インターハイ会場付近のコンビニ

京太郎「えっと、頼まれたのはコロッケパンと肉まんと……それからなんだっけ?」

京太郎「まぁいいや、どうせお昼だしな。適当に買ってけば……」



...ウィーン

「ありがとうございましたー」

京太郎「さーてと、戻りますか……って」

もこ「……」

京太郎(……? なんだこの子)

もこ「……」

京太郎「あの……どうしました?」



もこ「……」

京太郎(この子、言葉が話せないのかな……?)

京太郎「あの、もしかして君……」

もこ「……」ガサゴソ

京太郎「って、わー! なにしてんすか!?」

もこ「……」ハムハム

京太郎「いや、ハムハムじゃないから! これ俺の(っていうか部のみんなの)だから!」

京太郎「返してくださいよもう!」バシッ

もこ「……」ジー

京太郎「そんな恨めしそうな顔してもあげません!」



もこ「……死ね」ボソッ

京太郎「っ!?」

もこ「……死ね」

京太郎「いや二度も言わなくていいから……」

もこ「……死ね」

京太郎「死にません」

もこ「……」ジー

京太郎「はぁ……」

京太郎「そんなに欲しけりゃ自分で勝手くりゃいいでしょ」

もこ「……」

京太郎「んじゃ俺、戻るんで」スタスタ



...グイッ

京太郎「……なに?」

もこ「……お金ない」

京太郎「はぁ? そんなの知らないって……」

もこ「……お金ちょうだい」

京太郎「イヤだよ! なんで俺が見ず知らずの君に金銭恵まなきゃいけないんだよ!」

もこ「……じゃ、それちょうだい」

京太郎「はぁ……」

京太郎(ったく、この子は会話が通じないのか……?)

京太郎「……あのな、これは俺の友達のなの。だからダメです」

もこ「……死ね」ボソッ

京太郎「また言った! また死ねって言った!」



京太郎「……しゃーねーな。じゃ買ってやるよ」

京太郎「ただし、一個だけだからな? 肉まんでいいか?」

もこ「……あんまん」

京太郎「じゃ、あんまんな」



...ウィーン

京太郎「……ほれ」スッ

もこ「……ン」パシッ

京太郎(お、お礼とかないのかよ……)

もこ「……」ハムハム

京太郎「……どうだ? うまいか?」

もこ「……っ」ガツガツ

京太郎(夢中になって食べやがって……よっぽどお腹すいてたんかな)



もこ「……おいしかった」ペロリ

京太郎「おう、そっか」

京太郎(なんだ、ちょっとはかわいいところもあるじゃねえか……)

もこ「……もっと」

京太郎「……は?」

もこ「……もっとちょうだい」

京太郎(前言撤回、こいつ最悪……!)



...スタスタ

京太郎「……」チラッ

もこ「……」スタスタ



もこ「……ねぇ」

京太郎「はぁ……今度はなんだよ」

もこ「……」ギュルル

京太郎「空腹アピールやめい」

もこ「……」プクー

京太郎「かわいこぶってもダメだ」

もこ「……ぉ、お兄ちゃん」ウルウル

京太郎「っ!?」ドキッ

京太郎(……いやいや、なにときめいてんだよ俺は)

京太郎「……っ、とにかく! ダメなもんはダメだ」

もこ「……死ね」ボソッ

京太郎「だから、女の子がそんな汚い言葉使うなっつの!」



もこ「……」ブツブツ

京太郎「はぁ……」

京太郎(ったく、ほんとしょうがない奴だな……)

京太郎「……じゃ、ほら」スッ

もこ「……?」

京太郎「言っとくけどな、これで最後だぞ?」

京太郎(しかも俺の分だ。ありがたく食えよ、このリボン娘め)

もこ「……っ!」パアァ

もこ「……っ」ガツガツ

京太郎(はぁ……ほんと俺も甘ちゃんだよなぁ)

京太郎(こりゃどうやっても財布が肥え太らないわけだ……)ガックシ



もこ「……くったくった」サスサス

京太郎「はえーなおい」

もこ「……ン」ペロリ

京太郎「はぁ……なんか俺もお腹すいてきちまったよ」

もこ「……名前」

京太郎「……は?」

もこ「……名前は……?」

京太郎「え、あぁ。須賀京太郎だ」

京太郎(てか、俺の空腹発言はスルーですか、そうですか……)

