ID:ZHlr7Us0氏:祝ってやる

薄い雲から幽かな日差しが漏れていた。
虫の羽の音と小鳥の囀りが涼やかな秋の朝を告げている。
しかし、時折車の走る音がその合唱を台無しにしてしまう。

そんなある日の、ゆたかの部屋
「……ゆたか、朝だよ?起きて?遅れちゃうよ?」
声の主は紛れもなかった。
「……ゆたか、朝だよ?」
布団の中に顔をうずくませ、ゆたかは声にもならない声で彼女に答える。
「んんん…みなみ…ひゃ~ん……zzz」
ゆたかの意識はこの世とは別の所にあるようだった。
それでも声の主はゆたかへの声かけを止めない。
「……ゆたか、起きて……ゆたか……」

5分が経過しようとしていた。
そしてその健気な声かけも、遂に尽きようとしていた。

「…どうしても起きてくれない……そう……そんなゆたかなんて、もう知らない。
 ゆたかなんて……だいきら」
「ごめんね!みなみちゃん!」
ゆたかはガバッと身を越すと、枕元の携帯を手に取り、縋るように頭を下げた。
「良かった……間に合った……」
最後の一言を聞かずに済み、ゆたかはほっと胸を撫で下ろした。
アラームの切られた携帯のディスプレイに、みなみの画像が映し出されていた。
「おはよう、みなみちゃん。えへへ、お誕生日おめでとう」
壁掛けのカレンダーを見ると、12日だけが一際大きな赤丸で囲まれ、
そこにはーみなみちゃんの誕生日ーと可愛らしい丸文字が綴られていた。

その頃、岩崎家でもまた…
「いいもん、みなみちゃんの事なんか知らないんだから。いーっ」
「ごめんね!ゆたか!」
みなみは死に物狂い、と言わんばかりの勢いで目を覚ました。
汗塗れの手の中で、携帯の画面が元に戻っていく。
「……間に合った……心臓……止まるかと思った……」
待ち受け画面のゆたかはさっきのすねた様とは丸で違う、
はにかんだ笑顔をみなみに向けていた。
「……おはよう、ゆたか……」
今日は誕生日、ゆたか達を招いてパーティーが開かれる予定。
その事を思い、みなみの口元も綻んだ。

そして田村家では、
「ゆゆゆゆーちゃん!?いくらみなみちゃんの誕生日だからって、
 『プレゼントはわ・た・し』なんて、大胆すぎるっす!不純すよ!
 不純?いや、むしろ純?純愛故っすか!?で、ですがまだ未成年すよ、
 お2人とも、淫行条例に引っかかるっす!え?私もこい?
 いやいやいや、滅相もございませんっす!どうぞお2人で永久の愛をお結び下さいっす!」
ひよりは相変わらず腐った夢を見続けていた。

パティは夢の中でメイド服を着ていた。
「みなみ、お誕生日オメデトウゴザイマース!」
メイドの癖にメイドの使命を忘れ、コスチームチェンジだのカラオケだのダンスだのと、
1人陽気にみなみを祝うパティだった。

再びゆたかの部屋
ゆたかは机の上の包みを胸に抱いて、目を閉じた。
包みの中身はゆたかがせっせと編んだ手袋だった。
みなみの手が誰よりも冷たい、ゆたかは誰よりもその事を知っていた。
「みなみちゃん、喜んでくれると、嬉しいな」
外からそうじろうが呼ぶ声が聞こえる。どうやら朝ご飯らしい。
「はーい、今行きますー。…ん。早くみなみちゃんに会いたいな♪
 …あ、そう言えばインターネットでお祝いの言葉見たっけ。
 確か書き間違えだったらしいけど、
 へへ、みなみちゃん、祝ってやる!えへへへへ♪」

そんなこんなで1年4人組は、これから始まるイベントに胸をwktkさせるのだった。

みなみ「……おめでとう……私……くすっ……」

ーおわりー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。