ID:bvWSEbU0氏:既成事実?

「ふんふんふ~ん♪は~、良い湯だ♪」
風呂は命の洗濯、
そうと言わんばかりに、そうじろうは湯船に肩まで浸からせ、
一時の悦楽に目をとろけさせた。
程よい湯加減、まるで身体が融解していくような、
そんな心地よさの中、そうじろうはふと戸を叩く音を聞いた気がした。
時刻は朝の4時、誰もが寝ている時間。
こなたが起きていたのか、ゆたかを起こしてしまったのか、それとも空耳か、
耳を凝らして戸の方に目を向けると、確かに曇り硝子の向こうに人影があった。
「こなたか?ゆーちゃんか?」そう問う前に、
「あの、おじさん、良いですか?」
硝子の先から声がかけられた。
「ああ、ゆーちゃんか、どうしんだい?」と、返事をする間もなく戸が開くと
「…え!?ちょ!?ゆーちゃん!?」
そこにはゼッケンも生々しい、ゆたかのスク水姿があった。
両手を太腿の辺りでもじつかせ、伏せ目がちにゆたかは言う。
「あ、あの、日頃お世話になってるお礼に、お、お背中を流そうかと…」
どこに視線を合わせれば良いのか、ゆたかはきょろきょろと眼を泳がす。
一方そうじろうは、羞恥に悶えるゆたかを舐めるように見つめていた。
「背中をって、こんな時間にか?それにその格好…」
「夜早いせいで、つい早く起きてしまって…」
「まだ眠くないのかい?」
「はい!」
と顔を上げるも、またすぐに逸らしてしまう。
「まさか…こなたか?」
押し黙るゆたか。
何をヤらせてるんだ、と、半ば呆れつつも、内心そうじろうは大いに喜び、勇んでいた。
姪のスク水!生スク水!お背中流し隊!こなたGJ!!!
ぷちりと弾け、そうじろうは言う。
「そ、それじゃあ、折角だから、お願いしちゃおうかな~」
嬉々と湯船から上がるそうじろう。
その様をノーカットで見てしまい、ゆたかは蛸の如く顔を赤らめた。



「はははは…すまんすまん…」
顔をしかめ、ゆたかはそうじろうの背後で身支度を整える。
と言ってもアカスリにソープをまぶすだけだったが、しかし、
「いきますよ?」
「おう!頼む!」
「えい!とりゃ!」
背中を擦る感触がいつものそれとはまるで違っていた。
ゆたかが擦っているのだから、力の加減、擦り方、どれも違うは当たり前だったが、
そもそもアカスリの感触には思えないし、アカスリにしては厚すぎる、
何か幅の広い、別の何かに何かを包ませ、擦ってる、そんな感触。
「ゆーちゃん?」
「はっ…はひぃ…」
声が耳元で聞こえてくる。この感触、昔味わった覚えのある感触、そう!
そうじろうは思い出した。
かなたと一緒にお風呂に入って、無理矢理お願いした『サービス』
「ま、まさか…ゆ~…ちゃん…?」
恐る恐る振り向くと、そこには、
ソープを全身に塗りたくった、ゆたかの姿があった。

「うわぁぁぁ!!!」
はっと目を見開き、半身を起こすそうじろう。
「!?ゆ、夢!?」
素晴らしく淫靡で、それでいて人として駄目な夢。叔父として最低な夢。
胸ときめかせていたそうじろうは、自己嫌悪3、悔しさ7の割合で現実を認識していた。
「はは…夢か…夢…か…」
がっくりうなだれると、薄暗い中で、部屋の状況がじわりと視界に滲んできた。
そこでそうじろうは妙な違和感を覚えた。
部屋の内装、そからかしこに置かれたファンシーグッズ、どれも自分の部屋にはない代物。
「ここ…俺の部屋じゃない…?」
当然見覚えはあるし、しかし、あり得なかった。
そしてもう一つ、確かな、それでいて不可解な感触。
左手を握る、小さなそれは、まるで、横に誰かがいる様な、
そうじろうは恐る恐るその方に目を向けると、
「…おはようございます、叔父さん」
布団から半分だけ顔を除かせた、ゆたかが、そこにいた。
「えへへへへ♪」

「…う…そ…」
「…どういう…事?…お父…さん…?」

そうじろうの声と、叫びを聞いてやってきた、こなたの声が、重なった。


おわり。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。