ID:eN5qnJQ0氏:怪しいバースデーメッセージ大作戦to-

「ただいま~、て、みんな留守か。…あん?」
みさおは家の戸を開けるや、新聞受けに挟まる1枚の紙を見つけ、
それを引き抜いた。『みさお様へ』と書かれ、二つ折りにされた
その紙を開いて見るや、みさおは驚愕した。紙の内側にはおびただしい数の文字、
新聞やチラシから切り抜かれた文字が貼られ、それはさながら、
TVドラマやドキュメンタリーで見る強迫文の様であった。
「何だよ…これ…」
大小様々な文字のその出だしを見て、
みさおはこれが自分宛ての物であると再認識した。


ー背景(笑)日下部みさお様ー

みにくいアヒルの子、日下部みさお様、あんたの
ささくれた翼では、自由に飛び立つことは出来ない。
おまえは一生地面に這い蹲って生きるしかないのだ。
さげすまされながら、無様に地め
んをのたうち回る、アヒル、いや、むしろ蟲だ。
おとぎ話の様な願いを叶えてくれる魔法使い、白馬の王子様なんていやしない。
ただ死ぬまで背景として裏の裏で生きるのが、お前のさだめ。いつまでも、え
んえんともがけ、浅ましく汚らわしいう
じ虫よ、醜い醜い蠅の子よ
ょっつの足でゴミの中を這いつく回れ。
うめけ!叫べ!泣きわめけ!そして産まれてきた事をわ
びろ。親に、辺りに、世界の全てに!
お前の、お前の現実は何だ?
めだまをかっ開いてよく見て見ろ
でたらめな友情、うそっぴちな絆、表面だけの関係、
とても見れたものじゃないだろう?そもそもおまえわ
う・そ・で・す♪ここまで読んで下さって
ごくろう様です。
ざっと見た感じ酷いですよね、僕は止めたんですけど
いっこうにXXX様、折れてくれなくて、しょうがないので後半は改変しちゃいました。
まことに申し訳ない。
すべてはジョークだと思って笑って流して下さい。いやほんと、申し訳ないです。


貼られた文字はこれで最後だった。
最後の辺りはそう記されている通り、貼り直しの跡がまじまじと見受けられたが、
気味の悪さをぬぐい去るには至らず、みさおは顔をしかめ続けていた。
「…何だよ、これ、新手の嫌がらせ?ストーカーか?わけわかんねー」
みさおは紙をくしゃくしゃにすると、心配そうに辺りを見回しながら、
逃げる様に家の中へと入って行った。

 

みさお宅より少し離れた場所に、みさおの姿を見つめる2つの影があった。
ばれないように物陰に潜み、みさおの反応を確認する、2人組。
「やっぱりマズいですよ…」
「ああん?私の『怪しいバースデーメッセージ大作戦』にケチつける気!?」
「最悪警察呼ばれちゃいますよ?最近色々あるみたいですし…」
「警察?上等じゃない!そんときゃそん時でもっと盛大に祝ってやるわよ!」
「盛大にって…あれ?…窓から顔出して
 …やば!あきら様!俺達見られてますよ!」
「嘘!?…あっ、…なんか手振ってる…右手に…何持ってるんだろ?
 白石、あんた双眼鏡持ってたわよね?」
「…ちょっと待ってください?ええと……画用紙?じゃない、あれは、ホワイトボード?
 何か書いてありますね。ふむふむ?
 『メッセージ…さんきゃー!夕方から誕生日会やんだけど、こねーか?』
 …あ、メールも来てる…。僕達、誘われてるみたいですね。
 あきら様、どうします?やんわり断りますか?」
「誕生日会…誘ってくれてるの?」
「ええ」 「私と、あんたを?」
「みたいですね。文面的に」 「あんた、これから仕事?」
「今日はオフですよ?だからこうして一緒に」
「…白石、今から買い物行こう…」
「へ?ショッピングですか?あきら様人使い荒いからな~(小声)」
「なわけねーだろ!誕生日プレゼントだ!誕生日プレゼント買いに行くの!
 誘われてるんだからプレゼントがなきゃ示しつかないでしょ!
 それに…一応謝らないと…。善は急げ!白石、メール返しといて!」
「あ、あきら様?…」 「♪~♪」
白石はメールを速打ちし、満面の笑みで先を急ぐあきらのその後を追うのだった。
そんな2人を窓から微笑まし気に見送ると、みさおはカレンダーの日付を確認し
そしてこれから始まるパーティーに、胸をときめかすのだった。

「みんな早く、来ないっかな~♪」

 


