男京太郎 おもち巡りの旅~第一部?


京太郎「う~む…」

晴絵「ほらほら、須賀君の番よ?」

京太郎「こ、これだ!」タンッ

憧「残念、それロンね」カチャ

京太郎「しまったぁ!」

灼「またトんだ…」

玄「大丈夫だよ須賀君、昨日よりだいぶ進歩してるから!」

宥「まだまだ、これからだよ?」

京太郎「そうっすね…よし、もういっちょ行きますか!」

穏乃「その意気その意気ー!」


阿知賀女子に出張してきて3日目。

大分阿知賀の環境にも馴染んできた京太郎だった。



穏乃「さぁて!今日も行きますか!」

憧「ホントに行くの?シズ~」

玄「明日にしない?なんて…」

穏乃「何言ってるんですか!晴れ過ぎず曇り過ぎずで絶好の登山日和ですよ!」

宥「が、頑張らないと…」

京太郎「え、登山?」

灼「2週間に1回ぐらい登山に行くのがこの部の習慣になってるの」

京太郎「…なぜ」

灼「…体力づくりって穏乃とハルちゃんは言ってる」

京太郎「麻雀に体力は…」

灼「…たぶんいら

晴絵「そんなことないわよ須賀君、灼。強靭な精神は強靭な身体にこそ宿るのよ」

晴絵「ミスや失点でへこたれない強い心を持つために、体力づくりは必要なの」

穏乃「先生の言う通り!さ、行こう!」

京太郎・灼「…はい」


――登山道

京太郎「穏乃~まだ着かないのか~」

穏乃「もう少しだよー。でも、京太郎すごいね!」

京太郎「え、なんで?」

穏乃「登り慣れてる私に置いてかれずについて来てるんだもん!」

京太郎「ま、体力には自信あるからな!それにしても、こんな獣道、皆は大丈夫なのか?」

穏乃「大丈夫、他の皆はもっと楽な登山道進んでるから」

京太郎「」

穏乃「あれ、知らなかった?」

京太郎「俺は赤土先生に穏乃についていけって言われて…必死に…」

穏乃「あはは、先生ってば。よぉし、あと少し頑張ろう!おー!」

京太郎「そうだな、おー!」



穏乃「この坂を登れば、もうすぐ…」

京太郎(急な坂だな…こりゃ大変だ)

穏乃「よっ……わっ!?」ズルッ

京太郎「!!危ない!」

ドサッッ

京太郎「ふぅーっ。大丈夫か、穏乃?」

穏乃「京太郎…うん、大丈夫!ゴメンね、足滑らしちゃった」

京太郎「危なかったー、あんま急ぎすぎるなよ?」

穏乃「いやー、油断大敵だったよ。それより京太郎、痛くなかった?」

京太郎「平気平気。雑用って結構鍛えられるんだぜ?」

京太郎「穏乃軽かったし。女の子を受け止められるぐらいの力は無くちゃな」

穏乃「わ~キザなセリフ!なんか似合わない!」

京太郎「悪かったな!」

穏乃「なんてね、ちょっとカッコよかったよ。…んじゃ、気を取り直して進みますか!」

京太郎「おう!」


穏乃「とうちゃーく!」

京太郎「ふぅー、終わってみれば比較的低い山だったな」

穏乃「皆はー…まだか。じゃ、ベンチで休んで待ってよっか」

京太郎「そうだな…あれ、穏乃。ジャージの肘のとこ破けてないか?」

穏乃「え…うわ、ホントだ!あっちゃ~お気に入りのジャージなのに~」

京太郎「しょうがねえ、貸してみ。直すから」

穏乃「直す?京太郎が?」

京太郎「そ。直すっても、アップリケ貼るぐらいしか出来ないけどな」

穏乃「じゃあ…お願いします」

京太郎「おう。じゃ、終わるまでこれ着てな」

穏乃「これ、京太郎の上着?」

京太郎「あ、汗臭くない(はずだ)ぞ!ほとんど脱いで登ってたからな!」

京太郎「汗が乾いて風邪引くと悪いからさ」

穏乃「…ありがと」



京太郎「…」チクチク

穏乃(こんな大きな体なのに手先器用だなぁ…スゴイ気が利くし、力あるし…)

穏乃(清澄の部長さんが自信持ってたのも頷けるなぁ)

穏乃(…向こうではモテるんだろうな)

京太郎「ん?どうした?」

穏乃「え?ううん、なんでも!」ワタワタ

京太郎「心配か?でも、これでも裁縫にはちょいと自信があるから…」

穏乃(な~にを考えてんだ私はっ///!そんなこと関係ないじゃん!)←聞いてない


京太郎「ほら、出来た」

穏乃「おぉ~…すごい!」

京太郎(ふふふ、長野で鍛えた雑用スキルは伊達じゃないぜ!)

穏乃「ありがとね、京太郎!」

京太郎「へへ、どういたしまして」


その後…

憧「ふ~やっと着いた」

穏乃「おー、憧!待ってたよー」

玄「さすが、速い」

穏乃「京太郎も待ってるよ、こっちこっち~」

憧「あ、待ってよー、もう」

宥「ふぅ…あれ、穏乃ちゃん、あのアップリケ、どうしたんだろう?」

灼「さあ…」

穏乃「♪~」ルンルン


つづく…?