ID:eDKbGas0氏:お姉ちゃんの失敗

 警察の取調室。机をはさんで向かい合う男女。事情聴取。
 刑事ドラマの取調シーンなんかでよくある光景だ。
 よくある光景と違う点がひとつ。ここで向かい合っている男女はどちらも警察官だ。

「まさか、同僚の事情聴取をすることになるとは思わなかったぞ、俺は」
「まさか、こんなことになっちゃうとはねぇ。いや~、お恥ずかしい」
「事件性が無いとはいえ、いろんな人に迷惑かけたんだ。お叱りくらいは覚悟しとけよ」
「そうだよねー。やっぱ、叱られちゃうよねー。はぁー」
「しかし、成実。オマエ、いったい何やってこんな事になったんだよ」
「いや、それがね。夕方にさー、従姉妹んトコに遊びにいったんだけどね・・・」

 ☆

「あっそびに来たよ~!!・・・って、あれ?」
「お、ゆいちゃん。こなたならまだ帰ってきてないぞ」
「ゆたかはー?」
「んー、確か、友達の家に寄ってくるとか言ってたなぁ」
「ありゃ。はずしたか」
「まあ、こなたの方はすぐ帰ってくると思うよ」
「ふむ。じゃあ、部屋で待ってようかなぁ・・・あ!?」
 ぴこーん!お姉さんひらめいちゃったよ!

 これは、前回失敗したこなたへのドッキリをリベンジするチャンスだね!!
 こういうこともあろうかと、いろいろ用意してあるのだ。
 作戦名は・・・“びっくり!こたつの中で血反吐を吐くお姉さん!”
 『死んじゃうよー』と助けを求めながら、口から血をだらり。
 これは成功しない訳がない!今度は前のようにはいかないよー、こなた!

 前回の教訓を生かし、こたつの中に隠れるのは、こなたが帰ったのを確認してからとする。
 さすがの私も、何十分もこたつの中に閉じこもるのはもうこりごりなのだ。
 適当に漫画を読みながら待つこと20分。どうやら標的が帰ってきたようだ。
「お父さん、ただいまー」
 こなたの声を確認すると、すぐにコタツに潜る。
 ふっふっふ。今日こそびっくりさせてあげるよ、こなた。
 エンターテイナーゆいちゃんをなめてもらっては困るのだ!

 こたつに潜んでから、5分・・・10分・・・なかなか来ないね。ふぅぅ、暑いよ~。
 今か今かと待ちわびて、さらに5分程たった頃、部屋に人が入ってくる気配を感じた。
 トタトタと近づいてくる足音を聞き、血糊を口に含む。準備万端だ。
 トスンと腰を掛ける音に続いて、いつもこなたが座る側から足が伸びてきて・・・よし、今だ!
「ばぁ~。お姉さん、死んjy」
「ひゃあっ!」
 バキッ!!
「うぎゅっ!!」
「きゃあっ!!」
 ツインテールの少女はすばやくこたつから出ると、逃げるように部屋から出ていく。
「あ。・・・ま、待って・・・」
 ううう、作戦失敗だよ。い、今のは確か、こなたのお友達の・・・か・・・あ、世界が白くなって・・・がくっ。
 反撃など予想していなかった私は、顔に一発いいのをもらい、こたつから這い出したところで力尽きた。

 ☆

 こなたの家を飛び出してから、無我夢中で走り続けた。
 どれだけ走っただろう、気がつくと見慣れぬ公園まで来ていた。
 体が走ることに疲れ、また、気持ちの方もだんだんと落ち着いてきたこともあって、足を止める。
 とりあえず目に付いたベンチに体をあずけ、まずは息を整える。
 そして、このような状況に陥る原因となった出来事を思い出してみる。

 ・・・おそらく、あの人はドッキリのつもりでコタツに隠れていたのだろう。
 言ってみれば、軽い冗談。私だって、幼い頃つかさに似たようなことをした。
 私はそれを、思いっきり殴ってしまった。
 それも、相手が血を吐くほど思いっきり。

「・・・どうしよう。こなたのお姉さんに、大変なコトしちゃった」
 そう。私が殴った相手は血を吐いて倒れてしまった。これはとても大変な事だ。 
 あまりに大変すぎて、裸足のまま逃げ出してきてしまったほどだ。
「・・・やっぱり、戻るべきよね」
 戻って謝るのが道理だ。それは理解している。しかし、戻るのが怖い。

 ―もし、あの人が死にそうになっていたら。或いは、死んでいたら・・・。
 もちろん、それがバカバカしい考えだというのはわかる。
 私が拳で殴ったくらいで、人が死ぬなんてことはありえない。
 さっきも考えたようにあれはたぶんドッキリ。単なる冗談なのだ。

 ―でも、もし、ドッキリなんかじゃなかったら?
 あの人は言おうとしていたはず。『死んじゃう』と。
 よくよく思い出してみると、あの人が血を吐いたタイミングは私が殴るより前だ。
 もしかして、助けを求めようとしていた?
 でも、なんでこたつの中にいたんだろうか?

