ID:wvWHxoI0氏:かなた あうと ざ ふぉとぐらふぃ

 母親として一度はやりたかった事。それは娘の部屋の掃除!
 と、いうわけでこなたの部屋に来てるのですが…なんと言うか…学生時代のそう君の部屋が、こんなんだったかしらね…。


- かなた あうと ざ ふぉとぐらふぃ 娘の部屋 ―


 本棚にみっちりと詰められた漫画本。なんか男の子が好きそうなのばかりです。なんだか少女漫画とは、別の意味で可愛らしい女の子が描かれた漫画も多々あります。
 …なんか背表紙に18と言う数字が見えるのもある気がしますが…気のせいでしょう、あの子はまだ十七歳ですから。

 …というかそういうのって、普通布団の下とかに隠さない?

 こなたが使ってるパソコンの側には、ゲームの箱が山積みになっています。
 いわゆる積みゲーというやつです。それくらいは分かります。オタクな人の嫁ですから。
 それにしても凄い量です。こんなにやれる時間あるのかしら…まさか、勉強とか睡眠の時間削ってるんじゃないでしょうね?
 …冷静に考えると家でこなたが勉強してるところって、見たことない気が…いえ、きっと私の見てない時にやってるんです…多分。
 そして、積みゲーの箱の中にも何個か、18と書かれたキラキラしたシールが貼られてるのが…気のせいですよね。

 …あ、これこの前そう君の部屋で見たのだ…そっか…親子で同じゲームやってるんだ…そう君、そんなのこなたに貸し出さないでよ…。

 なんというか…年頃の女の子らしさの欠片もない部屋です。段々こなたが男の子じゃないかと思えてきました。
 …いや、もしかしたら私が勝手に女の子と思ってただけで、ホントは男の子だった?
 …でもセーラー服着てたし…まさか女装癖?
 ちょっと、確かめてみたほうがいいのでしょうか…。


 こなた、ちょっといいかしら?
「ん?なーにお母さん」
 少し確かめたいことがあるの。ちょっとそこに立ってみてくれる?
「いいけど…なにするの?」
 えーっと………グニッと。
「!?!?!?!?!?!?!?」
 ………………あ、付いてない…ってことは女の子で有ってたんだね…。
「な、ななななな………うわぁぁぁぁぁっ!!」
 あ、こなた!?…うわー、足速っ。
「…いや、流石にそこまで過激なスキンシップは俺でもやらないぞ…」
 ち、違うのそう君!そうじゃないの!
「…欲求不満?…俺を飛び越して娘に走るのはどうかと…」
 それも違うのよぉぉぉっ!!

 それから一週間、こなたは口を聴いてくれない上に、なんだか変質者を見るような目で私を…なんでこんなことに…ぐすっ。

 

 …あ、結局こなたの部屋の掃除してない。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。