こなたの彼氏

(キャラ崩壊?注意)

――――――――――――――――――――――――

かがみ「こなたって、男に恋したらどうなるかしらね」
こなた「どういう意味だね、かがみんや」
かがみ「もちろんそのまんまよ。恋するこなたって想像できないし」
つかさ「あー、それわかるかも。こなちゃんって、いつまでもこなちゃんな気がする」
みゆき「つまり、今とあまり変わらないと?」
つかさ「うんうん。彼氏もこなちゃんと同じ感じで……」

・・・

こなた「あ~、もうすぐお昼だね」
男「そだね~。でもお腹空いてないし」
こなた「だよね~。後でいいよね」
男「いいよ。今はとりあえずバトル……」
こなた「ちょっ、ボールキャノン自重wwwwwwww」

・・・

つかさ「――…こんな感じ」
こなた「……つかさのくせに……」
みゆき「ううん……確かにその可能性はありますが、意外と恋に臆病なのではないでしょうか」
かがみ「ギャルゲとかやってるのに?」
みゆき「はい。ヴァーチャルのことだからこそ、現実の恋には奥手なのかもしれませんよ」

・・・

こなた「……」
男「でさー、そいつが言ったことがさ……」
男の友達「えー、マジで? ありえねー」

こなた「あ、あの、男く……」
男の彼女「男くーん♪」
男「お、おい! 学校の中で抱きつくなよ!!」
男の彼女「いーじゃん、恋人同士なんだし♪」
男「まあ、そうだけどさ……。……を? 泉、どうした?」
こなた「……ううん、なんでもない。邪魔しちゃってごめんねっ」
 
 
 
こなた「えぐ……ひっぐ……私の……意気地なし……!!」

・・・

みゆき「――…このような感じではないでしょうか」
こなた「……バッドエンドかよしかも……」
かがみ「いやいや、こなたはそこまで奥手じゃないわよ。私が思うに、積極的になると思うのよ。みゆきの話に出てた男の彼女みたいに」
つかさ「う~ん、そうかなぁ?」
かがみ「もしくは……ちょっと乙女らしくなるとか」

・・・

こなた「はい、オムライスできたよー」
男「サンキュー。いい匂いだな」
こなた「私特製のオムライスだよ。食べて食べて♪」
男「ああ。……ん、うまい!!」
こなた「ホント?」
男「ああ。やっぱりこなたが彼女で良かったぜ。こんなおいしい料理が毎日食えるんだから」
こなた「……料理が目当てなのかよ……」
男「っはは。ほら、あ~ん」
こなた「へ?」
男「お前も食えよ。あ~ん」
こなた「あ、あ~ん……/////」

・・・

こなた「かがみのが一番まともだネ」
かがみ「さすがのあんたでも恋したらこうなるでしょ」
こなた「……そういうことか……」
つかさ「ねえねえこなちゃん。こなちゃんは自分でどうなると思うの?」
こなた「へ?」
みゆき「そうですね。泉さん自身の予想も聞きたいですね」
こなた「そうだネ……私はみゆきさんと途中まで同じだと思う」
かがみ「へぇ。どこが違うの?」
こなた「んっとね、男君に彼女がいるのを知るでは一緒で……」

・・・

こなた「……男君の彼女……憎い……憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い……!!」
 
 
 
男の彼女「どうしたの? 屋上なんかに呼び出して……」
こなた「ちょっと……お願いがあってネ」
男の彼女「お願い? なんの?」
こなた「……死んで」
男の彼女「……え……?」

ドスッ!!

男の彼女「かはっ……!?」
こなた「あはは……! [ピーーー]!! 死んでしまえぇぇぇぇぇぇ!!!」
 
 
 
男の彼女「……」
男「おい、泉。話ってな――!!?」
こなた「来てくれたんだネ、男君」
男「おい、泉! オレの彼女に何をした!?」
こなた「死んでもらったんだよ。貴方を……私だけのものにするためにネ」
男「そ、そんな身勝手な理由で――」
こなた「やっぱり、この女が一番なんだ。でもそれも今日で終わりだよ。私だけしか考えられないようにしてあげる」

ドスッ!!

男「な……!?」
こなた「げほっ……ほ、ほら……私を、見て……? 血塗れになった……私……を……」
男「お、おい! 泉!!」
こなた「あ、はは……やった……こ、これで貴方は……私のモノ……あはは………あははははは……」

・・・

こなた「――…こんな感じで」
かがみ「ヤンデレも良いとこだろ……」
つかさ「…………(ガクブル」
かがみ「あぁもうつかさ! これこなたの冗談だから!!」
つかさ「だ、だってぇ……」
みゆき「泉さん。冗談にもほどがありますよ」
こなた「う……み、みゆきさんが珍しく怒ってる……」
かがみ「当然よ。つかさに謝りなさい」
こなた「うん……つかさ、ごめんね……」
つかさ「ううん……私が、真に受けすぎちゃったから……」
男「おーい、こなた先輩ー」
こなた「あ、男君」
三人『!!?』
こなた「どうしたの? こんなところに来て」
男「ちょ、屋上で一緒にお昼ご飯食べようって言ったの先輩じゃないですか」
こなた「あ、あー!? ご、ごめん!! すっかり忘れてた!!」
男「はぁ……いいですよ。明日は必ず来てくださいね」
こなた「ご、ごめんね。明日は男君の大好きなオムライス作って行くから……」
男「ホントですか? じゃあ朝ごはん抜いてきますよー」
こなた「そ、そんなには持ってけないよ……」
 
 
 
かがみ「……予想、みんな外れちゃったわね……」
つかさ「……うん……」
かがみ「……先、越されちゃったわね……」
みゆき「……ですね……」
かがみ「……まさか後輩が彼氏とは……しかもこなたの方が振り回されてるとか、予想の斜め上を行ったわ……」
みゆき「……落ち込んでいても仕方ありませんね。私達も頑張りましょう」
かがみ「……そうね! 私達も彼氏を作るわよっ!」
つかさ「うんっ!!」
 
 
 
こなた「はっくしょーん!!」
男「うわっ! せめて手を当ててくださいよ!」
こなた「う~ん、誰か噂してるのかナ?」
男「まあいいですけど。……でも、僕達付き合ってるんだからキスくらい……」
こなた(キス、か……。ファーストキスだけど、コミケの人員補給のためなら良いかな……)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。