2月14日


咲「京ちゃん、今日は何の日か覚えてる?」

京太郎「もち!忘れるわけがないぞ」

咲「じゃあ準備万端だね!」

京太郎「ああ」

咲・京太郎「それじゃあ…」

咲「京ちゃんこれどうぞ」

京太郎「受け取れ咲ィ――!」


……


咲「さっそく頂くね京ちゃん」

京太郎「ありがとな咲」

咲・京太郎「……」モグモグ

咲「うん!京ちゃんのトリュフチョコすごく美味しい」

京太郎「咲の作ったチョコレートマフィンも良く出来てるぞ」

咲「今年のは自信作だよ」


京太郎「チョコにオレンジピールとかコアントロー加える工夫してるんだがどうよ?」

咲「オレンジの風味がいい感じにアクセントになってるよ」

京太郎「咲のマフィンだって固くならずにふんわりしてて美味いぞ」

咲「えへへ、でもまさか小学校の時の言い争いがこんなことになるとはね」

京太郎「高校生になっても続けてるもんなー」

咲「私が京ちゃんに初めてチョコあげた時『咲ってチョコ作るのヘタだな―』って言われちゃって」

京太郎「そしたら咲が『京ちゃんだって作れないでしょ―』って言い返してきてさぁ」

咲「バレンタインといえばチョコ対決になったんだよね」

京太郎「最初の頃は二人共微妙な出来だったよな」

咲「京ちゃんの上達具合がすごくて焦ったよ」

京太郎「で、今年はどうするよ?」

咲「うーん、今年も引き分けでいいんじゃない」

京太郎「そうするか。決着付いちゃったら面白く無いもんな」

咲「来月のホワイトデーでもう一回勝負しようよ京ちゃん!」


京太郎「じゃあ課題はシンプルイズベストってことでクッキーにしようか」

咲「オッケー」

京太郎「フフフ、楽しみだぜ」

咲「今度こそは私が勝つんだからね」

京太郎「いいや俺が勝ってみせる」

咲「でもさ、これ決着がつくのはいつになるのかな?」

京太郎「俺にもわっかんねー」

咲「京ちゃんが決着付いたら面白く無いっていったのに、もう」プクー

京太郎「悪い悪い。でも咲とこうやって手作りのお菓子を交換してるだけですっげー楽しいぞ」ナデナデ

咲「京ちゃんったらー///」

京太郎「なんだかんだ言って毎月やってる気がするな」

咲「奇遇だね、私もそう思う」

京太郎「お菓子作りって楽しいよな。一緒に楽しもうぜ!」

咲「うん!」

咲・京太郎「あっはっはー」




優希「何やってんだじぇあの二人?」

和「さあ…?」


おわり