ID:eUScdjg0氏;第二回コンクール作品紹介

「だからさ、一度読んでみたらきっとハマるって!」
「うーん。勉強が得意なかがみにとっては面白いのかもしれないけど、文字ばっかりっていうはね」
「そんなのは思い込みよ。苦手だと思い込んでいるだけ。食わず嫌いなんて勿体無いわよ」
「あーそうだ。じゃあ、かがみが紹介してくれる?」
「へっ?」
「私に話のあらすじを語って、それで私が読みたくなったものだけを読む」
「……こなたが読まないのは私が悪いってわけね」
「そういうこと。もしかして、他人に上手く薦める自信がない?」
「ふん。やってやろうじゃない。だけど、読みたくなって読んだ場合はちゃんと感想を言いなさいよ!」
「はいはい。読みたくなったらね」


エントリーNo.5:「久遠の想い」 ID:UzEzu8MC0氏
「まずはコレよ」
「あれ、順番どおりにやらないんだ?」
「そんなの私の勝手でしょ。この話はね、母親を失くした子供と父親のやりとりから始まるの」
「父子家庭? 私と同じだね……」
「そうね。そこから場面は過去に飛ぶ。五年前、私が愛する人を失った日へと」
「愛する人って、誰?」
「そこまで言っちゃったら、あんたは読まずに満足しちゃうでしょ。短い話だから続きは自分で読みなさい」
「むう……」


エントリーNo.6:「あたたかな世界」 ID:mTS9jeam0氏
「ところで、あんた携帯を使って読む?」
「いや、パケット代が勿体無いからパソコンで読むけど」
「それなら問題ないわね」
「?」
「この話は誕生日らしく、プレゼントについてよ。何を贈るべきか一所懸命に考える、ほのぼのとした話」
「ああ、結構悩むよね。誰が主役で、誰に贈り物をするの?」
「ゆたかちゃんが主役で、相手はみなみちゃんよ。ちなみに百合じゃないからね」
「……最後に注釈をつけるあたり、かがみにもオタクとしての素養があるってわかるよ」


エントリーNo.12:「感謝のカタチ」 ID:SAdzvfkZ0氏
「こなたの両親が結婚をする以前の話ね。恋人にギャルゲーを買いに行かせる男の物語でもあるわ」
「そんな悪意のある言い方をしなくっても……」
「あんたが同じことをしそうだからよ。言っておくけど、誕生日プレゼントに希望しても絶対に断るからね」
「うむむ。今度の誕生日には、かがみにエロゲーを買って来てもらおうと思っていたのに」
「蛙の子は蛙か……。死んでしまった人の話だということを差し引いても、感動できるいい話よ」
「かがみん。安易に『感動』と言わずに、別の言葉に言い換えて褒めてこそ、良い感想じゃないのかね?」
「悪かったわね。そこまで言うのなら、あんたが代わりに表現しなさいよ」
「えっと、まあ、気が向いて読んだらね……」

「――っと、ごめん。つかさに連絡しとかなきゃいけない事を思い出したから、中断するわね」


エントリーNo.4:「紡いでいく二人のライトノベル。~白石は俺の嫁~」 ID:5C3c+zXY0氏
「ごめんごめん。遅くなっちゃった。もう電話は終わったから――」
「……ニヤニヤ」
「ちょっと、あんた。除けておいた一つを勝手に読んだでしょ!」
「かがみは私に読ませようとして頑張ってるんでしょ? 私が自発的に読むのは良いことじゃん」
「そうじゃなくて。それは恥ずかしいから、薦める予定に無かった話で」
「いやあ、青春だね。かがみ」
「だ、だから。これは読まなくていいから。っていうか忘れなさい。ほら、次の話にいくわよ」
「ニヤニヤ」


エントリーNo.1:「ダブルインパクトな誕生日」 ID:H5Cf3uqe0氏
「この話はね。つかさの誕生日をこっそり祝う計画があるのに、私も同じ誕生日だと気づいてもらえない……」
「か、かがみ?」
「でも、もしかしたら誰かが気づいてくれるかもって思ったのに。何も言ってくれなくて」
「泣かないでよ。わけわかんないって。双子だって知ってるのに、誕生日が違うと思うわけないじゃん」
「そういう無粋なツッコミは入れないの。まあ、そこを無視できない人にも楽しめる部分はあるわよ。きっと」


エントリーNo.7:「仮想と現実」ID:RpQnqcfK0氏
「とある男の子が、こなた達と一緒にネットゲームで遊ぶ話ね。私達は敵キャラとして出るくらいかな」
「ツンデレ女帝とか、ツインテール怪人みたいな感じなのかな。……あれ。誕生日とまったく関係ない話?」
「そう思うでしょ。だけど、ギャグだけじゃないのよね」
「ああ、わかった。主人公の男の子が白血病とかで死んじゃうんだ。それでアイテムを仲間に託すとか」
「なんでよっ! まったく。そうやって悲劇ばっかり想像するのはやめなさいよね」


