ID:CFAWRVE0氏:天原ふゆきの休日

 天原ふゆきの土曜日は、桜庭ひかるの部屋を訪れることから始まる。

 ピンポーン。

 インターホンを鳴らすが反応なし。
 いつものことだ。
 合鍵で錠を開けて、部屋に入る。
 ひかるはベッドにだらしない格好で寝ていた。
「ひかるさん。朝ですよ。起きてください」
 ひかるの体をゆする。
「う~ん……休みなんだから、朝ぐらい寝かせてくれ」
「駄目です。不規則な生活は健康に悪いですよ」

 トースターでパンを焼き、丁寧にバターやジャムを塗っているうちに、ひかるが着替えと歯磨きを終えて食卓についた。
 二人で朝食。
 それが終わると、ひかるはごろごろと寝転がってBL本を読み、ふゆきは掃除機で部屋を掃除する。
 ひかるが寝転がっている部分以外は綺麗になり、ふゆきもソファに腰をかけホラー本を読む。
 ひかるがトイレに行った隙に、ひかるが寝転がっていた部分にも掃除機をかけておいた。

 お昼。
 昼食は、ミートソーススパゲティ。
 よくありがちなことだが、食べてる途中でミートソースが飛んで、ひかるの服についた。
「洗いますまから、脱いでください」
「これぐらいは大丈夫だろ?」
「駄目です。その手のシミは時間がたつと落ちにくくなります」
 ふゆきは、ひかるの服を脱がせて、洗濯機に入れた。
 乾燥まで全自動でやってくれる洗濯機には、一週間分の洗濯物が放り込まれたままになっていた。いくら全自動洗濯機とはいえ、スイッチを入れることまで全自動でやってくれるわけではない。
 ふゆきは、洗剤をきちんと計量して入れ、ふたを閉め、スイッチをオンにした。

 午後。
 ふゆきがもってきたDVDを、二人で鑑賞する。
 内容は、「本物」のグリム童話のアニメだ。
 かなりグロい内容のため、描写は省略させていただく。 
 DVDが終わったあたりで、洗濯物の乾燥が終わっていた。
 ふゆきは、洗濯機から洗濯物を取り出し、丁寧にアイロンをかける。
 その間、ひかるはまたBL本を読んでいた。

 夕食。
「今週も鍋ですか?」
「うむ。これが一番楽だからな。今日はゴマだれだ」
 ふゆきは、ゴマだれの容器を手に取り、消費期限を確認した。
 案の定、一年前だった。
「消費期限が一年前ですよ」
「まだ開けてないんだし、大丈夫だろ?」
「駄目です。買ってきますね」
 ふゆきは、近くのコンビニまで行き、ゴマだれを買ってきた。
 二人で夕食をとる。
「ひかるさん。お肉ばかりでは、栄養が偏ります」
 ふゆきが鍋から野菜を取り出し、ひかるの小皿に積み上げていく。

 夕食が終わると、ふゆきは食器洗いに取り掛かる。
 洗い終えた食器を食器乾燥機に入れれば、一日の終わりももう近い。
「夜更かししないで早く寝てくださいね」
「うむ」
「では、また明日」
 そういってふゆきが帰っていったあと、ひかるはBL本を読みながら夜更かししていた。



 なお、念のため申し添えるが、天原ふゆきは桜庭ひかるの親友である。
 断じて、通い妻などではない。

終わり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。