京太郎 「淡~学食いかね?レディースランチが食べたいんだけどさ」

淡 「また?まったくしょうがないなぁ京太郎君は~」



淡 「お待たせしました、淡ちゃん特製レディースランチです」

京太郎 「おお、きたか学食のおばちゃん特製レディースランチ」

淡 「……美味しそうだね、レディースランチ」

京太郎 「…やらないぞ」

淡 「カレー一口あげるからさ」

京太郎 「…ならいいか、じゃあ一口もらうぞ」


淡 「はい、あ~ん」

京太郎 「あ~んむ…ってさらっとなにやってんだよ!」

淡 「いや、一回やってみたかったからさ」

京太郎 「だからって、こんな恋人みたいなこと…誰かに勘違いされたらどうするんだよ!」

淡 「私は京太郎とならいいよ…?」

京太郎 「俺はどうせなら尭深先輩とがいいな」

淡 「むー、そこは、俺もだよ、淡、っていうところでしょー」

京太郎 「俺もだよ、淡」

淡 「カレーのルーが少ない気がする」

京太郎 「スルーかよ!」

淡 「いや~でも私と京太郎がそういう関係になるって想像できないよね~」

京太郎 「確かになぁ、淡とキスしたりするとかまったく、考えられないよな」


淡 「ははは、そうだねぇ、は~あ、麻雀の強い彼氏が欲しいや」

京太郎 「……理想高すぎねーか?」

淡 「そんなことないと思うけど?」

京太郎 「麻雀強いってつまりお前と同等かそれ以上ってことだろ?そうそういねーよそんなやつ」

淡 「そうかな~」

京太郎 「いないいない」

京太郎 「はぁ、俺は胸の大きい彼女が欲しいよ」

淡 「京太郎だって夢見過ぎだよ」

京太郎 「いやいや、頑張ればいけるはずだ」

淡 「ないない」




後日

菫 「なんだ、今日は随分と気合が入っているな須賀」

京太郎 「ええ、まあ早く麻雀上手くなりたいんで、あ、それロンです?」

菫 「なんで疑問系なんだ…」

照 「淡、その大量の豆製品はなに?」

淡 「ちょっと胸を…じゃなくて、最近はまっててさ~あはは」

照 「………?」