或る一日の惨事

こなた「ただいまー。あー、暑いね、今日は……」
そうじろう「おぅ、おかえりこなた。もうすぐアニメが始まるぞお!」
こなた「OK!わかってるって。まあ、その前にお茶だね」

グビグビ……


―――――


こなた「予告である程度予測できてたけど、やっぱり原作とストーリーが違って来たね~」
そうじろう「う~ん、そうだな。やっぱりオリジナルに沿ったストーリーの方が、違和感なく視られるよなぁ」
こなた「そう?未知のストーリーだから、逆にわくわくするけど~?」
そうじろう「そうか……、ところでゆーちゃんがまだ帰って来てないよな?」
こなた「そだね。どうしたんだろう……。まあとにかく夕食作っちゃお~」


―――――


こなた「お父さん、夕食出来たよ~」
そうじろう「今日も美味そうなチキンカレーだ!」
こなた「ゆーちゃんの分はとって置くからね~」
こなた/そうじろう「さて、いっただっきまーす!」


―――――


こなた「お風呂空いたよ~」
そうじろう「ん~、じゃあ入るかな……」


こなた「もう8時か……、どうしたんだだろうゆーちゃん……」


プ、プルルルルルル、プルルルルルル……
ガチャ


こなた「はい泉ですけど~」
こなた「あ、岩崎さんの……。……はい、……はい、……いえ、みなみちゃんはうちには来ていませんけれど……」
こなた「……はい、……え?みなみちゃんがまだ帰らない?……はい、……実はゆー、いえ、小早川もまだ帰っていないんです」
こなた「…………わかりました、心当たりのある友人に電話してみます。……はい、……いえ、こちらこそ、では失礼します……」

ガチャ

こなた「………………」
こなた「え!?これって二人が行方不明って言うこと!?」


こなた「みんなに電話してみたけど、いないのはゆーちゃんとみなみちゃんだけ……?それに、みんな二人がどこにいったか知らないし……」
そうじろう「とにかく、捜しに行くぞ!」
こなた「うん!」

―――――

そうじろう「こなた!」
こなた「お父さん、いた!?」
そうじろう「いや、いなかった。そっちは?」
こなた「こっちもダメ……」
かがみ「こなた!」
つかさ「こなちゃん!」
こなた「かがみ!?つかさ!?」
みゆき「私もいますよ!二人がいないって聞いて、黙ってなんかいられません!」
ひより「私もっスよ!」
パティ「トーゼン、私もデース!」
こなた「みんな……ありがとう!」
かがみ「ところでこなた、ゆたかちゃんのケータイに連絡したの?」
こなた「は!忘れてた!」
つかさ「こなちゃん!」
みゆき「みなみさんには掛かりませんでした……」
こなた「じゃあ、ゆーちゃんだけが頼りか……」

プルルルル……

こなた「ゆーちゃん……お願いだから出て……!!」


プルルルルルルル ガチャ

こなた「繋がった! もしもし、ゆーちゃん!?」
???「――――」

こなた「ゆーちゃん? おーい! 聞こえてるー!?」
???「――――」

かがみ「どうしたの?」
こなた「それが……繋がってるんだけど応答が――」
???「――けて」

こなた「――っ! ゆーちゃん!?」
ゆたか「――タス――ケテ」

ブツッ

こなた「ゆーちゃん!? ゆーちゃん!!」


つかさ「こなちゃん、ゆたかちゃんは……」
こなた「……ダメだ、電話が切れた」
ひより「えぇ!?それじゃあ……!」
かがみ「誘拐の可能性も捨てきれないわね……」
パティ「ハンニンが気付いテ切ったってことデスネ?」
こなた「上手く聞き取れなかったけど……ゆーちゃんは間違いなく『助けて』って言ってた」
みゆき「これは……私達が想像していた以上に、事態は深刻かもしれませんね」
そうじろう「そ、そういえばこなた。GPSを使えばゆーちゃんのケータイがある場所がわかるんじゃないか?」
こなた「お父さん、ナイス!えっと……」

ピ、ピ

こなた「……よし、出た。場所は……学校?」
かがみ「え!?」
つかさ「お姉ちゃん、どうしたの?」
かがみ「……そうよ……帰ってきてないじゃない……。どうして、早く気が付かなかったのよ……?」
みゆき「か、かがみさん?」
かがみ「学校に日下部と峰岸を向かわせたの!もしかしたら、二人も危ない目にあってるかも!!」


