ID:cW1PU3w0氏:苦悶のこなた

朝。凄く憂鬱。
私、何でこの車両にいるんだろ?
他にもあるんだから、そっちに移れば良かった。
でももう手遅れ。この人混み、動こうにも動けない。
今はただ耐えるしかない。気持ち悪い手の感触、這う様に私のお尻を撫でている。
撫で回していると思ったら、今度は鷲掴み。更にはめくり上げて…ちょ…な、中へ。
直に…パンツ触られてる…
汗ばんだ掌の感触…ねちょねちょしてて気持ち悪い…。
息まで荒げて、やだよ、気持ち悪いよ、誰か助けてよ?
何で誰も助けてくれないの?後ろでハァハァ言ってるじゃん、気づいてないの?
それともこれが俗に言う放置プレイってヤツ?
都会の人は冷たいって言うけど、埼玉の人も案外冷たいね…。

何だかむかっぱらが立ってきた。
いっつもいっつも私に痴漢するこの人、もう限界!
私は今まさにパンツの中に忍び込もうとする手を掴んで、そして声大きく叫んだ!
「この人痴漢です!!!」
一斉に向かれる目、目、目。
正直怖い。お店とかでみんなに見られてるけど、こういうイベントは別。
誰だろ、誰かが車掌を呼びに行ったみたい。
後ろの痴漢、かがみは「何?何があったの?」って顔して、全然悪びてない。
どうせ
「違います、この子が誘ったんです」
っとか言うんだろうな…。


「違います、こなたが誘ったんです」
ほらね?しかも名指しときたよ。
今、私達は駅長室にいる。
「本当ですよ?それにこなたも凄く喜んでました」
「なっ!?」
「こなたも、『気持ち良い…もっと、もっと触ってよ、かがみん(はぁと)』ってせがんでたんです!」
うわ…何この周りからの蔑んだ視線。もしかしてかがみの話、信じちゃってるわけ?
「私達こう見ても彼氏彼女の関係なんです。お互い女ですけど…」
なわけないじゃん!
「かがみ!嘘言うのやめてよ!」
なんとか信じてもらいたくて、私、声を荒げた。
「…ごめんなさい。約束してたんです。電車の中で痴漢ごっこやってみようって。
 私は止めたんですけど、でもこなたは…。すいませんでした。私が浅はかでした」
まるで私が悪いみたいな…みんなまた私見てるし。
「こなた、ごめんね?気づいてあげられなくて。私、こなたが喜んでいるものとばかり…
 ごめん…ごめんなさい…ごめんなさい」
えっ、ちょ、何で泣いてるの?みんな何か言って上げてよ?つっこみ所満載じゃん!?
駅員さん達何やらこそこそ話してる…。げ!?かがみがこっち睨んでる…テラ三白眼…

拘束される事数十分。私達はそういう関係って事で片付けられて、紛らわしい事するな!
てな事言われて無罪放免。なんか、もしかしたら、かがみに助けられた?
なわけない!私被害者じゃん!
ラッシュの抜けたバスの車内、かがみの命令で、何故か私はかがみの膝の上に座らせられている。
人形を愛でるように、かがみは私の頭や身体を撫でている。
でも何でだろう…何故か今は…そんなに嫌な気がしない。
「こなた~♪(はぁと)」
「かがみん~♪(はぁと)」
気が付いたら私は、すっかりかがみに身を委ねていた。
今停留所を過ぎたみたいだけど、でもそんなの、関係ないよね。
ああ…遠くでチャイムの音が聞こえる。私達を祝福する鐘の音が…


~おわり~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。