京太郎「お、いたいた」

ホッペニピトー

憧「わひゃっ!?な、なに!?」

京太郎「お待たせ憧、待たせちゃって悪いな」

憧「なんだ京太郎か、もーびっくりしたじゃん」

京太郎「あはは、ごめんごめん」

憧「その誠意の篭っていない謝り方…これはこの後のデートに期待してくれっていう前フリと見るわよ?」

京太郎「おう!任せてくれ!年明け1発目の憧とのデートだからな!」フンス

憧「そ、じゃあさっさといきましょ」

京太郎「そうだな!(よし…やるぞ!)」

ギュッ

憧「ふぇっ!?な、なに!?」

京太郎「あ、そ…その…手、繋ぎたかったんだけど……だめか?」

憧「え、あ、あぁっと…ぅ……うん、だ、大丈夫」

京太郎「そ、そっか!よかった…」ホッ

憧「じゃ、じゃあ行こ京太郎!」

京太郎「ああ!」

憧(京太郎が勇気を出して手を握ってくれたんだし…うん、私もがんばらなきゃっ!)