438 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/02/14(日) 13:01:47 ID:yvHkMxQZ0
バレンタインと日曜が重なったから、京太郎の家までチョコ手渡しに来たタコス

タコス「(うう。イザとなったら緊張するじょ・・・えい!)」

ピンポーン

ガチャ

咲「はーい。ああ、優希ちゃんどうしたの?」
タコス「え!? ななななんで咲ちゃんが京太郎の家にいるんだじぇ?」
咲「んー、色々あってね。あ、それもしかしてバレンタインチョコ?」
タコス「うん。京太郎に・・・」
咲「あー、残念。今京ちゃん居ないんだよね」
タコス「え? で、でもそこに京太郎がいつも履いてる靴が」
咲「別の靴で出かけたんだよ。だから今いないの」
タコス「・・・そ、そうなんだ」

京太郎「はーくしゅん!」

タコス「・・・!?」
咲「・・・」
タコス「あの、さっき京太郎の声でくしゃみが・・・」
咲「今京ちゃんいないんだよね」
タコス「でも、今そのくしゃみが」
咲「京ちゃんのお父さんだよ。京ちゃんは今いないの」
タコス「う、うん・・・じゃあまた夕方にでも出直して来るじぇ」
咲「大丈夫。私が変わりに渡してあげるよ! さ、そのチョコ貸して。優希ちゃん」
タコス「へ? でも、自分で手渡しで・・・」
咲「どうせ義理チョコでしょ? 大丈夫大丈夫。京ちゃんには私がちゃんと言っといてあげるから!」
タコス「いや、このチョコは・・・」
咲「義理チョコでしょ?」
タコス「うう・・・うん・・・じゃ、じゃあお願いしようかな! はははー! 咲ちゃんよろしく頼むじぇ!」
咲「うん! 任せて、優希ちゃん! じゃあね」
タコス「・・・」

ガチャ・・・バタン

タコス「・・・・・・なんでだろう、ちゃんと京太郎に渡らない気がするじぇ・・・・・・んん!! ダメだ私! ちゃんと咲ちゃんを信じないと・・・信じ・・・」

 ぐすん




京太郎「ごほごほ・・・うー・・・お、咲。お客さんは誰だった?」
咲「ううん。ただの宗教の勧誘。押しが強くて断るのに苦労しちゃったよ」
京太郎「すまんな、そんな事までさせちゃって。まったく日曜、しかもバレンタインに風邪で寝込むとは、我ながら情けねーぜ」
咲「えへへ。私が作ったチョコ、食べさせてあげるね」
京太郎「ありがとう咲~! 俺はいい幼なじみを持って幸せだな・・・あれ? その箱はなんだ?」
咲「あ、これ? あはは、なんでもない。ただのごみだよ。後で捨てとくね」

名前:
コメント: