塞「あーもう、シロめ。なんでよりによって男子更衣室にボール投げ入れるかな…」

塞(しかも事務員の人も居ないし…でも中に声かけても返事がなかったって事は今は誰もいないって事だよね)

塞「………仕方ないっ!いくかァ」

ガチャ

塞「だ、誰かいますかー…?」

塞(返事なし!誰も居ないみたいだしさっさとボールとって退散しよ)ソロソロ

塞「あ、あったあっ…」ガチャ

京太郎「ぬわーつかれたー…」

塞「あー…」

京太郎「あー…え?」

塞「こ、こんにちは京太郎くん」

京太郎「さ、塞先輩…?俺のロッカーの前で何を……」

塞「あ、え…えーっと、これには深い、それはそれは深い事情があってね……」

京太郎「は、はぁ…?」

塞「話を聞いてほしい」

京太郎「え、まぁ話を聞くのはいいですけど」

塞「ほんと!」

京太郎「でももう他の男子も帰ってきますよ」

塞「え」

京太郎「今更衣室から出るとやばいような…」

塞「ど、どうしよ…?」

京太郎「隠れるとかしかないかもですね」

塞「ど、どこに!?」

京太郎「え?えー隠れられるとこか…うーん」キョロキョロ

塞「京太郎くん!急いでもうなんか話声とかが!!」

京太郎「俺のロッカーとかに入って隠れときます?あそこのロッカーなんですけど」

塞「そ、それよ!い、急いでっ!」グィ

京太郎「うぇっ!?」

バタン ガチャ ゾロゾロワイワイ

塞『か、間一髪…』フゥ…

京太郎『な、なんで俺まで隠れてんの…』ヒソ

塞『そ、それはほら…テンパっててつい…』ゴソ

京太郎「」

塞『きょ、京太郎くん…?』

京太郎(ロッカー内という狭い密室の中、塞先輩と二人きり、囁かれる様な声、擦れる生足、括れた腰、微かにふくよかな胸、擦れて…擦れて…)

塞『京太郎くん!京太郎くん!』ヒソ

京太郎「ハッ…な、なんですか?」ヒソ

塞『シーッ!声が大きいっ!』

塞『いきなりボーっとしてどうしたの』

京太郎『あ、いえ、すいません何でも…アテッ』ゴツッ

塞「ひゃっ…ぁっ…!?」グラッ

塞(きょ、京太郎くんの右足がま、股の間に…)

京太郎「せ、先輩それ以上下がるとドアに…」ガシッ

塞『ぇ…ぅっ……く、くぅ………ッ』

塞(ドアに当たらないように腕を回してくれるのは嬉しいけどこれもう抱きしめられてるのと同じだよ!しかも足の方もなんか引っかかってて…っ、ずらそうとする、っ……ほど擦れてなん…かこれもうっ…)

京太郎『塞先輩…?だ、大丈夫ですか?顔真っ赤だしもしかして熱でも…』オデコピトー

塞(なんかもう…やばっ……いっ、こんなの………わ、私し…らない……っ!)

塞「きょ、きょうたろ…くん……」ボー

京太郎「塞、せんぱ…むぐっ!?」



二人は幸せなキスをして終了