京太郎が黒髪にしてみた ~宮守編


――宮守・部室

胡桃「須賀君の金髪って珍しいよね」

塞「…突然どうしたの?」

エイスリン「メヅラシイ?」

豊音「そうだよねー、かっこいいよねー」

胡桃「私たちの周りじゃエイちゃん以外で金髪は須賀君だけだし」

豊音「地毛なのかなー」

塞「案外染めてたりしてね」

エイスリン「ドッチ?」

胡桃「どっちかはわからないけどさ…別の色でも似合う気しない?なんとなく」

塞「どうだろう…」

白望「…ダルい」

胡桃「例えば急に真っ黒にして来たらどうよ!」

エイスリン「ウーン…」カキカキ

エイスリン「コウ?」バッ

金→黒 京太郎の図

豊音「おー、エイスリンさん上手い上手い!」

塞「似合わなくはないね」

白望「ふーん…」

胡桃「お、シロも興味津々?」

白望「べ、別に」


エイスリン「…」カキカキ

エイスリン「トヨネト、イッショ!」バッ

塞「ああ、確かにそうか」

豊音「わー、京太郎君とおそろいだぁー」エヘヘ

胡桃「長身カップル成立だねぇ」

白望(女の方が高い…)

胡桃「でもいいのエイちゃん?」

エイスリン「?」

胡桃「今のままならエイちゃんとお揃いだよ?」

エイスリン「ダイジョブ。クロモステキ」

塞「ふふ、えらいえらい」

白望「ていうか、妄想だし…」

ガチャ

京太郎「お疲れ様ですー」

胡桃「お、噂をすれば」

塞「遅刻ギリギリだよ須賀君」

京太郎「ど、どうも…」

胡桃「」

白望「は」

塞「え」

豊音「わ」

エイスリン「WOW!」

京太郎「あれ、皆さんどうしました?」

白望「く」

胡桃・塞・豊音「黒~~~~い!!??」


エイスリン「スゴイ!クルミノイタトオリ!」

エイスリン「キョータロー、Look!Look!」ピョンピョン

京太郎「え、え、黒に変えただけでここまで呆然と…ん?エイスリンさん?」

エイスリン「コノエトオナジ!」

京太郎「え、この絵、俺が金から黒に髪を変えてる…どゆことですか?」

白望「…ダルいけどみんな固まってるから説明する…」

かくかく…しかじか…



京太郎「なるほど、俺が黒髪になったら面白いとか言ってたら現実になってビックリしたと」

塞「それはビックリするでしょ…急にどうしたの?」

京太郎「それはその~気分転換ですかね~」

胡桃「気分転換にしちゃやりすぎでしょ!」

京太郎「ははは…」

白望「京太郎」チョイチョイ

京太郎「え、なんですか」シロニチカヅク

白望「見た目ヤンキーからの脱却…お疲れ」ミミウチ

京太郎「!!げっ!?な、なぜそれを…」

白望「(京太郎のことなら)分かる…」ボソボソ

京太郎「ぐぅ…」



胡桃「こそこそ何話してんの?」ズイッ

京太郎「わ、鹿倉先輩」

胡桃「気分転換ね~ホントかなぁ?」ズイズイ

白望(邪魔しに来た…)

エイスリン「ナニ、ハナシテタノ?」

塞「さ、さあ?」

豊音「気になるね~」


胡桃「…」

京太郎「…?」

胡桃「むぅ、届かない…」

京太郎「何にですか」

胡桃「髪に…!」

白望(届くわけない…)

胡桃「も、もう!先輩が苦しんでるんだから察して!」グググ

京太郎「あっ…はい!」シャガム

胡桃「よし。お~本当に毛根まで染めてるね」ワシャワシャ

塞「そんなまじまじ見なくてもいいでしょうに…」

胡桃(それにしても、男のくせに結構サラサラな髪してるなぁ…)

