ID:6JnLSAoo氏:二人は

「ん……」
 かすかに聞こえた水の音。額に広がる冷たい感覚に、彼女はそっと目を覚ます。
 見慣れない天井、ライトの明かりが、かすかに部屋を照らしていた。
「お目覚めですか?」
「みゆき、さん? ここは……」
「私の部屋ですよ」
 寝ぼけた頭で考える。どうして、私はみゆきさんの部屋で寝ているのだろう、と。
「倒れられたんですよ。泉さん」
「倒れた?」
「ええ。文化祭が終わって、気が抜けたんだと思います」
「そっか……」

 この日、文化祭でチアをやったメンバーは、打ち上げという形でみゆきの家へ遊びに来ていた。
 10人という大所帯も、みゆきの家であれば軽いもの。
 今まで、あまり話すことがなかったもの同士が、笑い合い、時間をともにしている。
 そんな楽しい時間もそろそろ終わり。そんな風に考えていた時、こなたは倒れてしまった。
 みゆきによれば、倒れたのは疲労と睡眠不足が原因で、特に心配はないらしい。
 こなたの父、そうじろうに車で迎えに来てもらおうかという話だったが、起こしてしまっては可哀相だと、みゆきは家に泊めることにした。

「ごめんね、みゆきさん。迷惑かけて」
「迷惑なんかじゃありませんよ。でも、あまり無理はしないで下さいね」
「うん……」
 静かな夜。二人はただ無言で、ゆっくりと、時間が流れていく。
 ふと、こなたはみゆきに聞いた。
「今、何時?」
「時間ですか?」

 こなたからは見えない向きになっている時計。
 背の違う二人は、その頂点で逢瀬をたのしんでいた。

「10時半ぐらいですよ」
「みゆきさんっていつも11時には寝るんだよね」
「はい。なのでもう少ししたら別の部屋で休ませていただこうかと」
「じゃあ、さ……それまで、あの」
 口ごもるこなたの顔は、心なしか赤くなっているように見える。
「何でもおっしゃってください」
「えっと、ね」
 これほどハッキリしないこなたを、みゆきは見たことがなかった。
 けれど、なんとなく。モジモジさせている左手を見て、なんとなく。
 みゆきは、その手を握ってみた。
「あ」
「お嫌ですか?」
「う、ううん。全然!」
「今はゆっくりと、おやすみになって下さい。こなたさん」
「うん、おやすみなさい……」

 こなたは目を瞑り、再び眠りに落ちていく、左手にぬくもりを感じながら。


「あれ……あ、そうか。泊めてもらったんだっけ」
 太陽の光とスズメのさえずりが朝を告げていた。 
 目を覚ましたこなたは、一つの違和感に気づく。左手が、まだ温かい。
 見ると、手をつないだまま、みゆきが眠っていた。
「もしかして、ずっと?」
 更にもう一つ。夜、目を覚ました時には気づかなかったこと。
「普通、ベッドから見えるように置くよね。時計って」
 あの時答えた時間は、たぶん。
「ありがとう。みゆき」
 スースー、と寝息を立てるみゆきの額に、自分の額を合わせつぶやく。

「ひぁ!」
 みゆきは素っ頓狂な声を上げ飛び起きた。
 当然だ。目を覚ましたら、目の前にこなたの顔があったのだから。
「ご、ごめん。起こしちゃった?」
「いえ。でも今、何を……」
「えーと。別に何もないよ。かわいいなーと思って」
「か、可愛いなんてそんな」
「寝顔がすっごく可愛かったよ」
「そ、それは泉さんだって!」
「へ?」
「あ……」
 顔を赤くし、うつむく二人。 
 形容しがたい雰囲気の中、みゆきは立ち上がり、こなたに言う。
「朝食、作ってきますね」
「あ、みゆきさん。私に作らせてくれないかな?」
「え? でも無理は」
「大丈夫だよ! しっかり寝たし、お礼もしたいし。ね」
「……わかりました。お願いします」

 
 相手を想い、想われる。

 二人は親友。
 
 笑いあうその姿は、家族のように。


「あらあら、妬けるわね。みゆき」


~fin~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。