サイバー☆ゆーちゃん 夏休みすぺしゃる

こなた「夏だッー!」
ゆたか「う、海だッー!!」
こなた・ゆたか「「全速前進DA!!」」
こなた「ふぅん」
ゆたか「……おねえちゃん、やっぱり恥ずかしいよぅ…」

こなた「さてさて今回のサイバー☆ゆーちゃんはいつもとちょっと違って夏休みスペシャルをお送りしちゃうよっ!」
ゆたか「忘れかけてたアノ人、コノ人…が、いっぱい出てきちゃうかもっ」
こなた「よって今回は小ネタ形式だけど、まとめる際はタイトル名でまとめて欲しいのだよ~」
ゆたか「それでは…えと…『サイバー☆ゆーちゃん夏休みSP』、始まります!」


<海とゆたか>
ゆたか「~♪」
ゆい「ゆたか、ゴキゲンだね。どうしたの?」
ゆたか「天原先生に頼んでね、日焼けできるようにしてもらったの」
ゆい(え!?日焼け…?サイボーグって日焼けできないんじゃ…)

ゆたか「実はね、身体の表面にフィルムを貼ってもらったんだ~」
ゆい「なるほど、この特殊フィルム…紫外線を浴びると色が変わるわけか!」


<海とみなみと闘争本能>
みなみ「海……」
―ザザザザザザ…
みなみ「……寄せては返し、ぶつかっては砕ける波…」
―ザザザザザザ…
みなみ「…岩場……」
―ザザザザザザ…ザッパーン

みなみ「闘争本能がみなぎってきたぁぁぁぁぁぁっ!!!!!」
ゆたか「え、ちょっ!?みなみちゃん、そこ岩場だよ!危ないよ!!」


<海とこなた>
かがみ「いやー、仕事が休みだからゆっくり海で泳げるわねー」
みゆき「そうですね。私も新品の水着を用意してきました」
つかさ「私も今日はお店休みだし、思いっきり楽しめるよー」
かがみ「…こなた…あんた23にもなってまだそれ着てるのか」
こなた「だってこの体型だしね…当面はこのままってことで☆」
かがみ(あんた本当に大人か?)
みゆき(私の胸、できるならお分けしたいですね…)
つかさ(ちょこぱふぇ~)
<海と日下部家>
あやの「うわぁ…どこもかしこも混んでるわね~…」
兄貴「こりゃ辿り着くのに精一杯だぞ~…」
みさお「はぁ、はぁ…暑っちぃよぉ~…もう我慢できねぇよ!」
―ガシャッ…バクンッ!!

あやの「ちょ、みさちゃん!?なんで胸のカバー開けてるの!?」
みさお「だって暑ちぃんだってヴぁ…」
―スルスル(←ホースを持ってくる音) バシャー

みさお「はぁ…こうするのが気持ちいいんだよなー」
あやの「みさちゃん!みさちゃんも一応女の子なんだからちょっとは恥じらいとか…」
兄貴「…んなことより、中のメカに直接水かけたりして大丈夫なのか?」


<海とゆい姉さんと部下とこなた>
ゆい「…あれ?浜田じゃんー!」
浜田「あっ…キャ、キャップ!?」ビッシィ
ゆい「そんな硬くならなくてもいいよ、せっかくの休日なんだからさぁ」
浜田「あ、はは、そうスよねー」
こなた「あ、コーラさん!」
ゆい「コーラ…って?」
こなた「だって浜田さんって、ガンダム00に出てくる『パトリック・コーラサワー』に似てるじゃん?」
ゆい「うんうん…あ、なるほど…だから『コーラ』か」
浜田「…」
こなた「というわけでコーラさん、コーラ買ってきてよ~」
ゆい「私はコーラサワー缶一本ね」
浜田「……(T_T)」
<海とマーティン家>
アルフレッド「できた…できたぞ!これぞ陸・海・空どこへでもいける超万能メカ!その名もスピードルフィン号…ふふふ、これで埼玉県警の『マシンY』にも勝てるぞ…」
パティ「DAD?浮かれてるトコロSorryデスケド…」
アルフレッド「…?」
パティ「…それでコナタたちのHolydayをドウするつもりデスカ?」
アルフレッド「いや…別に……」

<海と夕陽>
こなた「いやぁ、いろいろあったけど楽しい海水浴だったねー」
かがみ「すっかり焼けちゃったわねー」
みゆき「私は日焼け止めを塗ってきましたから、大丈夫ですね」
つかさ「カキ氷食べ過ぎた…」
ゆたか「…あれ?みなみちゃん、まだ岩場にいるよ…?」

みなみ「夕 陽 の バ ッ キ ャ ロ ォ ォ ォ ォ ! ! ! ! !」
こなた「なにやらお嘆きのようですな…理由は訊かないでおこう」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。