京(和のおもち…やはりいい…!)ジー

咲「…」ムスッ

優「おい!犬ー!今日のタコスを早く買ってくるじぇ!!」

京「はいはい…うるせーな行ってくるよ…」

優「む!なんだその反抗的態度はー!教育してやるじぇ!!」マタガリッ

京「うわっ!わかったわかった!そんなくっつくな!」

咲「…」ムスッ

久「あらあら仲がいいわね」

まこ「ほんとにのう、付き合っとるんか」

京「ぶっ!部長そんなんじゃないっすよ!」

優「なんだと!こんな美少女をつかまえてそんなとはなんだじぇ!!」ギャーギャー
咲「…」ムスッ


和「だからこの牌は、こうきたら、こうなんです」

京「な…なるほど…」(む、胸が近い…うっひょ~)ニヤニヤ

咲「…」ムスッ


久「あらもうこんな時間、はいっ!今日の部活はここまでっ!」

優「ふ~疲れたじぇ~、おーい犬!帰りにタコスを献上するんだじぇ!」

京「なんでだよ!さっき食ったろ!」

優「あれだけじゃ、まだまだタコス分は足りないじぇほらっさっさと行くじぇ!」

京「わりーけど俺は今日は咲と帰るから…また今度な」

優「なんだじぇまた咲ちゃんとか、ここ最近いつもだじぇ」

京「まあー…帰る方向一緒だしな…それに女の子一人じゃなにかと物騒だしな…」

和「そうですね、ではわたしも…」

京「いっいや俺一人で十分だって!」

和「…そうですか」

優「なんか怪しいじぇ~」
久「ほらほらっみんなボサッとしてない!鍵閉めちゃうわよ!」

和 優 京「はーい」

京「じゃあ帰るか咲」

咲「…うん」


咲「…」

京「…咲どうした?さっきから黙って?」

咲「…京ちゃん今日ずっと和ちゃんの胸見てたでしょ…」

京「!?まっま…まさか~」(ばれてる…)

咲「…それに優希ちゃんにまたがれてなんか嬉しそうだったし…」

京「そっそれは勘違いだろ!」

咲「和ちゃんに教えてもらってた時もずっとニヤニヤしてたし」

京「えっ!…そっそうかな…」タラタラ

咲「…」ギュー

京「痛いっ!痛いって咲!いったいなんだよ!さっきから!」


咲「…悪いもん…」

京「え…?」

咲「京ちゃんがほかの女の子とあんなことしてる京ちゃんが悪いもん」

京「そっそれはそのなんていうか…」ゴニョゴニョ…

咲「京ちゃんはわたしの恋人なんだから…わたしだけ見ててほしいの…」

京「咲…あったりまえだろ!咲が一番に決まってるって!」

咲「じゃあギュってして…そしたら信用する…」

京「えっおまっこんな道の真ん中で…//」

咲「だめ…?」ウルッ

京「あ~…咲にはほんとに敵わないな…」

京「うりゃ!」ギュー

咲「……」

京「…咲さん…如何でしょうか?」

咲「…えへへ//」

京「ったくなにがえへへだよ…」(まあかわいいからいいか)

咲「京ちゃん」

京「んー?」

咲「だいすきっ!」

京「ああ…俺も大好きだよ…」


おわり