もこ「……すが、きょうたろー……」

京太郎「どうかしたか?」

もこ「……別に」


京太郎「あ、そろそろ俺行かなきゃ。このメシ早く渡さねえと怒られるしな」

もこ「……? 誰に」

京太郎「友達だよ、さっき言ったろ?」

もこ「とも……だち」

京太郎「んじゃ、そういうことだから」スクッ

京太郎「ひとつ言っとくが、くれぐれも他の人に食いモンねだったりすんじゃねえぞ。いいな?」

もこ「……」コクッ

京太郎「……っと、そういやお前、名前は?」

もこ「……もこ」

京太郎「モコ? へえ、おもしろい名前だな」

もこ「……?」

京太郎「じゃあな、もこ。また会うこともないだろうけどよ」

...スタスタ

もこ「……」



―――――――――――――――――――

久「いやぁ、みんなお疲れ様!」

和「お疲れ様です」

優希「お疲れだじぇ!」

咲「お疲れです」

まこ「やぁっと終わったのう。そんで、いよいよ明日が決勝じゃな」

京太郎「長かったですね」

久「ええ、そうね……みんな、ここまでよく頑張ってくれたわ」

久「今日の勝利は、私たちみんなで掴みとったものよ。明日は思う存分楽しみましょう!」

「「「「「はい……っ!!」」」」」


―――――――――――――――――――


京太郎「はは、なんだよそれ」

「……」

京太郎「……?」

優希「それで、咲ちゃんはどうそれを言い訳したんだ?」

咲「うん、それがね……って、どうしたの京ちゃん?」

京太郎「ん、あぁ……いや、なんでも」

咲「……?」

京太郎(今の人影……まさかな)

京太郎「……咲、タコス、悪いけど先行っててくれ。飯までには戻るからさ」

咲「あ、京ちゃん!」

...ダダッ

優希「どうしたんだじぇ、あの犬は」

咲「さあ……?」


―――――――――――――――――――


京太郎「……やっぱりお前か」

もこ「……」コクッ

京太郎「どうしたんだ? もう日が落ちるってのに」

もこ「……お礼」

京太郎「……お礼? って、まさか昼間の?」

もこ「……」コクッ

京太郎「いや、いらねえよそんなの。現金ならまだしも、持ってないんだろ?」

もこ「……」

京太郎「だったらいいって。金欠から金奪うほど落ちぶれちゃいねえよ」

もこ「……お金じゃない」スッ

京太郎「え……これは」



京太郎「……」

京太郎(ビー玉に、おはじきに……なんだこりゃ)

京太郎「え、えーと……モコさん? なんですかこのガラクタの山は……」

もこ「……っ!」ガブッ

京太郎「いてええっ!」

もこ「……ッ」ガジガジ

京太郎「痛いです痛いです……! ごめんなさいごめんなさいっ!」

...パッ

京太郎「い、痛ってぇ……」ヒリヒリ

もこ「……」フンスッ

京太郎「てめえ、なにしやが……!」

もこ「……ガラクタじゃない」

京太郎「……」



京太郎(もしかして……こいつにとってはすごく大事なものなのかも)

京太郎(それを俺はガラクタなんて……少し悪いこと言っちまったな)

京太郎「わ、悪かったよ……これ、一体どういったものなんだ?」

もこ「……黒魔術のカケラ」

京太郎「……え?」

もこ「……この世の悪という悪がそこに詰まってる」

京太郎「あ、あの……」

もこ「……扱いを誤れば死」

京太郎「……へ、へぇ」

もこ「……だけど、うまく使えば強力な武器になる」

京太郎「……」

もこ「……ほしいでしょ」

京太郎「いらねーよ!」



京太郎「ったく、何かと思ったらただの中二病グッズかよ」

もこ「……シネ」ボソッ

京太郎「あーはい死にますよ、死ねばいいんでしょ!」パクッ ←ビー玉を飲み込む

もこ「……っ!?」

京太郎「うぐッ……! ぅが、が……!」

...パタリ

もこ「……っ」ガクガク

もこ「……き、きょうたろ……?」

もこ「……きょうたろ、きょうたろ……!」ユサユサ

京太郎「」

もこ「……ぅ……っ」ポロポロ

京太郎「……なーんてな。べろべろばー」

もこ「……」



...バンバンッ!

京太郎「ちょ、痛いやめて……!」

もこ「……」

京太郎「悪かった悪かった! つーか、無表情で殴りつけるのマジ怖い!」

もこ「……っ」プイッ

京太郎「そう怒るなよ。ほら、ビー玉返してやるから」スッ

もこ「……汚い」

京太郎「……ッチ、今度は引っかからなかったか」 ←涎まみれのビー玉

...バンバンッ!

京太郎「いたっ……す、すんません! すんませんでしたぁ!」



もこ「……」

京太郎「そう機嫌そこねるなって」

もこ「……」

京太郎「ビー玉楽しいでちゅ~。僕嬉しいでちゅよ~。もこたんありがとでちゅ~」

もこ「……」イラッ

...ガブッ

京太郎「いぎゃぁああああっ!! 手が、手がぁああ!!」

もこ「……」フンッ

京太郎「ぉ、おま……ちっとは手加減しろよ……」

もこ「……っ! ち、血が……」

京太郎「ああ、お前のせいだよ。ったく、どんだけ鋭い牙持ってんだか……」イテテ

もこ「……」



...ペロッ

京太郎「ちょっ!?」

もこ「……」ペロペロ

京太郎「お、おい……お前なにして……っ!」

もこ「……消毒」

京太郎「わ、わざわざいいってこのくらい……!」

もこ「……」

京太郎「……」

京太郎(な、なんかエロいな……///)ドキドキ

もこ「……」チラッ

もこ「……なんか変なこと考えた」

京太郎「い、いや……考えてないよ別に」

もこ「……嘘」

もこ「……ッ!」ジュージュー!

