ID:.ABGjLco氏:クリスマス・プレゼント

 聖夜の奇跡とか、私は信じてない。
 そんな簡単に起きたら奇跡とは言わないし、それが自分に起きるとは限らない。
 でも、クリスマスは好きだ。イベントごとは楽しいし、プレゼントももらえるしね。

 聖夜の贈り物って意味では、誰にでも奇跡があるのかな。なーんてね。


 ~クリスマス・プレゼント~


 月曜の朝、私、泉こなたは地獄を見ていた。
 鬼の手によって、布団を引っぺがされ凍てつく大地に放り出されたのだ。
「お休みだからっていつまでも寝てちゃダメよ」
「さむぅい……」
「ほらほら、ご飯も出来てるから」
「はぁい」
 眠い目をこすりながらながらリビングへ上がると、そこには日本らしい朝食と、お父さんが待っていた。
「お、こなた起きたのか、おはよう」
「おふぁよ~」
「なんだ、まだ寝ぼけ中か?」
「お母さんに布団取られた……」
「ははは、災難だったな」
「何が災難ですか、お掃除もあるんだから早く起きてもらわないと。はい、お味噌汁」
「ありがとー」

 今日は12月24日のクリスマスイブ。と言っても、ロマンスのカケラもない私は“いつも通り”お父さん、お母さんと過ごす予定だ。
 ギャルゲだと色々特別なことがあるけど、リアルじゃそうそう特別なことなんてないよね。
 プレゼントなんだろうなぁ。私も一応、二人にプレゼントを用意してある。お母さんには天使の羽根をあしらったペンダント、お父さんにはこの前欲しがってたエロゲーフィギュア。
 まぁ、お父さんが怒られるような気もするけど、それはそれで面白いからいいよね。

「ねぇこなた、あの夢はまだ見るの?」
「夢……ああ、うん。昨日も見たよ」
 ここ最近、私はずっと同じ夢を見ている。誰かが、私を呼ぶ夢。
 その夢には、女の人が三人出てくる。私の知らない人たち。
 一人は、眼鏡をかけた優しそうな人。その人は私のそばに来て色々話しかけてくれる。声を聞いてるとなんとなく落ち着く。
 次に、頭にリボンをつけたかわいい子。最初はあの子、ずっとごめんなさい、って言ってた。それがいつの間にか、大きな声で私を呼ぶようになった。
 そして、ツインテールのツンデレっぽい人。この人は何も言わない。何も言わないで遠くからじっとこっちを見てる。
 そんな夢が、毎日続いてる。アニメとか漫画的に言えば、私がすごい力を持っていてそれを目覚めさせるために……とか。
 前、なんなんだろうってお母さんに聞いてみたら『その意味はこなたが気づかないとダメよ』って言ってたっけ。なんか意味深だけど正直お父さんの影響だよね。
「何か変わった?」
「んー、ツインテールの人が何か言った気がするけど、あんまり聞き取れなかったよ」
「そう……。こなた、あとで行きたいところがあるんだけど、付き合ってくれる?」
「別にいいけど、どこいくの?」
「内緒」
「えー、教えてよ~」
「行けば分かるわ。きっとね」
「?」
 思わせぶりなお母さんに、首をかしげる。言い方からすると私が知っているところだと思うけど。
 そんな疑問を感じながら、私は朝食をすませた。



「こんにちは」
 クリスマスイブの今日、私はつかさ、みゆきと一緒にこなたの病室へお見舞いに来ていた。
 こなたは、三ヶ月ほど前に交通事故に遭い、それ以来ずっと眠ったまま。容態は安定していて、いつ目が覚めるかは本人次第らしい。
「やあ、みんないらっしゃい」
「こんにちは、そうじろうさん。お花持ってきたので替えてきますね」
「ああ、いつもすまないね」
「いえいえ」
 事故の後、みゆきは毎日のようにこの病室へ通い、いつの間にか、こなたのお父さんのことを『そうじろうさん』と呼ぶようになっていた。
 ……セクハラとかしてないだろうなこの人。
 そう考えていた時、不意におじさんと目が合った。
「や、かがみちゃん。さすがにおじさんもTPOぐらいはわきまえてるよ」
「そう願います」
 視線の意味に気づく辺りがまた危ないと思うのは私だけだろうか。
 数分後、帰ってきたみゆきの手に抱かれていたのは、三色の花を生けた花瓶。
 青色、すみれ色、桃色。みゆきはいつもこの色を揃えて持ってくるらしい。私たち四人をイメージしたと言っていたこの花を。

