※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホビットの特徴

ホビットは、他の種族と比べて体が小さいため、腕力こそ少し劣るものの、その外見からは想像がつかないほど丈夫な体、体の回復力と、闇や恐怖に対する耐性を備えた種族です。


中つ国の第三紀後期まで、ホビットの事柄が記さされているものはほとんどありません。それは、ホビットがひっそりと暮らすことを好むからです。彼らはシンプルで穏やかな民族であり、エリアドール西部のホビット庄と呼ばれる地域で丘の穴やその周辺で生活を営んでいます。体の大きさが人間の半分であるため“ちいさい人”とも呼ばれるホビットは、中つ国の危険な出来事に身を投じるよりも(フォルノストの戦いにおけるホビットの弓隊の伝説を除いて)、畑仕事や食事、プレゼント交換などの平穏に満ちた生活を楽しんでいました。しかし、かの暗黒の時代には、控えめだが言葉と行動に驚くべき熟練を持つホビットが、自由の民にも北方から勢力を伸ばした暗黒の力にも多大な衝撃をもたらしました。


最も初期の状態でも、ホビットは行動において最も雄大な能力を発揮します。彼らの素早さと早考力は頻繁に記されている通りですが、ホビットを甘く見てはいけません。他の種族に比べて体は小さいが、強靭な身体、決然たる行動、弓術とナイフの扱いに優れている(それらを扱うことがあれば、だが)。彼らの小さな体には、中つ国の危険な旅路に出るために必要な強靭さと精神が宿っているのです。