ID:FSp6WlWt0氏:私の心の中で

あいつがいなくなって、どれくらいたっただろう?
私の頭には毎日あいつの事ばかりだった。
でもあいつは、私の前からいなくなった。

あれは、突然だった。
いつもの用にお昼を食べようとクラスに行く。
「おーすってあれ?こなたは?」
「うん、今日はお休みなんだ。どうしたんだろう?」
「風邪でもひいたんじゃない?それかまたネトゲーのやりすぎでしょ」
私はその時、なんで、なんでもっと真剣にあいつの事考えてあげなかったんだらう。
今の私は、悔やむばかりだ。

私はこなたにお線香をあげた。涙が止まらなかった。
「なんで?なんで?こなたは死んじゃったの?」
私はおじさんに尋ねた。
「…こなたは、とても重い病気だったんだ。自分でも気付いていたみたいだった。でも、かがみちゃん達には言わないでくれって頼まれたんだ。きっと心配かけたくなかったんだろう」
私は何も言えなかった。
何で、何でこなたの病気に気付かなかったんだろう。
一番近くにいたはずなのに、私には何もしてあげられなかったんだろう。

それから私は家から出なくなった。
学校にも行かなくなりつかさやみゆきとも話さなくなった。
毎日、毎日こなたの事を考える。そして、泣く。
もう嫌だ。私もこなたの所にいこうかな…

私はこなたに逢いたくてしょうがなかった。
「こなた…今…いくからね…」
私はカッターを取り出して手首に近づけ、切りつけようとした。
その時、声が聞こえた。
(かがみ!何してんの!)
「え?こなた?こなたなの?」
こなただ!こなたの声が聞こえる!
「本当に…こなたなの?」
(そうだよ、あたし。こなただよ。かがみに逢いに来たよ)
「こなた!どうして私に言ってくれなかったの?私はそんなに頼りない?」
(ごめんね。でも、かがみに心配かけたくなかったんだ)
「こなた…」
(かがみは寂しがりやさんだからあたしがいないと駄目でしょ?でもあたしにはもう…)
「…」
(でもね、神様が今日一日だけかがみと逢ってもいいって言ったの。だからあたし、かがみに逢いに来たんだよ)
「こなた、ごめんね。私、気付いてあげられなくて。それで…それで…こなたは…」
(謝らないで。かがみは悪くないよ。あたしの病気はもう時間がなかったんだ…)
「こなた…」

私はこなたの優しさと自分のもうしわけなさでまた泣いた。
(かがみは泣き虫さんだね。ほらあたしの胸で泣いていいよ)
こなたは初めて姿を見せてくれた。
「ううっ…こなたぁぁぁ!!」
私はこなたの胸で泣いた。姿は見えるけど実体がない。
だけど、こなたが抱きしめてくれている気がした。
(かがみ、泣きすぎだよ…)
「だって、こなたが、こなたが私の前にいるんだもん。」
(あたしは悪者ですか!?)
こなたはそういうと私から離れた。
(そろそろ時間みたい…かがみ、あたし、上からずっと見てるからね。死のうなんて思わないでね)
「こなた…行かないで」
(それは駄目だよ。かがみはあたしの分も生きて。ね?)
こなたは私に笑いかけて言った。
「うん。また、逢えるよね?」
(あたしはいつでもかがみの側にいるよ…)
そう言ってこなたは消えていった。
「こなた…私の心の中で…生きて…」
私はそれから学校にも行く用になり、こなたのお墓参りにも行った。
そう、こなたは生きてるんだ。私の、心の中で!

終わり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。