ID:7yaOWPU0氏 - かなた あうと ざ ふぉとぐらふぃ てぃーたいむ -

家事も一通り終わった昼下がり。ここからが本当の主婦の時間!ウダゴロこそが主婦の本懐!
 ………ごめんなさい、嘘です。ホントはお外に行きたいです。お買い物したいです。ガーデニングもやりたいです。
 でも、下手に外に出て近所の人にでも見つかったら大騒ぎだし。
 なんていうか、ぶっちゃけ暇すぎるんです。
「ただいまー」
 あ、そう君帰ってきた。私はいそいそと玄関に向かいました。これだけ暇だと、心のオアシスが家族に向いてしまうのもいたしかたないこと。今日はもう、変態チックな抱きつき方も大目に見ちゃいましょう。
「お邪魔します」
「お邪魔しまーす」
「…お、お邪魔します」
 …ってあれ?なんか女の人が三人ほど…え?ナニこのハーレム状態は?そう君ですよ?あなた達の真ん中にいるの、あのそう君なんですよ?
「…なにか誤解されてそうだけど、こなたの友達の親御さんだよ。そこでたまたま会ってね、ちょっとお茶でもと誘ったんだ」
 ああ、そういうことだったんだ。こなたのお友達の…ってことは主婦の方なんですか。みなさん暇なんですね。
「そこでぶっちゃける辺りが、こなたちゃんのお母さんって感じね…」
 あの娘の無茶苦茶なぶっちゃけ方と同じにしないでください…ところでそう君。
「なんだ?」
 お茶にかこつけて、人妻に囲まれてウハウハ…とか、考えてないよね?
「………まさか」
 思いっきり目が泳いでるんだけど。


- かなた あうと ざ ふぉとぐらふぃ てぃーたいむ -

とりあえず私はみなさんをリビングに案内した後、そう君の煩悩を断つために間接技地獄に沈めておきました。
「…そうじろうさん、生きてます?」
 髪の長い人が、苦笑いでそう君を覗き込んでます。大丈夫、そう君は頑丈だからこれくらい平気です。
「…いや、普通に死にそうなんだが…ってか、かなた…こんなサブミッションどこで覚えたんだ…」
 こなたに教わりました。それはもう手取り足取り、私が泣いて謝るまで。
「お前…またこなたと喧嘩したのか」

三人の方を紹介して貰いました。
 髪の長い方が柊さん。こなたのお友達の、双子の子のお母さんだそうです。そういえば目元があのかがみちゃんに似てるような…いえ、怖くなんかありませんよ?
 なんだか髪の毛がホワッとしてる方が高良さん。眼鏡の子のお母さんだそうです。
 そして髪がショートの方が岩崎さん。こなたとは関係ないそうですが、高良さんと一緒にいたところを拉致ら…もとい、誘われたそうです。
「いえ…私は帰るつもりだったのに、ゆかりさんに無理矢理連れてこられたから、拉致られたでもあってると…」
 大変ですね。
「ええ…いつもこんな感じの人ですから…諦めてはいます」
「もー岩崎さん。それじゃ、わたしがいつも無理矢理連れまわしてるみたいじゃないのー」
「…自覚…ないんですね…やっぱり…」
 なんだか苦労してるみたいです。
「かなたさん、一つ聞いてもいい?」
 なんでしょうか、柊さん?
「どうして私から思いっきり離れてるのかしら?」
 いえ…深い意味はないんです。あのかがみちゃんのお母さんだと思うと、どうしても身体が…。
「あの子は言い方がきついのよね…でも、ホントは思いやりのある子なんですよ?」
 そうですか。私を説教で泣くまで追い込むのも、思いやりですか。
「…え?」
 いえ、なんでもありません。