ななこは焼却炉の蓋を開け、足下の黒いゴミ袋をその中に放り込んだ。
「くはっ!さすがに2人分は堪えるわ」
2人分、2つのゴミ袋はいつも各クラスから運ばれる様な紙屑等ではなかった。
もっと重々しく、もっと生々しく、もっと禍々しく、そして最も狂々しいモノ。
ななこはポケットからライターと紙屑を取り出し、火を付ける。
「うわっち!」
すかさず炉に投げ込むと、火は袋に触れ、溶かし、次第に中の姿をあらわにした。
溶けて支えをなくした中身の一部がゴロリと炉を転がると、2つの赤い球が、ななこの視界に
飛び込み、ソレの頂点に携わるオレンジの束がまるで炎の川の様に炉の底を彩らせていた。
しかし、本物の炎がそれを払うのに時間はいらなかった。阿鼻叫喚の地獄絵図。
そう思えた現状に、今、声を出せるのはななこだけ。
焼け爛れる生徒を眺め、ななこは呟いた。
「骨の処理もせなあかんねんな…しんど。それにしてもうち、物まねの天才かも知れへんな
 こなたお姉ちゃん…助けて…そっくりやんw…くひひひひ…」
みさお「な、なあ……あやの……。聞いたか?あやの……、あやの……?」
あやの「……」

みさおがあやのの様子をそっと伺うと、まるで魂が抜けたように、瞬きもせず目の前の様子を眺める幼なじみがいた。

二人は裏庭に生える植木に隠れていた。
世界史の先生が口にするものは、漫画やアニメでは耳にしてもなんとも思わないだろうとは思えるものなのだが、
呟きの様な独り言の様な、或いは呪いの言葉の様なそれは、真の意味で使うその言葉は、二人を恐怖に突き落とし、足をすくませ震え上がらせるほど、恐ろしいものだった。

みさお「あやのぉ……、頼むよ。なんか言ってくれよぉおぉ……。黒井先生がさっきから焼却炉に入れてるもん。ありゃあ何なんだよ~」

あやのは表情も目線も動かさず、ただ口だけを動かして、低くうなる様に言った。

あやの「逃げよう……。それですぐに交番へ行くの……」
みさお「ほ、本当に、黒井先生が……」
あやの「だって、さっき黒井先生が使ってた携帯、きっと泉ちゃんの妹ちゃんのだよ。妹ちゃんの真似してたじゃない」
みさお「……」

黒井先生は燃え盛る炎を見つめ、驚喜の笑顔が淡く照らされている。
今がチャンスかも知れない。

あやの「さ、逃げよう。気付かれないように……」

あやのはみさおの手を握り、引いた。
しかし足がすくんでいたみさおは、足をうまく動かす事が叶わず、足がもつれて転んでしまった。
みさおの体が植木の細い枝に触れ、ガサリと大きな音をたてた。

ななこ「だれや!?」

みさおは地面にへばりつき、直ぐには起き上がれない。

その間にも、黒井先生は二人との距離をじわりじわりと縮めていた。

 


かがみ「急ぐわよ!みんなが危ないわ!」
こなた「どうか無事でいて。ゆーちゃん……っ」


ななこ「そこにいるのは誰や!?おとなしく出てくるなら悪いことはせぇへん!」

たった今、黒井先生の行為を見たのだ。こんな言葉、だれが信じられるだろう?
だが、答えても答えなくても、絶望がすぐ目の前にまでやって来ていた。

ななこ「……だんまりか?まあええわ。それならここごと燃やしてまうから」

万事休すか……!
そう思った瞬間だった。

カサッ

ななこ「!」
ネコ「……ニャー」

みさお達のいた植木の間から、ネコが現れた。
そのネコはひとしきり黒井先生を見つめたあと、とことことどこかへ歩いていった。

ななこ「……なんやねん、ネコに怒鳴っとったなんて、ベタベタやん」

そのベタベタな出来事に二人は助けられたわけで。
黒井先生は、二人の方とは反対方向に歩いていった。

みさお(今だ、あやの。今のうち……)
あやの(え、ええ……って、みさちゃん?)
みさお(……た、立てねぇ……)

どうやらみさおは腰が抜けてしまったようで、あやのがみさおをおぶって、学校から脱出した。
とにかく、交番へ言って今見たことを話さなければ……

/

かがみ「日下部!峰岸!」
みさお「柊、それにお前ら……」

学校から出てすぐ、二人はみんなに合流した。


ななこ「さてと……」

ガタン!