「・・・どっちにしろ戻らなきゃ、ね」
 戻ってみなければ何もわからない。何も解決しない。
 意を決して立ち上がり、私は来た道をゆっくりと戻り始めた。

 ☆

「さっきの叫び声は、もしかしなくてもかがみだよねぇ・・・」
 悲鳴のようだったし騒がしかったけど、大丈夫だよね。もしかして“G”との遭遇?
 すぐにでも確認して助けてあげたかったが、今は手も目も放せない。 
 日々の宿題のお礼としてかがみに振舞う、特製プリンの仕上げをしているからだ。
 昨日の晩から準備をし、ついに今、製作工程は最終段階に入っていた。
 こなた特製ソースが焦げてしまわないよう、火加減と真剣勝負の最中なのだ。
 ま、何かあったらお父さんもいるしね。今は集中、集中っと。
 コンロの火とにらめっこをしながら、ソースをぐいぐいとかき混ぜる。

「ただいまー」
 あ、ゆーちゃんが帰ってきた。
 おっと、そろそろ火を止めなきゃ・・・ 
「きゃああああああああああっ!!」
「なっ!?ゆ、ゆーちゃん!?」
 かがみだけでなく、ゆーちゃんまで悲鳴を!?これは、ただ事じゃない!!
 私はすぐに居間へと飛び込む。お父さんも血相を変えてやってきた。
「・・・いったい、何が・・・!?」
 そこで私が見たものは、血を吐き涙を流しながら、ゆたかを抱えるゆい姉さんの姿だった。

 ☆

「なんで・・・?なんで、救急車がいるのよ・・・」
 重い足取りでこなたの家まで戻ってくると、玄関の辺りには救急車と野次馬。
 救急車が必要な事態といえば・・・いや、そんなまさか。
 遠巻きに様子を窺っていると携帯が鳴った。こなたからだ。
「もしもし!!かがみ!?かがみだよね!?」
「な、何よ。えらい剣幕じゃない」
「今どこにいるの!?大丈夫!?」
「べ、別に大丈夫よ。あんたの家の近くにいるわ」
「そう、よかったぁ。何も言わずにいなくなってるから、心配したよぉ」
「あ、・・・ごめん」
 こなたが私のことを心配してくれたのは嬉しかったが、今はそれどころではない。

 とりあえず、さっきから気になっている事について尋ねてみる。
「ねえ、こなた。きゅ、救急車が来てるみたいだけど?」
「うん・・・そうなんだよ。実はさ、ちょっと今、大変な事になっててさ・・・」
 大変なこと?やはり、あの人が・・・。
「まぁ、救急車はもう必要ないんだけど・・・。かがみ、落ち着いて聞いてね?」
 救急車が必要ない?それってまさか、あの人はもう・・・!?
 最悪の考えが頭をよぎる。
「・・・さっき、ゆーちゃんが帰ってきて見つけちゃったんだよね。ゆーちゃん、ショックを受けて倒れちゃって・・・」
「な、何を!?」
「えっ?かがみも見たんじゃないの?てっきり、それで出て行ったのかと・・・」
「わ、私のことはいいから!ゆたかちゃんは、何を見つけたの!?」
「あ、うん・・・こたつの中でさ、ゆい姉さんが死んd」

 聞きたくない単語が出てきた瞬間、思わず携帯を切ってしまった。
 詳しい原因はわからないが、状況から察するに、どうやら私が殴ったあの人は死んでしまったようだ。
 ゆーちゃんが倒れてしまうほどショックを受けるのも当然だ。帰ってきたら、姉が死んでいたのだから。
 やはりあの時、あの人は最期の力で私に助けを求めてきたのではないか。
 それなのに私は、救いの手を差し伸べるどころかとどめをさしてしまった。

「・・・ごめん・・・ごめんなさい・・・さよなら、こなた」
 再びこなたからの電話を着信して鳴りはじめた携帯は、私の手をすりぬけて地面に落ちる。
 そして私は、今の自分にふさわしい場所へと向かって、ふらふらと歩みを進めた。

 ☆

「こたつの中でさ、ゆい姉さんが死んだふりをし・・・って、あれ?もしもし?もしもーし?」
 その後、何回電話してもかがみは出てくれなかった。
 あまりの事態に呆れちゃったのかな?
 ゆい姉さんの悪ふざけのせいで、ゆーちゃんは倒れるは、救急車は来るは・・・。
 かがみが出て行ったのもゆい姉さんが原因なんだろうなぁ。
 かがみ、やっぱ怒ってるのかな。
 もしかして、これ以上関わりあいたくないとか思われてないよねぇ?