京太郎「あの、先輩?」

胡桃(結構いい匂いするし…良いシャンプー使ってんのかな?生意気に…)モフモフ

エイスリン「ワー…」

胡桃(やばい私、これクセになりそうなんだけど…)モフモフスーハー

豊音「胡桃さーん…?」

塞「ちょっ、髪に顔うずめてスーハーしだしたよ!?」

京太郎「せ、先輩!なにしてんですかぁ!?」ガバッ

胡桃「え?」

京太郎「くすぐったいしなんか恥ずかしいです!」

胡桃「……わひゃあ!?かかか、顔近いよ///!!何してんの!」ズザザザザ←超後退り

白望「胡桃が何してんの…」

京太郎「散々髪かき回されてたんですけど…あ、もしかして臭かったとか!?」

胡桃「ち、違う違う!その…し、白髪探し!」

塞・白望(絶対嘘だ…)


京太郎「ええ!?嘘ですよね!」

胡桃(バ、バレた!?)

京太郎「いくら雑用で気使ってるといっても、白髪出来るほどストレスないですよ!」

胡桃「(ほっ…)う、うん。無かった、大丈夫」

京太郎「良かった…」スッ タチアガル

ワシャ

京太郎「え」

豊音「髪乱れたから直すよー」

京太郎(お、俺直立なのに!)

エイスリン「ヤッパリトヨネタカイ!」

京太郎「あ、姉帯さん。大丈夫ですよ、自分で直せますから…」

豊音「大丈夫だよー。京太郎君の髪一度触ってみたかったんだー」

京太郎「はは、男のごわごわした髪ですよ?」

豊音「そんなことないよー。結構サラサラだよー?」

京太郎「いやいや…ほら、姉帯さんの綺麗な髪に比べたら全然っすよ」サラサラ

豊音「き、綺麗な髪だなんて、そんな褒められたら照れちゃうな…///」

京太郎(ホントに指どおりもいいし、綺麗な髪だな…女性のこういう所ってなんかいいな…)サワサワ

豊音「ん、京太郎君、ちょっとくすぐったい…」モジモジ

京太郎「!おわっ、すみません!つい我を忘れて!」


塞「何やってるんだか…ん、エイちゃん何書いてるの?」

エイスリン「~~♪」


豊音(な、なんだかこうやって髪触り合いっこしてるのって…なんだか)

エイスリン「デキタ!」バッ

豊音(あれ、エイスリンさん絵をこっちに……わっ!!)

京太郎「姉帯さん?もう直りましたか?」

※豊音と京太郎は向かい合ってます。エイスリンに京太郎は背を向けてるため何が起きてるか分かりません。

豊音(ら、らぶらぶカップルの絵だよーー!?そ、そんな風に見えてるのー///!)

エイスリン「トヨネ、カワイイ!」

塞(わー…タッチは可愛らしいけどちゃんと恋人同士の絵だ…)

塞「でもこれは…両方向に油注いだね。エイちゃん」

エイスリン「?」キョトン


白望(豊音が京太郎と恋人なんて許さない…ダルいけどそれだけは許さない…)ゴゴゴゴゴ

胡桃(ぐぬぬ…背の高さで勝負は決まらないんだから…!)ゴゴゴゴゴ


豊音(わー、わー!なんだかすっごく恥ずかしくなってきたよー///!)グシャグシャグシャ

京太郎「ぎゃー!?か、髪がぁーーー!?」

塞「と、豊音!ストップ!このままじゃ須賀君の髪にパーマかかるよ!」

京太郎「も、もう限界だぁ!」グイッ

塞「あ、その状態で無理に顔下げたら…」


ブチッッッ


京太郎「――――!」


京太郎「ぎゃああぁぁぁぁぁ…………!!」



結局、三日後には元の金髪に戻り、しばらくの間京太郎は、髪を触らせまいと帽子をかぶるようになりましたとさ。

カン!