ななこ「な、なんや? 焼却炉から音? まさかな――」
???「ヴぅぅぅぅぅぅぅ……」

ななこ「な、なんや……冗談やろ?」

その時だった、焼却炉が爆発して中から炎の塊が出てきたのだ。

ななこ「うわっ!?」
???「キィアァァァァァァァアァァッ!!!!!」
ななこ「ぎゃぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ!!」

こなた「それって、本当なの……?」
みさお「あぁ……、あれは間違いないぜ……」

みさお達はこなた達に先ほどの出来事を話した。

こなた「そんな……ゆーちゃん……みなみちゃん……」

こなたは力が抜けてその場に崩れ落ちてしまった。


かがみ「こなた!?しっかりして!!」

崩れ落ちたこなたの身体を支える。
何度も身体を揺さ振るが、反応はない。ショックで気を失ってしまったようだ。
周りを見ると、そうじろうも同じく気を失っている。
そんな中、みゆきはポロポロと涙を流しながらも、しっかりと意識を保っていた。さすがは委員長だ。

みゆき「……学校へ、行きましょう……黒井先生から、話を聞かなければ……」
かがみ「ええ。つかさ、田村さん、パトリシアさん。アナタたちはこなたとそうじろうさんをお願い。峰岸は日下部をね」

かがみの言葉を聞いた四人は一斉に頷いた。
全員、今の自分が行っても足手まといになるとわかっていたからだ。
その場は四人に任せ、かがみとみゆきは学校へ駆け出した!

/

かがみ「校舎裏って言ってたわよね!」
みゆき「はい!」

二人はお互いに確認した後、校舎裏へ走っていく。
そこで二人が見たものは……


みゆきとかがみの目の前では、ななこがこの世とものとは思えない絶叫を上げていた。
高い校舎とグラウンドを挟んだ向こう側にで待っている他のメンバーには、多分この叫びは聞こえはしないだろう。

ななこの両手両足には、真っ赤に燃える四つの赤い炎がまとわりつき、その前には一メートルほどの黒い何かが宙に浮いていた。

ななこ「アァァァァァァァァァァァァァッ!アツイッ!もうやめてくれェェェエ!」

関西弁を忘れ、狂ったように叫ぶななこの様子を、二人には理解できない。
ななこの靴が全て焼け落ちると、その中からはもはや足とは呼ぶことの出来ないものが、炎の中から覗いた。
手も同じ様な有り様で、どちらが手でどちらが足なのかが、区別出来ないものになっていた。

「頼むからヤメテクレッ、ウッ……、岩崎ィ!」

岩崎。
その言葉でみゆきはハッとした。
ななこの目の前に浮かぶ黒い物が、人影の様に見えるではないか。
丁度、手足が無ければあのくらいの大きさなのではないか?
そしてななこの手足に絡む炎、よく見ればあれは、主を無くした腕と足ではないか!

そう、焼けただれ両手両足のないみなみの胴体は宙に浮きながら、燃え盛るみなみの腕と足をななこの手足に絡みつけているのだ。

みゆきはそれを理解すると、その場に崩れた。

かがみ「どうしたのよ!?みゆき?」
みゆき「ふふふ……、フハハハ……」


みゆき「はあぁぁぁぁぁぁっ!!」

みゆきは突然走りだし、何を思ったのか、かつて実の妹の様に可愛がっていたみなみだった物体に突進した。

みなみ「グゥウアゥオォエアァァッ!?」
かがみ「ちょ! みゆき!!」

みゆきはそのまま抱き着き、みなみを地面に押さえ付けると、笑顔でかがみに振り向き言った。

みゆき「かがみさん、後の事は任せます……」

その言葉にかがみは確信した。

かがみ「まさか……自爆する気!? ダメ……嫌よそんな――」
みゆき「誰かが終わらせなければいけません! これ以上、犠牲が出る前に……そしてそれは私にしか出来ないんです」

かがみ「ダメよ……みゆき!!」
みなみ「ウアォォアァァァッ!!」
みゆき「みなみさん……突然の死に、無念だったでしょうけど……もう大丈夫ですから……。あっちで三人仲良く過ごしましょう……」

かがみ「みゆきぃぃぃぃぃーっ!!」
みゆき「さようならかがみさん、短い間でしたが楽しかったですよ。皆さんにもよろしく伝えてくださいね♪」

みゆきは最後まで笑顔を崩さなかった……そして……。

カッ!!

みゆきとみなみは小さな爆発音と共に、この世から消えてしまった……。

かがみ「いや……いやぁぁぁぁぁっ!!」
ななこ「あ……ぁ……」


かがみ「ひっく……」

どれだけの時間、涙を流していただろう。
親友の、突然の死。かがみは、それを簡単に受け容れられるような人間ではない。

ななこ「うぐ……ひ、柊……」

名前を呼ばれ、かがみは気が付いた。今はまだ、泣いている場合ではない。
こんな事態になってしまったのは、『この女』がゆたかとみなみを殺したことがそもそもの原因だ。

かがみ「ねえ……なんでゆたかちゃんと岩崎さんを殺したの……?」

『この女』はもう『先生』と呼ばれる資格などない。
そう思ったかがみは、あえて名前で呼ばないようにした。
その声は、それこそ悪霊と呼ぶにふさわしいほど、底冷えするような声だった。


/


こなた「ゆーちゃん!!」

目を覚ましたこなたは、ものすごい勢いで上半身を起こした。

つかさ「あ、やっと起きたよ~」
あやの「大丈夫?泉ちゃん」
こなた「……夢じゃ……なかったのか……」

周りにいる面々を見回して、こなたはガックリと肩を落とした。
ゆたかとみなみが、死んだ。その事実を、どうやって家族に伝えてあげればいいのだろう?

