○○リンガル

◎カガミンガル

こなた「かがみん、何かしゃべって」
かがみ「え?何、なんで?」
こなた「いやいや、とにかく何でもいいからさー」
かがみ「はあ・・・それじゃ、最近涼しくなったわねー」
こなた「んー何々・・・『暖め合いたいな!』うわーかがみん、変態だー」
かがみ「はあ!?何だそれ、っていうか何、その機械!?」
こなた「本日新発売の『カガミンガル』だよー。これでかがみんの本音がわかるんだよね」
かがみ「いや、有り得んだろ!つうかインチキか何かじゃないの、っていうか・・・」
こなた「『突っ込みどころが多すぎて困るわ』」
かがみ「ぐ・・・つうか、どこで売ってたのそんなの」
こなた「あーこれは流石にネットでね・・・あ、『こなたバージョンのが欲しい』うわーお」
かがみ「うわーおじゃねえよ!嘘っぱちだから!」
こなた「ふふーん、でも本当に欲しいんじゃないの?こういうのさ」
かがみ「要らないから!つうか、あんたよくこんなの探そうと思ったな!」
こなた「『私も後で調べとこ』」
かがみ「調べんわ!」


◎ツカリンガル

こなた「つかさ、何でもいいからしゃべってくれる?」
つかさ「え、うんと・・・お饅頭っておいしいよねー」
こなた「んーと?・・・『お饅頭っておいしいよねー』うん、そだねー」
つかさ「あれ、それ何?バウリンガル?」
こなた「まあそんな感じのやつ。つかさ専用だから、『ツカリンガル』ね」
つかさ「ツカリンガル・・・」
こなた「『ちょっと面白そう』ふふ、興味あるんだなー」
つかさ「うん、こなちゃん面白い物いっぱい持ってるよねー」
こなた「まあね~」
つかさ「ちょっと使ってみてもいい?」
こなた「『使いたいなー』はい、どぞ~って、自分の心の言葉しか出ないよ?」
つかさ「あ、そっか・・・」
こなた「『こなちゃんのをやってみたかった』うーん、ごめんねー。これつかさ専用だからさ」
つかさ「うーん、残念」
こなた「『残念だなー』まあ、そんなわけ。私のはもしかしたらかがみんが持ってるかもー」
つかさ「うん、ありがと、家に帰ったら聞いてみるねー」
こなた(つかさの場合言葉に表裏が無さ過ぎて、あんま意味ないな・・・)


◎コナリンガル

かがみ「おーっすこなた」
つかさ「おはようこなちゃん」
こなた「おーかがみんにつかさ、おっはー」
かがみ「そうそう、あんた昨日つかさにもアレ見せたんでしょ?」
こなた「ん?ツカリンガル?」
かがみ「うん、それ。それでつかさがさ、コナリンガルを持ってないかなんて
     聞いてきてさ、ほんと呆れたわよ」
つかさ「えへへー・・・」
こなた「ふふん、本当は持ってたりするんじゃないのー?」
かがみ「持ってないっつーの。私はまともな会話がしたいわ」チラッ
こなた「ふーーん・・・ふぅーーーん・・・」
かがみ「な・・・だから持ってないってば!ニヤニヤしながら近寄るな!」
こなた「そーぉ、そりゃ残念だねー」

かがみ(くそー堂々と見ることが出来ない・・・ポケットに仕込んでるのに・・・)
つかさ(『私を攻略してよー』かあ・・・。
     こなちゃんやっぱりお姉ちゃんのこと好きなのかなあ?)