「ゆいちゃん、やっていい冗談と悪い冗談があってだね・・・」
「ごめんなさい」
 居間ではお父さんがゆい姉さんを説教している。
「ほんとにびっくりしたんだからね!もう!」
「反省してます」
 ゆーちゃんもご立腹だ。びっくりし過ぎて気絶までしてしまったのだから当然だ。

 ちなみに、救急車を呼んだのはゆい姉さんだった。
 ゆーちゃんの悲鳴で目を覚ました姉さんは、目の前でゆーちゃんが泡を吹いて倒れているのを見つけた。
 まさか自分のせいで倒れたのだとは思いもせず、悪い病気か何かで倒れたのではないかと考えたのだそうだ。
「心臓が止まっちゃうかと思ったよ!もう、しばらく口きいてあげないんだから!」
「悪気があったわけじゃないんだよー。許しておくれよー」
「簡単には許せないヨ。私もゆい姉さんのせいでソース焦がしちゃったんだからね!かがみにも呆れられるし・・・」
「ごめんってばー。頼むから、もう許しておくれよぅ」
「ゆいちゃん、謝って済む事と済まない事があってだね・・・」

 ゆい姉さんへの総攻撃が1時間近く続いたところで電話が鳴り、お父さんが席をはずす。
 説教が中断されたためか、ホッとした顔をするゆい姉さん。本当に反省してるのかなぁ?
「姉さん、後でかがみにもちゃんと謝ってよね」
「ううぅ。わかってるよぅ。迷惑かけちゃったからね」 
 ゆい姉さんに釘をさしていると、お父さんがバタバタと戻ってくる。
「ゆいちゃん、すぐに出かけるぞ!こなたもついて来なさい!」
「ふぇ?どったの?」
「かがみちゃんが、大変なことになってるらしい」

 ☆

「まったく、恥ずかしいったらないわ」
「まあまあ、かがみん。結果オーライってやつだよ」
「どこが結果オーライだっ!携帯も失くすし、最悪よ・・・」
「えー。でも、携帯は自分で捨てたんでしょ?」
「ああーもうっ!うるさいわねっ!!そうよ!だったらどうだっていうのよっ!?」
「ちょ。落ち着こうよ、かがみ。イタタ、痛いって。HA☆NA☆SE!」
「あ・・・悪かったわ。あんたにあたってもしょうがないのにね」
「ふぅ~、やれやれ。ま、気持ちはわかるけどネ~」
 何をどう勘違いしたのか、かがみは警察に自首した。ゆい姉さん殺しの犯人として。
 女子高生が警官を殺したと言ってきたわけだから、警察は一時騒然となったようだ。
 もちろん、すぐにゆい姉さんは死んでいないとわかって、かがみも開放されたのだが。
 今は、かがみの代わりにゆい姉さんが事情聴取をされている。
 警察が関係者からも話を聞きたいと言ったので、お父さんが別室で事情を説明することになった。
 それが終われば、かがみと一緒に帰る予定だ。

 かがみは自動販売機で買ったジュースを飲み干し、大きな溜息を漏らす。
「はぁー。なんでこんな事になったのかしら」
「うーん。あの時、電話で私の話を最後まで聞かなかったからじゃない?」
「・・・そうね。というか、常識で考えたらありえない話なのよね。どうかしてたわ」
「そんなに落ち込まなくても、いずれ笑い話になるって。」
「もう2度と思い出したくないわ、こんな大失態。誰にも話す気はないわよ」
「えー。もったいない。こんなネタはなかなかないよ?」
「人の人生の汚点をネタ呼ばわりすんなっ!」
「まま、帰ったら約束どおり特製プリンをごちそうするからさ。元気だしてよ」
「・・・その特製プリンに釣られて、あんたの家に行ったのが失敗の始まりなのよね。はぁー」
「むふふ。ダイエット中なのに甘いものに釣られ、あげく騒動に巻き込まれるかがみん、萌え」
「・・・もう、何とでも言うがいいわ」

 ☆

 翌日、私は我慢しきれず、この極上のネタをつかさとみゆきさんにしゃべってしまった。
 昨日の夜、かがみから誰にも話さないようにとお願いされ、了解していたにもかかわらずだ。
 この2人になら話してしまっても許してくれるだろう。そんな甘い考えをもっていたのだ。
 そして、そのことは大きな失敗だったと言わざるを得ない。

「ねえ、ゆきちゃん。さっきのお姉ちゃんすっごく怖かったね~」
「ええ。近くで見ていただけですが・・・私も・・・気を失うかと・・・怖かったです」
「・・・ガクガクブルブル・・・カガミサマ、ゴメンナサイ、カガミサマ、ゴメンナサイ・・・」
「どうしよう。こなちゃんが壊れちゃったよ~><」
「恐怖のあまりですね、わかります」
 結果として、私はリミッターを解除したかがみ様の真の怖ろしさを身をもって知る事となった。
 後で知った事だが、この後うかつにちょっかいを出したみさきちも、大変な目にあったそうだ。
 この日、陵桜学園には“柊狂暴伝説”が刻まれた。

 ☆

「あれ?こんだけいろんな人を騒動に巻き込んだんだから、私のドッキリって実は大成功じゃね?」
「成実。オマエ、長生きするよ・・・。とりあえず、顛末書はそのノリで書くなよ?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。