朝起きたら台所に咲がいた。

咲「お、おはよう」
京太郎「おはよう、咲。・・・後ろに何持ってんだ?」
咲「え!?な、なんでもないよ! あー!勝手に取らないで!!」
京太郎「おー綺麗にラッピングしてあるなあ。誰かの誕生日プレゼント?」
咲「これは・・・その・・・。・・・今日は、バレンタインデーでしょ。
  だから、特別に私が作ったのを京ちゃんにあげようかなって・・・。」
京太郎「え!ほんとに!?嬉しいなあ。ありがとう、咲。まあ義理なんだろうけど」
咲「あ、当たり前でしょ!ほんとは京ちゃんには私手作りのチョコなんてもったいないけど、
  どうせ誰にも貰えないだろうから、哀れな京ちゃんに恵んであげるよ。感謝してよね。」
京太郎「ああ、義理でも本当に嬉しいよ咲。じゃ箱開けるぜ。
    おお凄い。チョコレートケーキだ。しかもハート型。義理なのに気合入ってるな。」
咲「さっきから一言一言うるさいよ!さっさと食べて感想言ってよね!」
京太郎「そう。じゃ、いただきまーす。・・・・・」
咲「・・・ど、どう?」
京太郎「ちょっと苦いかも。でも美味しいよ」
咲「そりゃあそうだよ!けどお子様な舌の京ちゃんにはちょっと大人の味だったかな。
  まあでも、私が愛情込めて作ったのですから美味しくて当然だけどね。」
京太郎「え?愛情?入ってるの?」
咲「な!な、な、なに言ってるのよ!そんなもん入ってるわけないでしょ!
  自惚れないでよね!と、とにかく!これからは心優しい私のことをもっと敬いなさい!」

だって。こんな幸せなバレンタインデーは初めてだよ。
俺は幸せ者だなあ!ハッピーバレンタイン!\(^o^)/