咲日和風目指して書いてみた



京太郎「うわっ!妙に寒いと思ったらいつのまにか雪が積もってる!」

優希「雪だと!?これは麻雀してる場合じゃないじぇ!」

京太郎「っておい!まだ途中だろ……ってもう見えないし」

和「まったく優希はいつまでたっても子供ですね」ソトチラチラ

京太郎「とかいいつつ、ちらちら外見てる和はどうなんだ?」

和「わ、私は優希が心配なだけであって」チラチラ

咲「(とかいいつつ次は手袋の方ちらちらみてる)」




京太郎「まあ、優希抜けちまったし、なら俺らも外に行くか」

和「ま、まあちょっと様子を見る程度ならいいでしょう」

咲「さすがに外は寒いね…ってなんで京ちゃんは私の制服の肩を掴んでるの?」

京太郎「いやお前絶対転ぶと思って」

咲「さすがに馬鹿にしすぎだよ!これくらい…うわわっ!」

京太郎「掴んでてよかったろ?」

咲「…うん」




京太郎「優希のやつ、どこまでいったんだ?」

優希「完成したじぇー!」

和「優希の声ですね」

京太郎「完成って…雪だるまでも作ってたのか?この年になって」

優希「のどちゃんのおっぱい」

京太郎「すばら!!」