こなた「……あれ、かがみとみゆきさんは……?」

嫌な予感がした。
まさか、二人に加えて、かがみ達にもなにか……

かがみ「ここよ」
こなた「かがみ!」


こなた「かがみ、みゆきさんは?」
かがみ「……」

かがみはこなたから目をそらした。

こなた「どうしたの?かがみ……?」
かがみ「みんな……燃えてるわ……」
みさお「どういう事だよ?」
かがみ「だから、全部……燃えてるの……」
みさお「だからどういう事だよ!柊、こっちを向けよ!」

パリン

どこからか、ガラスが割れるような音がした。
そこにいるかがみ以外の全員が、その音が聞こえた方向を見た。
校舎からだ。
校舎の窓の中から淡く赤い光が、ぼうっと灯っている。

パティ「It's conflagration!(火事だ!)」

校舎の一階の炎はすぐに火力を増していき、次々と窓を割ってはその度にパリンと音を発していく。
それはまるで鎮魂歌(レクイエム)の様な、悲しげな旋律を作っていた。

こなた「ねえ、かがみ!みゆきさんは!?みゆきさんはどうなったの!?」
かがみ「……黒井ななこが校舎に火を放った」

かがみの発する一言一言が、まるで人事の様で、台本に書かれたセリフをそのまま読んでいるかの様だ。

かがみ「みゆきはそれを止めようとして、死んでしまったのよ」
こなた「アッ……、アッ……、そんな!みゆきさんまでそんな!」

感情のたかぶったこなた以外の誰もが、明らかなかがみの演技を不審に思っていた。


またも気絶してしまったこなたを家に送り届けた帰り道。

つかさ「ねえ、お姉ちゃん。本当のコト、教えて」
かがみ「……やっぱり、普通は気付くわよね。こなた、そこに頭が回らないくらい混乱してたのね……」

空にぽっかり浮かぶ月を見上げ、消防車のサイレンをバックに、かがみは語り始めた。

かがみ「みゆきは……悪霊になった岩崎さんを救うために、自爆する道を選んだのよ」
つかさ「え……!?」
かがみ「私は二人を……いえ、三人を奪った『黒井ななこ』という人物を、ゆたかちゃん達と同じ目にあわせてきた。後悔はしてないわ」

抑揚のない、操り人形のような言葉。つかさは、見たこともない姉の姿に戦慄した。

つかさ「そ、それじゃあ……く、黒井先生はどうして……」

かがみは小さく息をはくと、ついにその質問に答えることはなかった。
そして自分たちの家に着き、扉に手を掛けた時――
かがみはようやく喋り始めた。

かがみ「つかさ。さっき私が言ったことは内緒よ」
つかさ「わ、わかってるよ……」

もとより、そんな恐ろしい出来事を話せるわけがなかった。
 
 
 
数日後、陵桜学園の火事による死者は四人と報道されていた。
火事は放火と見られており、犯人を特定中とのこと。
しかしそれ以降、放火の犯人である柊かがみが捕まることはなかった。


あの事件から数日後、柊かがみはそのまま行方をくらませてしまった。
…彼女が警察に発見されたのは数ヵ月後のことであり、焼け爛れた遺体として見つかったのだという。
あのあと…柊つかさは精神に異常をきたしてしまい病院で治療を受けることとなった。
日下部みさお、峰岸あやのは友人の死を知って数日間泣きはらしたという。
私の従姉である成実ゆいは自らの妹と飲み友達を喪い…暫く食事もまともに出来なかったようだ。
そして私の父…泉そうじろうは体調を崩し…そのまま還らぬ人となった。

そしていつしか時は流れ、この一連の事件のことも忘れ去られようとしている。
それは狂気に満ちていて、どこか哀しくもあって、私たちの心に今も深い傷を残しているのだ。
…柊つかさは姉の遺志を継いで弁護士となる道を選び、日下部みさおと峰岸あやのは大学へ進学した今でも柊かがみの墓参りだけは決して欠かしていないようだ。
…そして私は…埼玉県警に就職が決まった。

だが、同僚にこのことを話しても信じてくれるものはいない。
冗談はよせとか、アニメの見すぎとか言って誰も耳を傾けてくれない。
しかし、私が語るこの事件は全て、紛れもない真実なのだということを改めて認めていただきたい。
それが、失われた私の大切な人たちのためでもあるのだから。

最後に、この本を手にとってくれた読者に、この場を借りて感謝の意を表したいと思う。

                  『或る一日の惨事』 ―泉こなた 著


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。