ID:HzbHZj20氏:混沌

プルルルルルル

こなた「もしもし、こなただよ」
???『娘さんは預かりました。返してほしければ今から言う住所にお肉を沢山送ってく
    ださい』
こなた「!? 娘さんって?」
???『代わりましょう』

ゆたか『お姉ちゃん・・・』
こなた「ゆーちゃん!」
ゆたか『ごめん、お姉ちゃん・・・私・・・』
こなた「ゆーちゃんは悪くないよ。大丈夫、絶対助けるから」

ゆたか『こんな時だから言うけど、お姉ちゃんのおやつのチョココロネ食べちゃったの、
    私なんだ・・・ごめん』
こなた「あー、それとコレとは話が別だね。帰ってきたらミッチリお仕置きするから」
ゆたか『しょんなぁー><』

???『これで分かりましたね? ではお肉の方、よろしくお願いしますよ?』
こなた「くっ、卑劣な奴めぇ」
???『そうそう、分かっていると思いますが、警察なんかに連絡したら・・・分かって
    ますね?』

ブツッ ツー、ツー

こなた「大変だぁ!」


ピポパピポペ

かがみ『かがみでい』
こなた「たたたいへんふぁよかkがみん!! ゆゆゆちゃ^んがががが!!」
かがみ『日本語でおk』
こなた「ゆーちゃんが誘拐されちゃったったた!!」

かがみ『落ち着いて、大きく深呼吸しなさい』
こなた「すぅぅぅぅ、はぁぁぁぁ」
かがみ『ヒィ、ヒィ、フゥー』
こなた「ヒィ、ヒィ、フゥー」

かがみ『ヒィ、ヒィ、フゥー』
こなた「ヒィ、ヒィ、フゥー」

こなた「産まれる・・・んあぁぁぁっ」
かがみ『もうすぐよ、頑張って!!』

こなた「あぁぁぁぁあぁぁぁっ」
赤ん坊「おぎゃあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!!」

こなた「産まれたよ、私とかがみの子・・・」
かがみ「おめでとう。電話越しじゃ分からないわ。連れて来てよ!」
こなた「うん、今行くよ!」
赤ん坊「ばぶー」

こなた「ところで何か忘れてない?」
かがみ『あ、名前決めなきゃね!』
こなた「あ、そっか。うーん、私とかがみの子だからぁー」
かがみ『“こなみ”ね』
こなた「うん、よろしくね。こなみ」
こなみ「野球したいぉー」


一方その頃

つかさ「ねぇ、ゆきちゃん」
みゆき「なんでしょうか?」
つかさ「私ってツッコミキャラじゃないんだけど、今ものすっっっごい! ツッコミたい
    んだけど・・・」

みゆき「それは許しません。例えお天道様が許しても、私は絶対、貴方を許さないっ!」
つかさ「そんにゃー><」
みゆき「お覚悟を・・・」

グサァ

つかさ「え・・・? ゆき、ちゃ・・・ん」
みゆき「ふふ・・・」

つかさ(やっぱり私は間違ってなかった・・・が・・・ま・・・)

バタッ


一方その頃2

覆面姉「遅いわねぇ」
覆面妹「お姉ちゃん、やっぱりこんなの無理があるよ」

覆面姉「もしかしたら忘れらてたりして」
ゆたか「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!」
覆面妹「わ」

ゆたか「うぅ、うぅ、うわぁぁぁぁぁぁん!」
覆面妹「お、お姉ちゃんどうしよう」
覆面姉「私に聞かないでよぉ」

ゆたか「わぁぁぁぁん」
覆面妹「ねぇ、返してあげようよ。やっぱりこんなのダメだよ」
覆面姉「そうねぇ・・・」


かがみんち

かがみ「いらっしゃい、待ってたわよ。こなみは?」
こなみ「うー」
こなた「ほら、お母さん2号にあいさつなさい」

かがみ「2号かよ。ってかさっき産まれたばっかでもう歩けるのか」
こなた「成長期なんだよ」
こなみ「あぅー」
かがみ「目つきは私に似てるわね」

こなた「唐突だけど帰ります」
かがみ「分かったわ。こなみは任せて」


そして・・・

ゆたか「ただいま・・・」
こなた「おかえり。ゆーちゃん、ちょっと来てね」

ゆたか「・・・」
こなた「なんで私のチョココロネ食べたのかな?」

ゆたか「お姉ちゃんのバカ!! なんでそれだけ覚えてるのっ!!」

パシィン!!

こなた「いった・・・ちょっとゆーちゃん!?」
ゆたか「スタコラサッサ!」

こなた「私何かしたかなぁ・・・?」


ピポパピポペ

こなた「かがみどうしようゆーちゃんとなんかケンカしちゃったみたいゆーちゃんは私の
    妹みたいな存在なんだよこのまま別けも分からず気まずい関係になるのだけは避
    けたいんだそのためにはどうしたらいいのか教えてくれかがみん私は後何回あの
    子とあの子犬を殺せばいいんだ!!」
かがみ『だから落ち着けっつーのに! 大きく深呼吸してリラックスしなさい』

こなた「ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」
かがみ『落ち着いた? 何があったのかゆっくり話しなさい』
こなた「うん・・・あ」
かがみ『どうした?』
こなた「また、産まれそう・・・」

かがみ『ほんとっ!? 落ち着いて。ヒィ、ヒィ、フゥ』
こなた「ヒィ、ヒィ、フゥ。あぁぁぁー」


二人目の子供。名を『かなた』と名づけたそうな。

                       めでたし めでたし


☆☆☆☆☆


こなた「ひよりん。3分間時間をあげる。懺悔しな」
ひより「おおおおおおちついてくださいッス! たかが同人誌ッスよ! それもまだメモ
    書き程度のぉっ」
こなた「時間だ」
ひより「早っ! まだ3分、」

こなた「銃をこの手に。弾丸は魔弾。用途は射出。数は1つで十二分! 人間の動体視力
    を超える速度にて、射出を開始せよ!」
ひより「アッー!」


                             おわり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。