ID:htof2aU0氏:ゆたかの宝物

「ところでゆーちゃん」
「?」
「そのペンダント、たまにもってくるけど一体何が入ってるの?」
「…これ、私の大切な宝物なんだ」
「宝物…?」

――1年前…
私は病院のベッドの上に寝ていました。
私が苦しそうな顔をする度、こなたお姉ちゃんやおじさん、ゆいお姉ちゃんが励ましてくれましたが…。
もう、私に残された時間は少なくなっていました。
ねえ……なんで私が死ななきゃいけないの…?嫌だよ…まだ私、みんなと別れたくないのに…。

「こなたお姉ちゃん……私………」
「……」
「お姉ちゃん…みたいに…強く……なりた…い……」

……あぁ…だんだん意識が遠のいていく…
…私、死んじゃうんだね……さよなら……こなたお姉ちゃん…。
さよなら……みなみちゃん…さよなら、みんな……。


「………かちゃん、ゆたかちゃん…」
暗闇の中で誰かが呼ばれた気がして……私が目を開けると、一筋の光の中に女の人が立っていました。
「…だ、誰……」
「ビックリさせてごめんなさいね、私は泉かなた…」
「かなた…さん?それじゃぁ、こなたお姉ちゃんのお母さん?」
「ええ。それよりゆたかちゃん、どうしてここにきちゃったの?」
「…私は……」

私はかなたさんに、ここまでの経緯を話しました。
「そうだったの……」
「私、まだ生きたかった…まだ死にたくなかったのに……」
「そうね…でも、ここへくるのはまだ早いんじゃないかしら?」
「え……?」
「ほら、あなたの後ろに光の道が見えるでしょ?ゆたかちゃんはもう一度生きるチャンスを与えられたのよ」
「待ってください…!それって、一体……」

ふと目が覚めると、私は手術台の上に寝ていました…。
これは一体……私のお腹には穴が開いていて、そこに覗いていたのは、機械の塊…。
そして、腕を動かす度に聞こえる微かなモーターの音。
いったい、何があったのか…まだ何がなんだかわからない私のもとに、一人の女の人が歩いてきました。
「…気がついた?小早川さん」
見覚えのある姿と、聞き覚えのある声。そう…この人は……。

「天原先生、私…どうなっちゃったんですか?突然目の前にかなたさんが現れて目が覚めたら私は機械でっ、あうあう…」
私はパニック状態になってしまい、何を言っているのかわからないような状況になっていました…。
「落ち着いて、小早川さん!…全部説明してあげるから…」

「サイボーグ……?」
「ええ、今のあなたは機械仕掛けの体を持っている…脳以外はね」
「…それで、お腹の中に機械が……」

「実はあなたの脳にも少し手を入れさせてもらったの。腐っちゃうといけないから…」
「え?それは…」
すると天原先生は、大きなモニターのスイッチを入れました。
「これを見て。…あなたの脳はナノマシンを使って結晶化されているの。そのおかげで小さくなってるけど、思考能力や記憶には問題ないから安心して」
「はぁ……」
「それと、今のあなたの身体は急場しのぎだから、とりあえずは充電式よ」
充電式……。そうか、ご飯を食べることは出来ないんだ……。
ちなみに、再改造すれば動力炉は取り付けてもらえるということなので、それまでは我慢するかな…。
「これでよし、っと」
そう言って天原先生がお腹のハッチを閉じます。
「さぁ、歩いてみて」
「あ…はい……」

私はベッドから起きると、その足を一歩、二歩と進めていきます。
できたての機械の身体だから早く慣れなくっちゃ……。
三歩、四歩……。

「アッー!!」
―ドンガラガッシャーン!
いたた…転んでしまいました。…あれ?痛い……?
そうか…機械の身体でも痛みを感じるように出来てるんだね…。
気を取り直して、もう一度……。

こうして、1週間という調整期間を経て、私もようやくこの身体に慣れてきた頃、天原先生が訊いてきました。

「ところで、古い身体の方はどうするの?」
「え……?」
「ほら、脳だけとったからそのままの形で残ってるでしょ?このまま置いといたら腐っちゃうかもしれないし」
「…じゃあ…処分はそちらにお任せします…ただ…」
「ただ?」
「古い身体を焼いたあとに…その灰を少し、私に分けてもらえませんか?」
「どうして?」
「……生きてるって証として、持っていたいんです。私が、小早川ゆたかという人間が生きている証明として……」
「…わかったわ」

こうして、今まで過ごしてきた私の身体は焼却処分されることになりました。
すっかり冷えきった生身の身体。今までの「私」、本当におつかれさま……。
そして、これから生活を送る機械仕掛けの「私」…どうかよろしくね。

―――1年後
「そうだったんだ、この中にはゆーちゃんの生きてる証が入ってるんだね」
「まぁ、古い身体を焼いたあとの灰なんだけど…これを持っていると安心できるって言うか…」
「安心できる?」
「うん、だからずっと……大切にしてるんだ」

私はペンダントを大事に持っています。中にあるのは、私という人間が生きている証。
そう、私が生きてることを教えてくれる…大切な…宝物だから……。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。