男京太郎 おもち巡りの旅~第一部?その3


憧「部ッ活部活~っと」ガチャ

穏乃「んむ?お、憧!」モグモグ

憧「シズ、早いね…って、何食べてんの?」

穏乃「パフェ」

憧「バナナパフェじゃん。どっかで売ってたの?」

穏乃「ううん。これ京太郎が作ったんだよ」

憧「え、うそ、すごい!」

京太郎「お、憧来てたのか」ガチャ

憧「あ、うん。ついさっきね」

穏乃「おいし~!憧も食べてみる?」ハイアーン

憧「んむ…わ、ホントに美味しい」

憧「京太郎凄いわね、こんなのも作れちゃうんだ」

京太郎「結構簡単なパフェだからな。火も使わないし、アイスは市販のでOKだ」

憧「へー…でも感心しちゃう」

穏乃「京太郎、おかわり!」タタッ

京太郎「もうねーよ。また今度な」

穏乃「ええ~。…また今度ね、絶対だよっ」

京太郎「わかったわかった。今度はもう少し豪華なやつ作るから」

穏乃「ホント?やった!」


憧(…へー)


京太郎、野暮用で退室。

憧「ねえ、シズー」

穏乃「なに?憧」

憧「最近京太郎と仲良いよね」

穏乃「うん、こんなすぐ打ち解けるとは思ってなかったよ!ははっ」

憧「アタシはシズの性格なら(打ち解けるのは)容易いとは思ってたけど、まさかここまで展開が早いとはね~」

穏乃「何のこと?」

憧「さっきのパフェのやり取り、息の合った恋人みたいにも見えたわよ?」

穏乃「!!??ここここ、恋人!?」ガタッ

穏乃「何言ってのさ憧!そんなわけないじゃんか!あれはあくまで友達として~」

憧「その割にはちょっと近かったんじゃない?」

穏乃「それは…京太郎は背が高いから近づかないと声が届かないと…ゴニョゴニョ」

憧「シズの元気な声なら座ってても届くと思うんだけどな~」

穏乃「~~///!もう、憧のいじわる…」プイ

憧(ふふ、なんか新鮮だな、こういうシズ)

憧「ごーめん!なんかシズが可愛くて」ギュッ

穏乃「む~」


憧「機嫌直った?」

穏乃「…ちょっと」

憧「良かった」パッ ←穏乃から離れる

憧「それにしても…あのボーイッシュな元気っ娘のシズでも、あーいう顔するのね~」ニヒヒ

穏乃「だからー!恥ずかしいからやめろー///!」ガーッ

憧「キャー!」タタタッ

ドンッ

憧「あたっ、ごめんなさい…あ、京太郎」

京太郎「おいおい、大丈夫か?」

憧「ゴメンね、前方不注意でした」

京太郎(おぉ、ぶつかった拍子に憧の柔らかい身体と女子ならではの香りが~)

憧「ん?どうしたの」

京太郎「!あ、いや、何でもない!」

灼「何でもないなら、そろそろ離れればいいと思う」ジトー

京太郎「おわっ!!あ、灼さん!?」

憧「こんにちわー、灼さん」

灼「憧も穏乃も…あと助平京太郎もこんにちわ」

京太郎(あの僅かに生じた邪な心を読まれた…だと!?)

灼「心のゆるみがあるみたいだから、今日はちょっと厳しめに行く」

京太郎「そ、そのようなことは決して…」

灼「…無いの?」

京太郎「……いえ、少しありました。ゆるみは正すべきですよね!よろしくお願いしまぁす!」ビシッ

京太郎(そんなピュアな目で見られたらどうしようもねー!)

灼「ふふ、わかった」


憧「…灼さん?」

憧(あれー…これはもしかしてフクザツな感じ…?)

穏乃「?憧、どうしたの?」

憧「…ううん、なんでもない!それより、玄たちが来るまで打って待ってましょ!」

穏乃「いいね!やろやろ!」

憧(まだまだどうなるか、わからないもんね!)


つづく…?