京太郎「スゥーーーーーーーー……ハァーーーーーー……
      スゥーーーーーーーー……ハァーーーーーー……」



咲「あれ?京ちゃんがいない」

和「須賀君ならトイレに行くと言っていたじゃないですか」

咲「あ、そうだった……えへへ。
   でもちょっと長いね」

和「そうですね」

久「……」

まこ「部長、手が止まっとるけぇ」

久「あ、ああごめんなさい。じゃあこれで」

咲「カンッ!」

まこ「あー、何やっとるんじゃ。」

和「部長らしくないですね」


ガチャッ

咲「あ、京ちゃんおかえりー、便秘?」

京太郎「お、おう」

咲「どおりですっきりした顔してるね」

まこ「お前さんはもうちょっとデリカシーってものを持たなあかんのぅ……」

久「そうね……」

和「下品ですよ咲さん」

優希「もうタコスパワーが尽きてきたじょ……」

久「そうね、時間も時間だしこの半荘で終わりにしましょうか」

「「はーい」」

久「あ、須賀君はちょっと残ってくれる?」

京太郎「俺ですか?はい」


────
──


久「さて……」

京太郎「俺に用って、買い出しとかですか?」

久「ううん、違うわ。何かわからない?」

京太郎「はい」

久「まどろっこしいのは嫌だから単刀直入に言うけど」

京太郎「……はい」

久「私のストッキング盗んだでしょ」

京太郎「?!」

久「それは図星の顔かしら?」

京太郎「い、いいいや……そんな事は」

久「今日のトイレが長かったのってそれが理由よね。
   何をしてたのか……言わないけどね」

京太郎「た、ただの便秘で……」

久「そう、じゃあその膨らんでるポケットを調べてもいいかしら?」

京太郎「そ……」

久「ん?」

京太郎「すいません……盗みました」

久「やっぱり……」

京太郎「つい出来心で……」


久「凄く複雑な気持ちだわ」

京太郎「本当にすいません……どうか学校には言わないでください」

久「言ったとしてもデメリットしかないし、やめとくわ。」

京太郎「ぶ、部長!」

久「須賀君にはいつも買い出しに行ってもらってるからね。
   所で、ストッキングでやっぱりその……したのよね?」

京太郎「しま……したね、はい」

久「ふーん……」

久「物に興奮するっていうのがよくわからないけど、それは須賀君にとっての
   ご褒美になるのかしら?」

京太郎「まあそれは……男ならみんなそうかと」

久「じゃあいつも買い出し頼んでるから、対価としてストッキングをあげるってのはどう?」

京太郎「え?!」

久「それなら私も気兼ねなく買い出し頼めるし」

京太郎「よ、よよよ……喜んで!
      今までの3倍働きます!」

久「しーっ……!まだ人残ってるかもしれないでしょ。」

京太郎「すいません……」

久「毎日二人で残るってのもアレだから、合図送るわね」

京太郎「合図ですか?」

久「うん──」


────
──


優希「うー……タコスゲージ残量が300しかないじぇ」

咲「それは多いのかな?」

久「……あー、また伝線しちゃった。」

京太郎「?!」

まこ「また伝線か?気を付けんかい」

久「古い木造建築だからひっかかりやすいのよ。
   須賀君」

京太郎「はいっ」

久「ちょっと買い出し頼まれてくれる?」


久「この紙に書いてるから、頼んだわよ」

京太郎「はい、じゃあ行ってきます!」

久「あ、須賀君」

京太郎「はい?」

久「ストッキングも買ってきてくれる?」

京太郎「わかりました!」

優希「早く行ってこい!この犬!」

久「ふふっ……」

久(ほんとに犬ね……♪)


       ~終わり~