エントリーNo.10:『黒井先生妄想ネタコンクール参加作品編 ~主人公は俺~』ID:eb3vbgbx0氏
「タイトルどおりwwwwwww主役はwwwwwwwwオリジナルのwwwwwwww男の子よwwwwwwww」
「ちょっ。なぜ、w連打を」
「あ、感染しちゃってた。まあ、今のでわかってもらえたと思うけど、あんたみたいなノリで進む話よ」
「失礼な。ネット上はともかく、普段はそこまで暴走してないよ」
「別に悪い意味じゃないわよ。無茶苦茶だからこそ引き立つものもあるんだしね」


エントリーNo.3:「柊かがみのほにゃらら」ID:hvDqVhiC0氏
「好きな子を虐めちゃうってこと、あるじゃない?」
「あー、うん」
「それで、この話はあんたが私をいじめる話なのよ。レズ呼ばわりしてきたりね」
「う、うん。だから?」
「つまり、私を愛しているから虐めるのか、単純に嫌いなのか。二通り。50%の確率であんたはレズ!!」
「いや、その理論はおかしいって」


エントリーNo.8:『約束の味!ご愁傷様白石くん』:ID:ASc7a9350氏
「つかさと白井っていう男子生徒がこの物語のメインよ。この二人って偶に恋人にされたりするわよね」
「かがみ、名前間違えてる」
「あれ、力石だっけ? まあいいわ。この話も主人公が虐められるわけよ」
「セバスチャンがどうしてそんな扱いに……。愛情の裏返しの可能性があっても、虐めとかやめようよ」
「私に言わないでよ。まあ、自業自得なんじゃない? 妹につく毒虫は、早めに排除しておかないとね」


エントリーNo.9:『半分の誕生日パーティ』:ID:dOQrjgxw0氏
「わかる人には、冒頭の数行だけですべてが理解できてしまうかもしれない。そんな話ね」
「私にはわからなかったな」
「そう?」
「うん。わからない。わかるはずがないよ。わかりたくもない」
「……こなた。最後まで読むつもりはないの?」
「当たり前じゃん。こんなタイトルなんだよ。この先の展開なんて、読まなくても私にだって想像できるよ!」
「だけど、それはあくまでも可能性よ。自分で結末を確かめるまでは憶測でしかない」
「かがみは、かがみはどうして読めたのさ。自分の妹の話なのに」
「なのに――じゃないわ。妹の話『だから』よ」
「どういう意味……」
「だって私が見捨てたら、絶望の可能性だけで終わっちゃうじゃない。だから救いがあることを祈って読んだ」
「そんなこと、言うほど簡単にはできないよ」
「そうね。もちろんそうよ。でも、結末まで諦めなければ、いつかは。それは別の物語でかもしれないけれど」

「救いにたどり着ける日が必ず来る」


エントリーNo.2:「注意!誕生日はフラグ乱立イベントです」ID:kXzSvsjl0氏
「なんだか恥ずかしい話をしちゃったわね。えっと次は……。あ、ちょっと待って」
「どうかしたの?」
「いや、これをあんたに薦めるのはまずい気がして」
「なになに? かがみと私の百合? 読むよ?」
「あんたねえ……。どうして、からかう事のできるネタにだけは飛びついてくるのよ」
「かがみを好きだからに決まってるじゃん(変な意味じゃなくて)」
「そ、そうなの? じゃあ、読みなさいよ」
「うん(なんだろう……この感じ。すごく嫌な予感がする)」
「あのね、読みながらでいいから聞いて」
「うん?」
「実はね。今日はこの家に誰もいないの。つかさも含めてみんな、旅行や友達の家に泊まりに行ってるから」


エントリーNo.11:「エイプリル・バースデイ」 ID:pgKevKsj0氏
「……もうこんな時間か。そういえば、紹介する作品が一つ残ってたわね。
 四月に誕生日がある人は一人いるけれど、これはその人の話じゃないのよ。
 じゃあ、何かっていうとエイプリルフール。『嘘から生まれた誕生日』ってわけ。
 直訳とは違ってしまうけれど、たぶんそんな感じでこのタイトルになったんだと思うわ。
 時期としては私達の卒業後、大学に入る前の準備期間ね。
 誰の誕生日でもない日の話だけど、『誕生日』というテーマを一番生かしている物語だと思うわ。
 とても静かで、寂しい感じがして、とても優しい。
 突然の転校だとか、誰かが死ぬとか、大きな感動の物語じゃないのよ。それなのに、なぜか忘れられない。
 桜の花びら舞うのを見て綺麗だと感じるように、心の中に何かが残る。
 ねえ、聞いてる? こなた。私達、この物語のような関係でいられるかな?」

「――って。どうして寝てるのよ」
「うーん。かがみ……もう勘弁して」
「何言ってるの。作品紹介も終わったんだから、さっきの続き――じゃなくって、あんたが読む番でしょ」
「そんな気力は残ってないよー……」
「仕方ないわね。そんなに疲れているなら、私が気力を回復させてあげるわよ」
「ひっ! つかさ、みゆきさん。お父さん。誰か、たす……け……て……」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。