「あの、おじさん、これ私たちからこなちゃんにです」
「これは……」
「クリスマスプレゼントです。今年寒いからマフラーとか」
「そうか、うん。ありがとう」
 今日来たのは他でもない、このクリスマスプレゼントを渡すためだ。
 三人で一つずつ。ウインターニットとマフラー、そして手袋を持ってきた。今年の冬は一段と寒い、だから必要になるだろうと思って、そうなることを願って。
「よかったな、こなた。早く起きないと、次の冬までお預けになっちゃうぞ」
「そうよ。っつか、そんなんじゃコミケも行けないわよ。……付き合ってあげるのはいいけど、代わりに行くのはごめんだからね!」
「わ、私も行くから!」
「お付き合いします」
 聞こえてるんだか聞こえてないんだか分からないけど、なんとなく、こなたが少し笑ったように見えた。



 電車に揺られ、バスに揺られ、私がたどり着いたのはどうやら学校だった。
「りょうおう、がくえん?」
「ええ、陵桜学園よ」
「ここって……お母さんの母校とか?」
「……いいえ、違うわ」
「じゃあ、ここって何?」
「こっちよ」
「え、ちょ、待ってよ、お母さん」
 お母さんは何も言わず校舎へ向かって歩き出した。
 誰もいない学校。確かに今日は休みだけど、ここまで人がいないものだろうか? なんで、門が開いているのだろう? なんで、お母さんは私をここへ連れてきたのだろう?
 そして、なんで私は、ここに見覚えがあるんだろう? 通る廊下も、上がる階段も。まるで、通いなれた場所のような……。

 お母さんは、ある教室の前で止まる。見上げると、プレートに『3-B』と書かれていた。
「ここよ」
 ガラリ、と扉を開ける。ふと、懐かしさを感じた。
「私、ここ……」
 知ってる。確かに、ここを知ってる。
 私はここで……そうだ、あの人たちと。夢で見た彼女たちとここで。
「こなた」
 お母さんが、そっと私の手を握り、問いかける。
「かがみちゃんが言ったこと、本当に聞こえなかった? あなたに何を伝えようとしたか、わからなかった?」
 かがみちゃん? かがみ……あのツインテールの人のことだ。わかる。
『早――こな――』
「う……」
「よく思い出して、聞こえていたはずよ。かがみちゃんだけじゃない、みんなの声も」
 頭の中にあの夢の光景が広がる。
 あの人がいったこと、かがみが私に伝えたこと……。
『早く帰ってきなさい、こなた』
「っかがみ!」
「……思い出したのね?」
 そう。私が見たあの夢の意味。
「みんな、私を待ってるんだね」


 つかさを助けたあの日、私は大怪我を負った。
「みゆきちゃんのおかげで一命は取り留めたけど、生死をさまよったあなたの精神、心は危険な状態にあったわ」
 そんな私を、お母さんが捕まえて、助けてくれたんだよね。
「でも今度は、それがあなたが目覚めない原因になってしまった」
 こうしてお母さんと出会い、お母さんというものを知り、
「あなたは、自分の記憶に鍵をかけた」
 目覚めてしまわないよう、私を呼んでいるみんなの事も一緒に。

「私自身、こなたと過ごせるのが幸せだった。それがいけなかったのかも知れない」
「ううん、私も同じだよ。だから、気付かなかった。気付こうとしなかった」
 お父さんと二人でも、寂しくなかった。それは本当。でも、お母さんが居たらとか、会ってみたいとか、思わなかったわけじゃないから。
「ごめんなさい、こなた。何もしてあげられなくて」
「そんなことないよ。月並みな台詞だけど、お母さんは私を産んでくれた。私が、かがみやつかさ、みゆきさんと、みんなと出会えたのは、お母さんのおかげなんだよ?」
「こなた……」
「私こそごめんね。せっかく会えたのに、私帰らなきゃいけない。またお母さんを一人にしなきゃいけない……」
「いいえ、こなた。お母さんは一人じゃないの。ずっと、こなたとそう君のそばに居て、見守ってるから。
言ったでしょう? 少しだけどこなたと過ごせて、本当に幸せだった。したくても出来なかったことがたくさん出来た。だから私は、幸せなの」
「……お母、さん……」
 涙が流れる。お母さんと別れるのが悲しい? お母さんと過ごせたのが嬉しい? きっと、全部。
 そっと、私を抱き寄せてくれるお母さんの目にも、涙が溜まっていた。
「大好きよ……こなた」
 こんな風にやさしく抱きしめてもらえるのが、どれほど幸せなことか、私は初めて知った。
 この温かさを感じられるのは、こうして会えるのは、話すことが出来るのは、きっとこれが最後だ。今のうちに、言えるうちに、言っておかないと。
「――お母さん、ありがとう。大好きだよ」