そしてみさおは…目を覚ました。
「あれ……?……夢?」

7月21日、朝、今にも雨が降りそうなほどに空はどんよりと淀んでいた。
でも、みさおから溜息は漏れなかった。
むしろみさおの心は太陽よりも熱く、滾っていた。
机に並ぶプレゼントを見てはにんまりと口歪ませ、
昨日のパーティーを思い返せば、例え雨が降っても、
それは雨の神様からの祝福に他ならないと、そう思えて仕方のないみさおだった。
「…あいつらも…結構良いヤツらだよな」
飛び入り参加者2名からのプレゼントを見て、みさおは呟く。
1つは可愛らしいぬいぐるみ兼オルゴール、
オルゴールの曲はみさおのお気に入りの曲だった。
みさおはそれを手に取り、背中のネジを回す。
するとぬいぐるみはゆっくり身体を揺らし
曲を奏で始めた。動のみさおに対して静のぬいぐるみ、
『私には似合わない』と思いつつも、
みさおもまた自然とぬいぐるみに合わせ、身体を揺らし始めるのだった。
もう1つは『あいつには似合わねーよ』と言わんばかりの大きな花束だった。
「告白じゃないんだから」と周りからも突っ込まれた彼からのプレゼントは、
『こりゃ、あやの向きだな』そう思いたくなるほどの艶やかさを誇り、みさおの部屋に
異形の彩りを添えていた。みさおは花々の放つ芳しい香りに、違和感を覚えていた。
ぬいぐるみがあって綺麗な花があって、この部屋がまるで
他人の部屋の様に思えてしまう。不思議な違和感、心地の良い不可解な違和感。
ベッドの上にちょこんと座り、みさおは曲が終わるまでそんな違和感の波に身を委ね、
そして静かに心を潤せる。

 

「…うん、良い曲だ……んぐぐぐぐー!」
オルゴールの演奏が終わり、みさおは余韻に浸りながら背を伸ばす。
窓の外は、相変わらずの曇天模様。
「こんな日は部屋でゆっくり読書ってのも、悪くねーかもな」
よっ!とベッドから跳ね起き、みさおはクローゼットの前へとやってきた。
その戸を開けて、いつもは無縁の引き出しから1着のワンピースを取り出し、
それを身に当て、姿見に写してみる。
「こんな服なんて着てさ」
誰が見ても絶対からかう、そうに思えてならない淡い水色のワンピース、
親が無理矢理買ってきて、「たまには女の子らしい格好でも」と言われ、
渡されつつも、試しに一度来たきりでそれきりの、不遇の代物であった。
「お茶の時間には紅茶なんか飲んだりとか」
鏡の中のみさおは、みさおが思っている以上に少女然としていて、
本当に上品な振る舞いが出来たら、どこぞの令嬢と見間違われるのでは?
等と一瞬思ったが、みさおはすぐに正気を取り戻した。それと同時に
気恥ずかしさがこみ上げ、みさおの頬は急に赤味を増していく。
「なはは、まあ、こいつは、ITの私、ってヤツだな。…あれ?ifだっけ?ま、いっか」
ワンピースを仕舞い、シャツとハーフパンツに着替え、みさおはもう一度背伸びをする。
「そもそも読書ったって、漫画しかねーじゃん」
はははと笑いながらもう一度伸びをし、花の香りを嗅ぐ。
「…悔しいけど…いい臭いだよな…」
今度は自嘲気味に笑み、頬を平手打ち、よし!と気合いを入れ、
「帰ってきたら、まとめて面倒見てやりますか!」
みんなからのプレゼントを見やる。
みんなの気持ちがエネルギーの奔流となって、みさおの体内を暴駆する。
みさおは今や、メルトダウン寸前にまで追い込まれていた。気持ち的に。
その高揚した気を放出させんと、みさおはひそり部屋を抜け、一路玄関を目指す。

午前5時、日下部家玄関前。
涼やかな風がみさおの肢体を撫でてゆく。
晴れる兆しは見れないものの、みさおの心は清々しさに満ちていた。
哮るこの気持ちを解放するには、これしかない。

ー猪突猛進ー

みさおは大きく息を吸い、そして懇親の力で大地を蹴り上げた。
エネルギーの爆発、もし見える人が見たら、みさおの全身から
真っ赤なオーラの迸りが見えただろう。血の様な炎の様な、
そしてマグマの様な、それはどんなに距離を走らせても衰える事無く、
みさおの全身から噴き放たれていた筈だ。
みさおは走り続ける。力の限り、滾る心のある限り!

そしてみさお!誕生日おめでとう!

~終わり~

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。