萌え☆死にストーリー:第1萌

―お祭り―

こなた「今回はゆーちゃんも初参加ー」
ゆたか「よ、よろしくお願いします///」

つかさ(さ、最強コンビだ……)
かがみ「じゃあ行きましょうか」

つかさ「お姉ちゃん帰るよ! 今回ばかりはガチで死んじゃう!」
かがみ「何わけわかんない事言ってんのよ、つかさが来たいって言うから来たんじゃない」
つかさ(あわわわわ、守らなきゃ! 私がお姉ちゃんを守らなきゃ!!)


―わたあめ―

こなた「お祭りと言ったら綿飴! もふもふ♪」

かがみ「うっ……」
つかさ(ちょ、いきなりかよー!?)

ゆたか「あ、お姉ちゃんちょっとしゃがんで」
こなた「え、こう?」
ゆたか「……」ペロペロ

ゆたか「えへ、ほっぺにわたあめが付いてたよ♪」
こなた「ちょ、恥ずかしいよ……///」

つかさ(なんというコンビネーションアタック! 私もやば――)
かがみ「…………」
つかさ「お姉ちゃん?」
かがみ「ん? ごめん、ぼーっとしてた」

つかさ(死なない……?)


―金魚すくい―

こなた「あ、これやってこー」
かがみ「私はまだ前のが生きてるからいいわ」
こなた「ちょ、まだ生きてたんですか……」


こなた「よーし、とぁっ! このぉっ! えぃっ……なかなか取れないなー」

かがみ「あぅ……」シュー
つかさ(こなちゃん何で一々そんな可愛い声を出すのかなー!)

つかさ「お姉ちゃんしっかり! まだ逝くには早すぎ――」
ゆたか「お姉ちゃんちょっと貸して、えぃっ」

ゆたか「ほら取れたよ♪」
こなた「おぉー、ゆーちゃん凄いね」
ゆたか「コツはこうやって……」

かがみ「……してんのよ」
つかさ「お、お姉ちゃん?」
かがみ「え、いや、何でもないわ……」
つかさ(あれー? なんかお姉ちゃん怒ってる?)


―かき氷―

こなた「皆でかき氷の早食いしよー」
かがみ「普通に食べなさいよ」
つかさ「頭が痛いねー」
ゆたか「……」シャリシャリ

こなた「ひゃうん!?」ビクビク
かがみ「ぶっ! ……どうしたの……こなた……」
つかさ(効果はばつぐんだ! って何いきなり変な声出すかなー……)

こなた「氷の塊が、浴衣の中に……取って……」
かがみ「うっ……」グラッ
つかさ(間に合わなかった……結局こうなるんだね)

ゆたか「お姉ちゃん、ちょっとごめんね」ガサゴソ
こなた「ひぁっ……ゆーちゃんもーちょい下……」

つかさ(やば……私ももうダメ……)グラッ

ガシッ

つかさ(あ、あれ? お姉ちゃん?)
かがみ「あのガキ……」ボソッ

つかさ(お、お姉ちゃん……顔が恐いよー……)


ゆたか「取れたよ」
こなた「はぁー、ありがとうゆーちゃん……なんか暑くない?」
ゆたか「あれー、かき氷が一瞬で溶けちゃったよー><」

かがみ「…………」メラメラ
つかさ(そっかぁ……そういう事だったんだね……)


―解散―

こなた「そろそろ帰ろーか」
ゆたか「そうだね、ちょっと眠いかも……」
かがみ「……」
つかさ「……今日は楽しかったねー♪」


こなた「じゃあね、かがみ。また学校で」
かがみ「おぅ、また……」


かがみ「ねぇ、つかさ……」
つかさ「何?」
かがみ「ゆたかちゃんってさ……じゃ――ごめん、何でもない。私たちも帰るわよ」
つかさ「うん……」

つかさ(お姉ちゃんにとって、ゆたかちゃんは邪魔かも知れないけど……ゆたかちゃんが居るおかげで、お姉ちゃんは死なずに済んでるんだよね。 でも、ゆたかちゃんのせいでストレスが溜まっちゃうんなら……お姉ちゃんにとってはどっちが幸せなのかな……)



みゆき「………………………………………………………………今日は質問が無く喋る機会がありませんでした。え? 居たのか? 酷いですね、ずっと居ましたのに……」
みなみ「私は……見ていましたから……」
みゆき「ありがとうございます、みなみさん」ナデナデ
みなみ「いえ……///」

みなみ(今回は沢山の人を萌え死にさせることが出来た……。目標達成値まであと少し……ゆたかと泉先輩が一緒に居ることで萌え力があんなに増すなんて……。これからも二人には頑張って欲しい……でも少しだけ、泉先輩が羨ましいな……)
みゆき「…………」


 先日、とあるお祭り会場にて男性数人が謎の死を遂げていました。
特にわたあめ・金魚すくい・かき氷屋の店主の死に方は異常で、かき氷屋の店主に至っては血溜まりが出来ていた模様。
死因は不明。


萌え☆死に

 

 第2萌に続く

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。