レビューになっていない気もするが、軽く楽しんでいただければ幸いだ」
かなた「…えーっと。ごめんなさいね。折角呼んでもらったのに、あんまり喋って無くて…」
そうじろう「なにを言うんだかなた…お前は傍にいてくれるだけで…」
かなた「帰りづらくなるから、そう言う事は言わないで…お願い…」
そうじろう「かなた…」
かなた「そう君…」
こなた「…ていっ」
そうじろう「あいっだー!?…べ、弁慶をもろに…な、なにするんだこなた…」
こなた「…フンだ」
かなた「こなた…もしかして、妬いてる?」
こなた「違うよ!もう締めだってにいちゃつくなっての!終わらなくなるんだから!」
かなた「えーっと、あれねあれ…ツンデレ?だったかしら?」
こなた「違うっつーに!怒るよ!」
かなた「ふふ、怖い怖い。それじゃ、私はそろそろ戻らないといけないから…コンクールお疲れ様でした」
こなた「うー…」
そうじろう「不貞腐れてないで締めるぞ。それでは皆様、お疲れ様でした」
こなた「お疲れ様………あー!なんだか納得いかないー!」


- おしまい -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。