ID:mBaKusY0氏:噂の彼女

「ジュース買ってきてー」
はいはい。
「何よコレ。めちゃくちゃ身体に悪そうな色じゃない!」
あきら様の好きな青色ですよ。
「ふざけないでよ。買い直し。ほら、さっさと行ってきてよね」
はいはい……。

/

「白石さんの彼女って、どんな人なんですか?」
あきら様は時々おかしな事を言う。
僕に彼女はいないって、わかってるでしょうに。
それなのに「彼女いるんでしょ?ね?ね?」って訊いてくる。
何なの? サドなの?
もちろん周囲の仕事仲間にも話し声は聞こえていて、誤解は着々と広まっている。
おかげで「白石君。最近、ひーちゃんとは上手くいってる?」などと声をかけてくるスタッフまでいた。
すみませんが、それは架空の人物ですよ。K山さん。

/

「このゲーム何回やってもクリアできないからさー、あんたやってみてよ」
バイト帰りに呼び出され、僕はあきら様の家に行った。
家に着いてからようやく聞かされた理由は、そんなつまらないものだった。
疲れているのだから帰りたいけれど、そんな事をすれば間違いなくあきら様は怒るだろう。
僕は心の中で溜息を吐きながら、彼女の家族に挨拶をして家にあがる。
中学生のあきら様は家族と一緒に暮らしている。
だから問題は無いのかも知れないけれど……単語だけを抜き出してみるとアヤシイ感じがするのだ。
中学生、部屋で二人きり、家族公認、男に跨る少女。
「あきら様。セーブ箇所を間違えた事は謝ります」
だから、マウントポジションで殴るのはやめて頂けないでしょうか?

/

あきら様から借りた、というか借りさせられたゲームが進まない。
消してしまった部分まで物語を進めなければいけないのだが、二十時間やってもたどり着けない。
イベントを何度も見られるように保存をしていたようなのだが、それはだいぶ後半にあるらしい。
僕はそれから更に十五時間を費やして、あきら様が進めていた所まで来た。
感無量だ。
最初から通してゲームを遊んだおかげもあって、ストーリーにも共感できる。
ふむふむ、最後のボスを倒して一段落してからのデートイベントか。
折角だからここだけネーム設定を変更して、僕らの名前を入れてみようじゃないか。
あきら『べ、べつに、あんたに楽しんでもらいたかったわけじゃないわよ』
……うーん、微妙だ。あきら様にツンデレは似合わないのかな。

/

ラジオ番組の収録後、僕はあきら様に「今日も可愛いですね」と言ってみた。
「知ってるわよ」
彼女の返事はその一言だけ。
照れて顔を赤らめるわけでもなく、真顔で答えられてしまった。
なんだこれ?

/

今日はM岸さんから新しい噂について教えられた。
僕が付き合っている女の子は、犯罪になってしまう程に年下らしい。
というか、既に逮捕されてしまうような事をした後らしい。
違うんですよ。噂とか、全部嘘ですから。
樹海に行く前に渡されたお守りは『安産祈願』でしたけど、関係ないですから。

/

あきら様が不機嫌だった。
「酒」
お酒は二十歳になってからですよ。
「タバコ」
煙草も二十歳になってから。
「指輪」
それは十六歳まで待ってください。
「いや、いらないけど……。っていうかさ。そもそも買うお金あるの?」
ないですよ。
「あんた、一生結婚できそうにないわね」
そこは似てますよね。僕たち。

/

花見をしながらの暴露大会。
一番手は僕、二番手も僕、三番手も僕。以下、繰り返し。
そろそろネタも尽きたので、嘘の話をするしかなくなる。
えっとですね、もう卒業しちゃったから会うこともないんだけど、好きな人がいたんですよ。
「高校に?」
ええ。柊さんって言う、一緒にいるだけで毎日が楽しくなりそうな女の子でした。
「あんたは女の子に幻想を抱いてたりするから、きっとそれも『なりそう』ってだけよ」
そうかもしれませんね。
「うん。きっとそうよ」
はい。じゃあ、次の話を。いま言ったたことは全て作り話です。

/

春になって、また一つの噂が流れた。
K山さんによると、どうやら僕は結婚したらしい。
架空の恋人が「まだ小・中学生」だという設定は、いつ消えたんだろう?
噂の発生源はわかっているけれど、訊いてみるべきなのかは悩む。
考えながらあきら様を見つめていたせいで、視線に気づいた彼女からボールペンを投げられた。

/

占いAの結果、意中の人に告白をすると良いでしょう。必ずうまくいきます。
占いBの結果、恋愛運は絶好調。告白をする最大のチャンス。
占いCの結果、プロポーズをすると良いでしょう。
……さすが、あきら様から借りた雑誌。参考にできる結果が一つもない。

/

「あんた、私の下僕よね?」
違いますよ。あきら様。様を付けて呼んでいるからって、ひどい誤解です。
「何でも命令を聞く?」
聞き流します。叶えません。
「お願い。じゃあ、一個だけだから」
まあ、それくらいなら……。
「よし、じゃあ願い事を百個に増やす」
ああ、なるほど。いつもこうやって僕が負けていますね。

/

またもやラジオ収録後。今度は更に唐突に。
「今日は一段と美しいですね。あきら様」
「知ってる」
即答。
また負けた。
何に負けたのかすら、わからないけれど。

/

バレンタイン。
お金を借りて、それを貴金属の類に変換してあきら様に返却した。
そのはずなのに、借金は少しも消えていない。
とても、理不尽な話。


終わり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。