和「はぁ……はぁ……」

京太郎「和、大丈夫か?」

京太郎「ほら、アクエリアスだけど」

和「は、はい……」

和「んっく、んっく」

京太郎「はは、よっぽど疲れたんだな?」

和「はい、疲れました……」

和「あ、あの、須賀くん?」

京太郎「ん?」

和「私、バスケットを教えてくれっていいませんでしたっけ?」

和「どうしてランニングなんですか?」

京太郎「あぁ、バスケットは走りっぱなしのスポーツだからな」

京太郎「まずは体力つけないと」

和「は、はぁ……」

和「でも、技術的な面も教えてほしいのですけれど」

京太郎「大丈夫大丈夫」

京太郎「それもちゃんと教えるからさ」

和「……」

京太郎「どうした?」

和「それにしても須賀くんも一緒に走ったのに全然疲れてませんね」

京太郎「いや、そんなこともないぞ?」

京太郎「あ、でも、運動部やめたのに現役時代と同じくらい走れるなぁ」

京太郎「こき使われてたせいかもな」

和「うらやましいです……」

京太郎「和も毎日継続してれば体力つくさ」

和「そうですかね?」

京太郎「そうさ」

京太郎「部活じゃないし、無理のない範囲でゆっくり伸ばしていけばいいよ」

和「はい……」

京太郎「ほい、ボール」

ばむっ

和「あの、ここ外なんですけど、大丈夫なんですか?」

京太郎「ん? あぁ、気にする必要ないって」

京太郎「安物のボールだからな」

和「あ、ありがとうございます……」

京太郎「へへ、和にお礼言われるならなんでもするって!」

和「本当になんでもしてくれるんですか?」

京太郎「……やっぱり内容によります」

和「もうっ。 ふふふ」

京太郎「ははは」

和「さっ、練習しましょう!」

京太郎「もういいのか?」

和「はい、だいぶ回復しました」

京太郎「よーしやるか!」

京太郎「まずはドリブルからやってみるか」

和「は、はい」

ばしっばしっ

京太郎「うーん、腰が引けてるな」

和「だ、だってボールがあっちいったりこっちいったりしちゃうんですよ」

京太郎「そんなに緊張しなくてもいいよ」

京太郎「見てたらボールを叩いてる感じだから、そうじゃなくボールを手に吸い付かせるイメージかな」

和「吸い付かせる?」

京太郎「あぁ、ボールが手のところに届くときに、クッションしてやるというか……」

和「う、う~ん……?」

京太郎「百聞は一見にしかず。 ちょっと貸してみてくれないか」

和「はい」

だむっだむっ

京太郎「こんな感じ」

京太郎「ボールを弾ませたいなら叩きつけなくても、押してやればいいんだ」

京太郎「ほい」

ぱすっ

和「押す……」

だむっだむっ

京太郎「おお、良い感じ」

和「そ、そうですか?」

京太郎「あぁ」

和「でも、本当に力があんまりいらないんですね」

京太郎「あ、でもちょっと姿勢が良くないかな」

京太郎「もっとこう自然体で」

ぐい

和「ひゃっ!」

京太郎「ぬわー!! す、すまん!!」

京太郎(教えるつもりで、つい、女とか忘れて体触っちまった……)