-踏んでけ!茨の道-

こなた「と、言うわけで、あえて作ってみました『ミユリンガル』!」
かがみ「どういう訳か知らないけど、止めといた方がいいんじゃない?」
こなた「じゃーじょぶ、じゃーじょぶ…さ、みゆきさん、これに向かって一言どうぞ!」
みゆき「人気があるからって、調子に乗らないでくださいね?凡骨共」
こなた「『ハラショー、アミーゴ』………えーっと…かがみんや、これはどこから突っ込めばよろしいので?」
かがみ「…………知らん」


◎ヒヨリンガル

泉家にて
こなた「ゆーちゃん、今日ひよりんと話すときこれ使ってみて」
ゆたか「うん、でもこれ何?」
こなた「ひよりんの本音がわかる器械だよー」
ゆたか「そうなんだー、・・・って嘘ぉ!?そんなことできるの!?」
こなた「まあまあ、物は試しだよ」

学校にて
ゆたか「あ、田村さんおはよう!」
ひより「おいッス・・・あれ小早川さん、それ手に持ってるのは犬の通訳する器械じゃない?」
ゆたか「あ、これ?こなたお姉ちゃんが学校に持っていけって」
ひより「へえー」ジー
ゆたか「(えっと・・・?あ!『岩崎さん早く来ないかなー』?)
     みなみちゃんに用事があるの?」
ひより「ひょえっ!?いや、無いッスけど・・・つか、今それ見て言ったよね!?
     それ何の器械ッスか!?」
ゆたか「あ、これね、田村さんの本音がわかるらしいんだけど・・・」
ひより「うげえ!マジッスかそれ・・・」
ゆたか「ん・・・『普段すごい妄想してるのがバレたらやばい!』?」
ひより「ぐがっ!」
ゆたか「すごい妄想って、将来の夢とか?」
ひより「ん、んー・・・まあー、そんなとこかな・・・(ああやばい、すんごく汗かいてきた)」
ゆたか「『本当は二人の卑猥な妄想だけど』うーん、二人の・・・何て読むのかな・・・」
ひより「(ぬおっ!そ、そっか、何か言い逃れできるかも?)
     えっと、何て書いてあ・・・」
みなみ「『ひわい』と読む。ゆたか、この器械は・・・?」
ひより「げっ!い、岩崎さんどうもッス・・・」
ゆたか「あ、みなみちゃんいつの間に?えっとこれね、田村さんの・・・」
ひより「あああああああ!言わないで!やめてえええええええ!!」


◎ユタリンガル

こなた「やあそこの人ー」
男子A「ん、何」
こなた「このクラスの岩崎さんって人を呼んでくれないかなー。
     3 年 の 泉が呼んでるって言って」
男子A「は、はい。い、岩崎ー?泉先輩が呼んでるぞー」

みなみ「・・・どうしたんですか、泉先輩」
こなた「ほらみなみちゃん、ハッピーバースデーじゃん?これプレゼントー」
みなみ「知ってくれてたんですか・・・ありがとうございます」
こなた「いやー例には及ばんよ、それより早速それ使ってみよーよ」
みなみ「これは何なんですか?」
こなた「開けてからのお楽しみだよー。ささっ早く、ゆーちゃんが来ないうちに」
みなみ「ゆーちゃん・・・ゆたかのことですね。・・・あ、出てきた」
こなた「この前さあ、ひよひよの本音わかる器械をゆーちゃんが持ってきてたっしょ?
     これはそれのゆーちゃんバージョン」
みなみ「え・・・ということは、ゆたかの本音が見える・・・」
こなた「そういうこと。あ、ちょうどいいところにゆーちゃん」
ゆたか「あ、おはようみなみちゃん。こなたお姉ちゃんも」
こなた「おー、ゆーちゃんいきなりだけど、今日何の日か知ってる?」
ゆたか「うん、みなみちゃんのお誕生日だよね?」
こなた「うむ、そのとーり」
みなみ「ゆたかも覚えててくれたんだ・・・」
ゆたか「それはもう・・・もちろんだよー。それでね、私プレゼント用意したんだ」
こなた「おおーさっすがぁ」
ゆたか「そんなことないよー。はいみなみちゃん、これ。ハッピーバースデー!」
みなみ「・・・ありがとう」
ゆたか「中身は・・・家に帰ってから開けてほしいかな」
みなみ「わかった・・・あ、『ブラジャーが入ってるんだ♪』?」
ゆたか「!?」
みなみ「・・・先輩」
こなた「ん、んー、ごめんよぉみなみちゃん、んじゃお先!」
ゆたか「中身、わかるなんてすごいね・・・
     っていうか怖い顔してどうしたのみなみちゃん、あとこなたお姉ちゃんも?」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。