 神社の拝殿へ向かって、三人で歩く。私たちは、こなたのお見舞いを済ませた後、うちでクリスマスパーティをしていた。
 お互いにプレゼントを交換して、つかさが焼いたケーキを食べて。
 でも、やっぱり盛り上がらなかった。あいつが居ないから、こなたがいないと、寂しくてつまらない。
 そんな時、みゆきが『せっかくですから、御参りしませんか?』って、言ったのよね。
「あれ?」
「何?」
「どうしました?」
  少し前を歩いていたつかさが、声を上げる。
「ほら、あそこ」
 つかさが指差したのは私たちの前方。
 確かに、誰かが歩いている。あの子も御参りに? 背格好からして女の子のはず。服装はコートにウインターニットと……。
「……え?」
 おそらく、二人も同じことを思っているだろう。私たちは顔を見合わせ、その子の元へ走り出す。
 小さな背中に向かって、一気に走る。
 持ち前の足でいち早く追いついたみゆきは、その子を呼び止めた。
「待ってください!」
 その子が立ち止まり、まさかと思いながら、私はその名を口にする。
「……こなた?」
「みんなと、一緒に卒業できますように」
 そう言いながら、その子はゆっくりとこちらを振り向いた。
「って、お願いしに来たんだ」
 眠たげに、半開きになった目。左の目尻にある泣きボクロ。猫のような、いつもニコニコと笑っている口。それは間違いなく、
「こなた……っ」
 誰からともなく、私たちはそばへ駆け寄り、その小さな身体を力いっぱい、抱きしめた。
「馬鹿! 心配したんだから!」
「そうです! ずっと、ずっと待ってたんですよ!」 
「おかえり……こなちゃん、おかえり!」
「……ただいま」
 はっきりと、こなたはそう言った。
 ただいま。私たちが長い間待ち望んだ、その言葉を言った。


「こなた! 目が、覚めたんだな……」
 泣きながら喜ぶお父さんの姿が、どれほど心配をかけたか私に教えてくれた。
「ごめんね。心配かけて」
「いいんだ……いいんだ、お前が起きてくれただけで」
「うん……私ね、行くところがあるんだ」
 お父さんは、少しも考えず即答する。まるで、それがわかっていたように。
「ああ、行ってこい!」
 お父さんから渡されたのは、ラッピングされた赤い包み。
「もって行くといい。プレゼントだ、みんなからのな」
「……ありがとう。そうだ、私からお父さんにプレゼント」
「ん?」
 伝える。お母さんに頼まれた、あの言葉を。
『予想とは少し違ったけど、こなたを立派に育ててくれてありがとう。私はいつも、そう君たちのそばに居るからね』
「だってさ」
 唖然とするお父さんを尻目に、私は病室を飛び出す。
「行ってきます!」
 ドアを隔てて、声が聞こえてくる。お父さんの嬉しそうな声が。
「そうか、はは、そうか! かなた、お前が……。ありがとうな、かなた」
 私はそっと、その場を後にした。


「やっぱりつかさのケーキはおいしいね~」
「えへへ、たくさん食べてね」
「あんたよく食べれるわね。今まで何も食べてなかったのに」
 呆れたように言うかがみの顔は、笑っていた。
「いやぁ、つかさのケーキだし」
「どういう理屈だ」
「つかささんのケーキはおいしいですから」
 かがみだけじゃない。みんな笑ってる。つかさも、みゆきさんも、私も。
「まぁ、そこらの店のケーキなんて目じゃないのは確かね」
「かがみこそ、まだ食べるんだ。私来る前に食べたんじゃなかったの?」
「うるふぁいわよ!」
「お、お姉ちゃん」
「うふふ。まあまあ」
 楽しい。みんなと過ごすのが、すごく楽しい。みんなの笑い声が、とても心地いい。
 お返しをしよう。私を待っててくれた、大切な、大切な親友たちに。何が出来るかわからないけど、私に出来ることを、何か。
 私は幸せだ。こんなに想ってくれる友達が居る私は、お父さんとお母さんにあんなに想って貰える私は、きっと世界一幸せ。
 大好きなみんなが居るここが、


 ここが――私の居場所。


 end

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。