京太郎「や、やめろ……! そ、そんなに吸うなぁああ!」



もこ「……うまかった」

京太郎「お、お前は吸血鬼か……」ゲッソリ

もこ「……」ギュルル

京太郎「って、腹まで減ったのかよ」

もこ「……///」

京太郎「……仕方ねえ。なんか食いに行くか?」

もこ「……いいの?」

京太郎「いいよ、俺もちょうどなんか食おうと思ってたとこだし」

もこ「……ぁ……っ」

京太郎「ん、なんだ?」

もこ「……べ、別に」

京太郎「? 変な奴……」

もこ「……///」



京太郎「ここのラーメン屋でいいか……ちわっす」

「へいらっしゃい!」

もこ「……ら、らーめんって?」コソッ

京太郎「お前ラーメン知らないのかよ! 和みたいだな……もしかしてお嬢様育ちか?」

もこ「……」フルフル

京太郎「ラーメンってのは……まぁ、実物見た方が早いだろ」

もこ「……」コクッ

京太郎「おっちゃん、ネギチャーシューメンふたつ」

「はいよ!」

もこ「……湯気もくもく」

京太郎「あぁ、そうだな」

もこ「……ゆ、湯気もこもこ」

京太郎「……おもしろくないからな?」

もこ「……うるさい」



「へい、ネギチャーシューお待ちィ!」コトッ

もこ「……!」パアァ

京太郎「お前、箸は持てんの?」

もこ「……バカにすんな」

京太郎「いや、だってお前……まぁいいや」

京太郎「うどんとかそばとか食ったことあるんならわかると思うけど……」

もこ「……」ズルズル

京太郎(ふ、普通に食ってる……てかまぁ、こんくらいわかるか)

京太郎「……どうだ、おいしいか?」

もこ「……ン」ズルズル

京太郎「そりゃよかったですね、お姫様……」

京太郎(ったく、幸せそうな顔して食いやがってよ……)

もこ「……」ズルズル

京太郎「って、俺の方食うなよ! 自分の食えよ!」


―――――――――――――――――――


京太郎「ふぅ……さすがに満腹だな」

もこ「……ン」ポンポン

京太郎「今日はほんと色々あって疲れたわ……早くホテル戻って寝たいぜ」

もこ「……」

京太郎「そういやお前ってこの辺に住んでんのか?」

もこ「……」

京太郎「?」

もこ「……きょうたろ」

京太郎「なんだよ、そんなあらたまって」

もこ「き、今日は……その……」

もこ「ぁ、あり……ありが……っ!」

「あー! やっと見つけた!」

もこ・京太郎「!?」



もこ「……藍子」

藍子「もう、ずっと探してたんだよ?」

もこ「……ご、ごめんなさい」

藍子「あれ、こっちのお兄さんは?」

京太郎「あ、俺、須賀京太郎って言います」

藍子「へぇ……もしかしてもこと遊んでくれてた?」

京太郎「遊んでたっていうか、遊ばれてたっていうか……」

藍子「? まぁよくわかんないけど、ありがとね。この子、無愛想だったでしょ」

もこ「っ! ら、藍子……!///」

京太郎「ええ、最初は。だけど、話すにつれて段々とおもしろいやつだってわかってきましたよ」

もこ「……っ!///」

藍子「でしょー! うわぁ、もこ友達増えたじゃん! やったね」

もこ「……と、友達違うし……っ///」



藍子「まーた照れちゃって……ご覧のとおり素直じゃない子なんです」

京太郎「ええ、今日一日で身に染みて感じましたよ」

もこ「……う、うるさいっ!///」

藍子「ははっ! んじゃ、名残惜しいけどそろそろ帰ろっか、もこ」

もこ「え……あ……」

京太郎「どうした? 早く行けよ」

もこ「……っ///」

藍子「……? ……!」ピコーン

...ササッ

もこ(……藍子)

京太郎「あれ、どこ行ったんだ?」キョロキョロ

もこ「……っ」



もこ「き、きょうたろ……っ!」

京太郎「お、おう……どうしたよ?」

もこ「……ぁ、あの……」

もこ「今日は……ぁ、あり……」

京太郎「……?」

もこ「ぁ、ありがと……ね……///」

京太郎「え……あぁ、いいってことよ!」

京太郎「俺もなんだかんだお前と一緒にいれて楽しかったしな」ニコッ

もこ「……っ///」

京太郎「へへ……」

もこ「ぁ、あと……さ……、そ、その……私と……っ」

もこ「……と、友達に……なってくれる……?」



京太郎「……なにいってんだよ、そんなの当り前じゃねえか」

もこ「……っ」

京太郎「ただし、噛みつくのはNGだからな?」

もこ「……っ///」

もこ「あ、甘噛みにしといてやる……っ」

京太郎「はは、なんだそりゃ」

もこ「……っ」

もこ「そ、それじゃ……私、行くから」

京太郎「あぁ……またな、もこ」

もこ「……うん……またね、きょうたろ」



藍子「……ふふ」

藍子(よかったね……もこ)


カン