京太郎おもち巡りの旅 ~第一部?その7


京太郎(名残惜しいな…皆すごい優しくしてくれたし)

京太郎(だが、旅ってもんは出会いと別れがあるもんだ!ここは涙を呑んで…)


バタン

穏乃「あ、おかえり京太郎」

灼「竹井さん…何か用でもあったの?」

京太郎「……えっと、突然で悪いんだけど…俺、明後日長野に帰るんだ」

穏乃・灼「…え?」

憧「ちょ、京太郎!それホントなの!?」

玄「そんな、急すぎるよ!」

京太郎「3週間の予定だったんです。それを俺が今まで言いそびれてて…本当にすみません」

宥「せっかく仲良くなれたのに…でも、須賀君は清澄の生徒だもんね」

玄「いつか帰らなきゃいけないのは…当たり前かぁ…」

穏乃「…」

憧(シズ…。もう、いつまで居られるかぐらい聞いておけば!私のバカっ)

灼「…」

晴絵(灼…。あの後なんだかんだで言ったと思ってたんだけど…知ってたの、私だけだったかぁ…)


――放課後

穏乃Side

穏乃「憧ー、帰ろー」

憧「シズ、いいの?京太郎…明後日で」

穏乃「…いや~すっかり馴染んでたから、忘れてたよ」

穏乃「宥さんの言う通り、京太郎は清澄の生徒なんだからずっとここにいるわけには、いかないもんね」

憧「…らしくない」

穏乃「へ?」

憧「いつものシズなら…こんな時、そんなこと言わない」

憧「いつもバカみたいにまっすぐで、諦めが悪いのが、シズだよ!」

穏乃「!」

憧「泣き寝入りなんてらしくない!麻雀でも、好きな人に対しても、諦めちゃダメ!」

穏乃「憧…うん!そうだね!」

穏乃「…え?ななな、なんで知って…じゃなくて!!す、好きな人って、なんでさ!?」

憧「見てればわかるよ~、このこの」

穏乃「うぐ…///」

憧「…それで?シズは、どうすんの?」

穏乃「…決まってるよ!」


――翌々日、清澄部室

久「そろそろ来る頃かな…」

咲「京ちゃん、上手くなったかな?」

優希「雑用の腕だけ上達してるかもしれないじぇ」

和「そ、それは困りますね…」

コンコン

まこ「お、来よったな?」

久「もう、ノックなんかしてなくてもいいのに。須賀君、おかえ…」

穏乃「お邪魔しまーす!!」

灼「お邪魔します」

京太郎「ただいま~…」


5人「!!???」

京太郎「なんか、付いてきてくれました…はは」

穏乃「しばらく長野にいることにしたので、ご挨拶に来ました!高鴨穏乃です!」

灼「右に同じです。どうも、鷺森灼と言います」


和(穏乃が?須賀君と?どういうことですか??)

優希(友人が旅から帰ってきたと思ったら女を二人連れていた。な、何を言ってるか(ry)

咲(ま、まさか京ちゃん…旅先で…!)

久(落としたのね…)

まこ(そのようじゃのう。しかも…)


穏乃・灼「」ペターーーン


久・まこ(やっぱりおもちに縁がない!!)


京太郎「部長…また今度、旅させてください…」


もう続かない