和「い、いえ……、そのいきなりでビックリしましたけど……」

京太郎「本当にすまん! 下心はなかったんだ!」

京太郎「つい、指導に熱が入ったというか……」

和「じっー」

京太郎「うっ」

和「本当にセクハラじゃないんですか?」

京太郎「あ、当たり前だろ! この歳で犯罪者にはなりたくないし!」

和「ふふ、じゃあそういうことにしておいてあげます」

和「……」

和「もっと触って指導してくれますか……?」

京太郎「はえ!!??」

京太郎「の、和さん!?」

和「……冗談ですよ」

和「ドキっとしましたか?」


京太郎「~~~っっ!」

京太郎「とっ、とりあえず! 動いてみようか!!」

和「え?」

京太郎「ド、ドリブルだからな……」

京太郎「動かないと……」

和「できますかね?」

京太郎「いきなり走るのは大変だろうから、ゆっくり歩きながらやってみよう」

和「は、はい」

………
……

だむっだむっ

和「はぁ……はぁ……」

京太郎「大丈夫か? 無理はするなよ?」

和「大丈夫です」

和「今良い感じなので、楽しくなって来ました!」

京太郎「そっか」

だむっだむっ

和「……っと」

京太郎「……」

和「はぁ……はぁ……」

京太郎「……」

京太郎「和はさぁ……、」

和「はい?」

京太郎「あー、いや……なんでも」

和「なんですか?」

和「気になるじゃないですか、言ってくださいよ」

京太郎「その……」

京太郎「す、好きな人とか、付き合ってる人とかさ」

京太郎「い、いるのか?」

和「え!?」

京太郎「ゴメン! 変なこと聞いちまって……」

和「い、いえ……、別に変なことでは」

和「……知りたいですか?」

京太郎「も、もちろん!」

和「どうしてですか?」

京太郎「っ!!」

京太郎「あー、その……」

京太郎「そ、そう! 部活の仲間だろ!?」

京太郎「やっぱり仲間のことは知りたいからなー!! あはははー!」

和「……そうですか」

和「そういう須賀くんはどうなんですか?」

京太郎「お、俺ぇ!?」

和「須賀くんが言ってくださったら私も言いますよ」

京太郎「……いるよ」

和「っ!」

和「お……お付き合いしている方がですか?」

京太郎「いや、残念ながら片思いかな」

和「そうですか……」

和「その思いが叶うといいですね」

京太郎「はは……、そうなると最高だろうな」

京太郎「で、和がどうなんだ!?」

和「……どうだと思いますか?」

京太郎「……そりゃ、和はかわいいし、男は放っておかないだろうし」

京太郎「引く手あまただろうから……」

京太郎「やっぱり彼氏とかいるんじゃないのか?」

和「いますよ」

京太郎「!!」

京太郎「……そっか! なんだ、もっと早く言ってくれたら良かったのになー!」

京太郎「水臭いぞー、あはは……」

和「私の彼氏は麻雀ですよ」

京太郎「はえ?」

和「だから、私がお付き合いさせていただいているのは麻雀です」

京太郎「ぬわー!! 騙したなー!?」

和「くすくす」

京太郎「人じゃないし!」

和「でも、本当に私の今までは麻雀ばかりでした」

和「どこか、余裕がなかったというか」

和「だから色恋には目を向けていなかったといいますか」

和「何度か告白はされましたけど、ずっとお断りしてきました」

和(そもそもいきなり告白とかよくわかりませんし)

和「……高校生になってやっと他のことにも目を向ける余裕が出てきた感じです」

京太郎「ということは?」

和「お付き合いしてる方も、付き合った経験もありませんね」

京太郎「!! そ、そっか!」

和「私が誰かとお付き合いした経験がないのがそんなに嬉しいんですか?」

京太郎「へ!? あー、いや!」

京太郎「そ、そんなことは……」

和「じっ」

京太郎「うっ……、そ、そうだ。 付き合った経験がないのはわかったけど」

京太郎「好きな人はいないのか?」

和「……ないしょです」

京太郎「なぜっ」

和「そっちのほうが面白そうだからです」

京太郎「えぇ~?」

和「さ、バスケットの練習を続けてもいいですか?」

京太郎「なーんか釈然としないけどー……」

京太郎「まぁいっか! 時間取らせて悪かったなー」

和「いえ、たまにはこんな話も悪くないですね」

京太郎「そうなのか?」

和「はい」

和「また、しましょうね」

和「恋バナを♪」

京太郎「お、おう」

京太郎「いつでも相談に乗るからなー!」

和「その時はお願いしますね」

和「よっ……と」

だむだむ


京太郎(うーん、和は付き合った経験がないのか……)

京太郎(誰が好きなんだろ)

京太郎(俺、期待してもいいのかな)

和(須賀くんは好きな人いるんですね……)

和(うぅ、誰でしょう)

和(私にここまで優しくしてくれたり、好きな人聞いてきたりするってことは、私を……?)

和(でも、須賀くんは優しいから誰にでもこうなのかも)



京太郎・和(もーう! 気になるー!!)



終わり


おまけ

宮永「まさか休日トレーニングとはね」

片岡「ラブラブすぎて恐れいったじぇ~」

竹井「でも本人たちはお互いが想い合ってることも気付いてないのが奇跡よね」

染谷「ほんま奇跡じゃの。 いや、鈍感過ぎるじゃろ……」

宮永「和ちゃんもこうまで鈍感だとは思いませんでした」

片岡「のどちゃんは箱入り娘だから初心なんだじょ」

竹井「鈍感にも程がありすぎるわよ。 そのおかげで、こうして休日出勤じゃないの」

染谷「あんたは単純に好奇心できちょるじゃろうが……」

竹井「う、うるさいわね」

宮永「京ちゃんと和ちゃんを見てニヤニヤするのが最近の私の唯一の楽しみになりつつあります」

片岡「右に同じ」

竹井「さらに同じ」

染谷「かくいうわしもじゃ」

宮永「なぜなら我々は」

片岡「休日出勤もなんのその」

竹井「唯一の楽しみはこれだけよ」

染谷「自分の恋路は放っといて」


宮永・片岡・竹井・染谷「原村和と須賀京太郎の恋路を応援し隊!!」


京太郎「あ! 咲!?」

和「ゆーきに、部長も染谷先輩も……どうしてここに?」

宮永・片岡・竹井・染谷「!!」


宮永(ばれちゃいましたよ!)ひそひそ

片岡(騒ぎすぎたじぇ!)ひそひそ

竹井(お、落ち着くのよ! 清澄麻雀部は慌てない!)ひそひそ

染谷(適当に理由つけて逃げるぞい!)ひそひそ

宮永・片岡・竹井(ガッテン!)ひそひそ

宮永・片岡・竹井・染谷「「「「あれ、偶然通りがかったんだけど……」」」」

宮永・片岡・竹井・染谷「「「「じゃあねー!!!」」」」

ズダダダダ


京太郎「……なんだったんだ?」

和「……さぁ?」



宮永・片岡・竹井・染谷「「「「てへ! 熱くなりすぎて騒ぎすぎちゃった! 失敗失敗!」」」」


終わり