 しばらくお茶を飲みながら、他愛ないお喋りをしていました。
 それにしてもなんと言うか…みなさんお若くていらっしゃる。思わず敬語になるくらいに。
 柊さんなんて子供四人の母ですよ?見えませんよ?出るところも出てるし、羨ましいと言うより妬ま…いえ、そんなこと思っちゃいけませんね。
 私も見た目は若いですけど、不必要に若すぎてあんまり嬉しくありません。歳の話題が出て、「お若いですね」と言おうとして口を滑らせて「幼いですね」って言われた時のショックだったこと…。
 そんなことを色々私が思っていると、高良さんがじっとこちらを見ているのに気がつきました。
「…かなたちゃんって可愛いわねー」
 いきなりそんなことを言われて、私は思い切り飲んでいたお茶を噴出しました。そして、岩崎さんにクリーンヒット。すいません、すいません。ホントすいません。
「い、いえ。気にしないで…よくあることなので」
 …よくあるんだ。
「んーなんていうのか」
 目の前の惨状をまったく意に介さない高良さん。なんてマイウェイな人妻。
「見てて、萌えるわねー」
 人妻が変な言葉知ってた!
「こう後ろから思い切り抱きしめたいわねー」
 人妻の視点がなんだかそう君よりだ!
「高良さんにも分かりますか。かなたの良さが」
 そう君、食いつかないで!
「ええ、分かりますとも。そうじろうさんも良い人に巡り会えましたねー」
「はっはっは…貴女とはなかなか気が合いそうだ。どうです?今晩辺り二人きりで…」
「お誘いはうれしいんですけど…奥さん、後ろで凄い顔してますよ?」
「…え?」
 そう君、ちょっと頭かして♪

 コキャッ。
「…す…すいません…でした…っていうか…ちょっとした…冗談…」
 そう君の頚椎は折り損ねましたが、泡吹いて謝ってるので許してあげることにします。
「いや、頚椎って折れたら死ぬんじゃ…」
 大丈夫です岩崎さん。そう君は頑丈ですから、頚椎が折れたくらいじゃ死にません。
「…いや、それって人間じゃないんじゃ…もしかして、そうじろうさんも幽霊だったりしません?」
 いえ、そう君は普通の…え…そう君「も」?
「かなたさんって幽霊なんですよね?」
 自分でもたまに忘れますけど、そうです…っていうか岩崎さん、どうしてそれを?
「そうじろうさんが言ってましたから」
 そうくぅぅぅぅん!どうしてそういう事言っちゃうのぉぉぉぉ!こなたといい、どうして広めようとするのよ!噂が広まってゴーストバ×ターズとかス×ーパーとか来ちゃったらどうするの!
「…いや、来ないと思うぞ」
「あ、でも私のうちは神社ですから…よかったらお祓いします?」
 祓わないでぇぇぇぇ!
「ふふ、冗談ですよ」
 …心臓に悪い冗談はやめてください柊さん…親子揃って私をいじめるのですか…。


「…それでは、失礼しますね」
「お邪魔しました」
「ばいばい、かなたちゃん」
 一人、挨拶が間違ってます。
「ああ、良かったらまたいつでも来て下さい」
 ええ、来てください。出来れば岩崎さんだけで。
「ひどいわーかなたちゃん。私はかなたちゃんと仲良くしたいのにー」
 高良さん。そう思うならとりあえず「ちゃん」を取ってください。この際呼び捨てでも構いませんから。
「あ、じゃあ今度は御札持ってきますね」
 なにがどう「じゃあ」なんですか柊さん!?今の話の流れと全く関係ないですよね御札!?ってかマジで持ってこないで!
「ふふ、冗談よ」
 そう君、塩!塩持って来て!撒くから!
「お、落ち着いてください、かなたさん…」
 みなさんが帰った後、私は居間の床に倒れるように寝転びました。ああ、疲れた…暇してた方がマシだったかも…。
「そうか?結構楽しそうにしてたぞ」
 …そう君にはそう見えるたんだ…っていうかあんまり急に連れて来ないで。色々心臓に悪いから。
「はは、急に決まっちまったからな。同じ主婦の友達なんて、お前は作る間なかったからな。今から作ろうにも、外出れないんじゃ向こうから来て貰うしかないかないからな」
 …ねえ、そう君。
「ん、なんだ?」
 その言い方だと、最初から私の友達作るために連れて来たみたい。たまたま会ったんじゃないの?
「…あーそれは…」
 …肝心なところを誤魔化す癖は、昔と変わらないね。
「はは、三つ子の魂百までっていうからな」
 でも…ありがとう。そう君。
「ああ」
 ………で、最初からずっと構えてるそのカメラはナニかな?
「…さて?なんだろうな…」
 撮ってた?私とかみなさんとか。
「…黙秘します」
 そう君。手とか足とか逆にも曲がったら便利だと思わない?
「ひぃぃぃっ!?」



「…ねえ、お母さん」
 なに、こなた?
「お父さんがなんか動かない…ってーかなんかあちこち微妙に歪んでない?」
 気のせいよ♪

- 終 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。